すっぴんは肌休めになるの?すっぴんでもケアが大事!&爪を丈夫にするケア方法を教えます | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

2020年4月現在、テレワークになって家で仕事をしている人も多いのではないでしょうか。基本的に家で過ごし、仕事以外の外出も自粛となると、メイクをしなくなる人がほとんどのようです。確かに外出しないのにメイクをするのも・・・と筆者も考えてしまいます。しかしすっぴんでいる日のほうが本当に肌にとって良いのでしょうか?今回の記事では、すっぴんは肌休めになるのか、家にいるときもメイクをしたほうがいいのかについてご紹介します!また肌のケア方法だけでなく、爪のケアはどんな方法があるのかについても合わせてご紹介します!

すっぴんの状態って肌にいいの?

メイクをしないほうが肌に良いのでは?となんとなく思ってしまいますよね。また休みの日で家にいる時はメイクを一切しないという人も多いはず。実際に化粧をせず、すっぴんでいれば肌に負担がかからないのは本当です。しかし乾燥肌やインナードライの人は、すっぴんでいることによって、より乾燥しやすくなるかもしれません。

ファンデを塗っている方が保湿される?

資生堂のとある調査では、ファンデーションなどのベースメイクをして過ごした状態と、ノーメイクで過ごした状態では、ベースメイクをしている肌のほうが保湿されていることが判明しました。肌は水分が足りないと表面から乾燥し、ガサガサになってしまいます。さらに乾燥が進むとインナードライという状態になります。インナードライになると極度の乾燥から肌を守ろうと皮脂が大量に分泌されて、内側はカサカサなのに、外側はベタベタという状態になってしまうのです。インナードライは皮脂の分泌過多のせいで、自分の肌は脂性肌なのではと勘違いしてしまう人も多いのですが、大人で皮脂が気になる人の多くはインナードライになっている可能性が高いです。インナードライの人は何も塗らずにすっぴんでいると、より皮脂が多く分泌されてしまいます。最近のベースメイクコスメは美容液のような成分にも多く入っているので、塗るだけで肌を保湿することが可能です。全く塗らないすっぴん状態よりも、ベースメイクをしておいたほうがよいこともあるのは覚えておきましょう!







ファンデを塗るのはちょっと・・・という場合は?

ただ家に居るだけなのにファンデを塗るのはちょっと・・・という場合は日焼け止めクリームがおすすめです!実は屋外だけでなく、屋内にいるときも肌は日焼けしてしまいます。最近は保湿成分が配合されている日焼け止めクリームが多く、もっと軽い使い心地が好みであれば乳液タイプの日焼け止めも販売されています。家にいるときも紫外線から肌を守り、保湿で肌を整えましょう♪

ベースメイクや、日焼け止めだけの日も、スキンケアをしっかりと

ベースメイクや日焼け止めを塗るだけのときも、事前のスキンケアは行いましょう。特にインナードライの人はしっかりとした保湿が重要です。以下ではおすすめのスキンケア方法についてご紹介します。

①化粧水はコットンを使ってたっぷり塗る

肌に潤いを与える化粧水は、コットンを使ってたっぷりと肌に塗りましょう。化粧水の量が少ないと、コットンと肌との摩擦が大きくなって肌を傷つけてしまいます。使用している化粧水の規定量を守りましょう。規定量は化粧水のパッケージ等に印字されていることが多いです!また化粧水を含ませたコットンで肌を叩くようになじませる方法はおすすめできません。優しい力で、少しだけ圧をかけるようにコットンを動かして、肌に化粧水を浸透させましょう。肌がひんやりしてきたら、化粧水が浸透している証拠です。

②化粧水後に乳液やクリームを塗る

化粧水を塗っただけではすぐに水分が蒸発してしまいます。乳液やクリームなどの油分で肌に蓋をして、しっかり水分を留めましょう。鼻すじやおでこなど、べたつきやすい部分は少量でも大丈夫です。反対に頬などの乾燥しやすい部分には多めに塗っておきましょう。

③シートマスクは週に1回がベスト

最近は安価で品質の良いシートマスクが販売されていますよね。大容量でお得なタイプもありますし、手軽なので毎日使いたくなりますが、毎日使ってしまうと逆に肌に悪影響を与えてしまいます。肌にシートマスクをつけているだけでも、肌の表面はシートによって刺激を受けており、その刺激によって肌の表面がガサガサと荒れやすくなってしまいます。なるべく肌の調子が良いときに、週に1回程度の頻度でシートマスクを使うことで肌に潤いを与えることができます♪

爪のケアってどんなものがあるの?爪を丈夫にする&2枚爪を防ぐには

今生えている爪の状態を改善するのは難しいですが、今後生えてくる爪を丈夫にするケア方法は、タンパク質の摂取です!タンパク質は爪の主成分です。お肉やお魚、豆類などに豊富に含まれているので、まずは食事でしっかりと摂取するように心がけましょう。毎食タンパク質を取るのが難しい場合は、プロテインで取るのもおすすめです。もちろん栄養バランスが偏ってはいけないので、野菜でビタミンを取ったり、炭水化物でエネルギーを取るのも忘れずに!また2枚爪や爪の欠けを防ぐには、爪切りだけではなく爪やすりも一緒に使いましょう。爪切りで爪を切ると、爪の断面はギザギザになってしまいます。そして爪先にものが当たると、刺激によってギザギザになった断面にスキマができ、最終的に爪が割れたり、欠けてしまうのです。爪を切って短くしたい場合は、切ったあとに爪やすりでやすって、断面をなめらかにしておきましょう!








この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント