フレンチガーリーの意味が知りたい!フレンチカジュアルとの違い、コーデやネイルに取り入れるには? | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

かわいいコーデ、ガーリーなコーデが好きな人の中には「フレンチガーリー」を押さえている人も多いです。フレンチガーリーやフレンチカジュアルなど、服のジャンルとして一定の人気があるフランスのファッションは、洗練されたおしゃれさがポイントになっています。しかし具体的にどんなものがフレンチガーリーなのか、またフレンチカジュアルなのかイマイチわからないですよね。そこで今回の記事ではフレンチガーリーやフレンチカジュアルとはどんなコーデなのか、そしてフランスのファッションがおしゃれとされている理由をご紹介します。またフレンチガーリーに似合うネイルを合わせてご紹介していきます。

フレンチガーリーとは

ガーリーなファッションについてはなんとなく知っている人や、好きでよく着ている人が多いのではないでしょうか。ガーリーといえばフリルやレース、花柄、ミニスカートやショートパンツ、ペールトーンやパステルなどの淡い色でかわいらしいコーデを思い浮かべますよね。フレンチガーリーに明確な定義はありませんが、
・レトロ
・モード
・カントリー
など、上記のようなテイストをプラスしたガーリーなファッションを指すことが多いです。

フレンチガーリーなコーデをチェック

フレンチガーリーにトライしてみたい人は、是非以下のようなコーデを参考にしてみてください♪

出典:https://wear.jp/pinkviolin/16744354/

小花柄のロングワンピースは、レトロな雰囲気を出せるアイテムです!バレエシューズなどを合わせてシンプルかつガーリーなコーデを楽しみましょう♪

出典:https://wear.jp/kitten73/16798094/

アイボリーのワントーンコーデがスタイリッシュですね♪優しい色合いの服に、ふんわりとしたヘアアレンジやミニバッグの合わせがフレンチガーリーにぴったりです!

出典:https://wear.jp/lem13580420/15305254/

ガーリーかつカジュアルに決めたいときはデニム素材を取り入れてみてはいかがでしょうか。チェックのトップスにデニムスカートのバランスが素敵です♪

フレンチカジュアルとは

フレンチカジュアルも明確な定義はありませんが、ジーンズやスキニーパンツ、ニットやシャツなどのカジュアルなファッションに、フランスの女性が好むテイストをプラスしたものを指します。実はフランスの女性はガーリーなファッションを好む人が少ない傾向にあります。どちらかというとモード、クール、セクシーなテイストが好きな人が多いのです。日本では大人カジュアルで、かつシンプルなファッションがフレンチカジュアルと言われています。







フレンチカジュアルなコーデをチェック

どこかモードなフレンチカジュアルコーデは、以下のようなコーデを参考にしてみてください♪

出典:https://wear.jp/pukipuki/17878363/

近年のフランスではボーダートップスは少しクラシックなイメージになっていますが、日本では馴染み深く、取り入れやすいカジュアルアイテムとしておすすめです!

出典:https://wear.jp/mm987654321/17633938/

シンプルなニットに、スリムなボトムスの合わせは本場のパリジェンヌのようです♪色味を押さえた小物使いがこなれ感満載ですね!

出典:https://wear.jp/sh521011/17871999/

フレンチカジュアルは色物をプラスするときもシンプルを重視しましょう。華やかだけどモードな雰囲気はおでかけにもぴったりです!

フランスの女性=パリジェンヌがおしゃれとされている理由

様々なファッションシーンで出てくる「パリジェンヌ」という言葉は、おしゃれでスマートな佇まいのフランスの女性を思い浮かべますよね。これは日本のみならず、様々な国でも「パリジェンヌはおしゃれ」というイメージを持たれているようです。では何故パリジェンヌであるフランスの女性はおしゃれと考えられているのでしょうか。これはフランスの国民性が関係しているようです。

個人主義の国、フランス

フランスの人々は「人間はそれぞれ違う生き物」という考えが定着していています。例えばファッションは流行や定番スタイルよりも、それぞれの好み、そして個性に合うようなおしゃれをする人がほとんどです。自分がおしゃれだと思っているテイストはこれ!という考えを個人個人が持っているのです。日本人と比べるとかなり個人主義な国民性と言えます。パリジェンヌは自分に正直で堂々としているところがファッションにも現れています。そんな飾らないけれどおしゃれな雰囲気に憧れるという人が多いのではないでしょうか。

服が10着しか無いは嘘?

パリジェンヌは持っている服の数が少ないという話を聞いたことはありませんか?これはヒット書籍の「パリジェンヌは10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣~」から来ています。この本は、フランスの貴族の家にホームステイするアメリカの女の子が、ステイ先のマダムのスタイリッシュなパリジェンヌの生き方を知り、感銘を受けるという内容になっています。服は10着のみにすることで、身軽に生きることができると本では紹介されていますが、実際に10着のみで生活しているミニマリストなパリジェンヌは非常に少ないようです。ファッションや美術などの文化に幼い頃から触れていたおしゃれなパリジェンヌは、クローゼットは常に自分好みの服で溢れており、なかなか着ない服もたくさん持っている人ばかりだそうです。おしゃれで服好きな日本人と服の数はあまり変わらないですね。

フレンチガーリーに似合うネイルは?

フレンチガーリーなコーデに似合うネイルは、アイボリーやペールピンク、ペールブルーなどのホワイト系やペールトーンを使ったネイルデザインです。パールやホロなどを使ってガーリーな雰囲気を演出しましょう。またトーンの明るいカラーを使うことで手元が明るく見える効果も期待できます。



レトロなスタイルが好きな人はくすみカラーをプラスしたり、モードなスタイルが好きな人はワンカラーでシンプルに合わせてみてください。そしてカントリースタイルが好きな人は押し花や手描きアートでお花をプラスしてみてはいかがでしょうか。絵本のようなかわいらしいネイルに仕上がりますよ。ちなみにパリジェンヌがしているネイルはシンプルなワンカラーがほとんどです。別記事にて詳しく紹介しているので、気になる方はぜひチェックしてくださいね。→パリのネイル事情。日本のネイルとはどう違うの?パリでネイルアートはNG?








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント