パリのネイル事情。日本のネイルとはどう違うの?パリでネイルアートはNG? | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

観光地として有名で、おしゃれな街のイメージがある花の都「パリ」。実際に世界で最も観光客が訪れる都市だそうです!そんなパリのネイル事情は、日本とかなり異なるというのはご存知ですか?今回はパリのネイル事情をご紹介します。また旅行先でのネイルについて気をつけたい点もご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。最後に日本でフランスの味を楽しめる、都内のパン屋さん情報も掲載しています!

パリのネイル事情と、日本のネイル事情

そもそも日本のネイルは、フランスや他の国と比べて、かなり独特な発展を遂げた文化になっていることはご存知ですか?日本では主流になっているジェルネイルも、他の国ではあまり利用されていないのです。代わりにネイルケアやマニキュアが中心となっており、パリでも爪のおしゃれにはネイルケアとマニキュアが活用されています。以下ではパリのネイル事情と日本のネイルとの違いをご紹介します。

パリのネイルサロンではネイルケアとマニキュアが中心

パリにもネイルサロンはありますが、日本のように数はたくさんありません。またネイルサロンで取り扱っているメニューも日本と異なります。まずパリのネイルサロンでは「ジェルネイル」はメインメニューではないのです。ネイリストによって爪の形を整えたり、甘皮処理をして自爪をキレイに見せるネイルケアが中心となっています。また爪にカラーリングをする場合もマニキュアを使って、ネイリストがさっとワンカラーで塗るメニューがメインです。パリでは百貨店の化粧品売り場にマニキュアを塗れるネイルサロンがあり、30分程度で完成させてくれるのでお買い物のついでにネイルチェンジするということも普通です。

※ちなみに・・・
「マニキュア」というと、日本ではカラーリング用のネイルポリッシュを指します。フランス語にもマニキュア(manucure)という言葉がありますが、意味が異なります。フランス語のマニキュアは「爪や手のケア全体」を指し、爪のお手入れからカラーリングまで含まれています。フランス語ではネイルポリッシュのことをマニキュアとは言わず、「Vernis à ongles(ヴェルニ ア オングル)」が、ネイルポリッシュのことを指します。

パリの女性の爪はとてもシンプル

日本はではジェルネイルやマニキュアで爪をキレイにしている人が多いです。またカラーも豊富で、手描きアートやストーン、パーツなどでキラキラにしたり、カラーを何色も使って派手にする人もたくさんいます。一方パリのネイル事情はとてもシンプルで、基本的にケアで自爪をキレイに見せることが中心となっています。またカラーリングをしたとしても、ピンクやベージュなどのナチュラルなカラーか、レッドやパープルといったフェミニンな色をワンカラーで塗ります。色を組み合わせたり、アートもストーンも一切つけません。パリの女性からすると、日本で主流となっているアートやストーンのついたネイルは「下品」「子供っぽい」と考えられており、シンプルで洗練されたネイルこそがおしゃれという人が多いようです。

フォーマルな場でのネイル

派手でキラキラしたネイルよりも、シンプルで洗練されたケアのみの自爪やワンカラーを好むフランスの女性は、フォーマルの場でならネイルをするという人が多いようです。結婚式をする花嫁や、結婚式に参列する女性が、ヘアセットをするのと同じようにマニキュアを塗ります。そしてもちろん、ネイルをする場合のデザインはワンカラーが好まれています。

フランスでジェルネイルが流行らない理由

パリをはじめ、フランスでジェルネイルが流行らないのは、ジェルのメリットでもある「落ちにくい」という点が、フランス人の考えに合わないからかもしれません。ジェルネイルはマニキュアと異なり、合成樹脂の液体を爪に塗ってライトで硬化するのでかなりもちが良いです。ジェルネイルをする人は3~4週間ほどで付け替える、という人が多いのではないでしょうか。しかしフランスでは爪にカラーリングする場合、マニキュアが主流なので、もちは1週間ほどです。その代わりにマニキュアならセルフでもさっと塗り替えられます。フランスの女性は「塗ったネイルを長くもたせたい」という日本的な考えではなく、「さっと塗れてさっと落とせるマニキュアのほうが気分転換になるし、色もすぐ変えられる」という考えで、おしゃれを楽しんでいる人が多いようです。とはいえ、フランスでも徐々にジェルネイルを取り扱うサロンが増えています。ゆくゆくはフランスでも日本のようなジェルネイルが流行り始めるかも!







ネイルサロンは多く、チェーン店もある

パリには数多くのネイルサロンがあり、パリジェンヌの美意識の高さが伺えます。日本でもファンや愛用者の多い「OPI(オーピーアイ)」のマニキュアを扱う「ColorForever」というネイルサロンもあります。カラーバリエーションが豊富で、新色も取り扱っています。フランスに100か所以上のサロンを開いている「L’ Onglerie®」は、1983年から続く老舗でマニキュアだけでなくジェルネイルも取り扱っています。ネイルアートも可能なほか、スパメニューやフットケアも充実しています。サロンは「L’ongle」「L’ongles」「nails」という単語が入っているとネイルサロンや、ネイルメニューもあるサロンの可能性が高いです。価格は地域や商材によって差がありますがマニキュアは20~40€(日本円で3000~6000円)、ジェルやレジンだと50€(日本円で約7000円)以上のところが多いようです。マニキュアは10€(日本円で約1500円)~のところもありそうでした!日本のネイルサロンで多い定額メニューよりは追加料金でアートができたりカラーを使えたりするので、最終的な支払い額の計算が少し難しい場合もあるかもしれません。もし旅行中や留学中にパリでネイルサロンに行くならマニキュアのワンカラーを選択すると、価格がそれほど高くなく、フランスの生活に触れることができそうですね!

ColorForever
OPIのマニキュアと1944 PARISというフランスのコスメメーカーのネイルを豊富に取り扱っているネイルサロン。フットケアも可能です。
サイト:https://www.colorforever.com/

L’ Onglerie®
フランスで最大規模のネイルのフランチャイズチェーンです。パリだけでなくフランスの多くの街にあります。サイトからネット予約もできます。
サイト:https://www.l-onglerie.fr/

旅行中はネイルアートに注意?

せっかくの旅行だからと、ジェルネイルできらびやかなアートを施してパリに行くのはあまりおすすめできません。なぜなら現地ではそのようなネイルをする女性が少なく、はたから見るとすぐに観光客とわかるためです。観光地に潜んでいるスリや詐欺の常習犯は、日本人観光客はお金を持っていると考えている人が多いです。ぱっと見ただけで観光客とわかる姿をしていると、スリにあったり、犯罪に巻き込まれる可能性が高くなるかも・・・。パリだけでなく、外国へ旅行に行くときのネイルは、シンプルなピンクやベージュのワンカラー、もしくはネイルケアのみで行くのがおすすめです。

おしゃれな都市、パリのネイルって日本よりもすごくおしゃれなのでは・・・思いますよね。しかし実際にパリの女性はシンプルなワンカラーネイルや素のままでケアの行き届いたネイルを好んでおり、アートのあるネイルは華美でスタイリッシュではないと考えている人が多いようです。パリに旅行に行く際はぜひ参考にしてみてください♪

フランスの味を楽しめる都内のパン屋さん

フランスに旅行へ行きたくても時間や費用面でなかなか難しい方も多いのではないでしょうか。フランスと言えばバゲット(フランスパン)ですよね!日本で味わえるフランス発のパン屋さんをご紹介します。

・VIRON (ヴィロン)渋谷店
フランス産の小麦を使った「バゲット レトロドール」は定番商品で、様々なところで紹介されています。バゲットを使ったサンドイッチや、サクサクのクロワッサンも人気です。フランスの伝統菓子であるクイニーアマンもカラメルがたっぷりでおいしいのでおすすめです!2階にはカフェも併設されています。9時~11時に行われているモーニングはバゲットやクロワッサンにフランスのジャムをたっぷりつけて食べることができますよ。

住所:東京都渋谷区宇田川町33-8 塚田ビル 1F
営業時間:8時~21時
アクセス:JR山手線 渋谷駅 徒歩8分

・MAISON KAYSER (メゾンカイザー)池袋サンシャイン店
大人気のクロワッサンや、ハード系のパンも種類が豊富です。池袋サンシャイン店はお店でパンを作って焼きているのでできたてのパンが食べられますよ!平日は14時~、土日祝日は15時~ブーランジェリーのパンをカフェでイートインすることも可能(カフェにて1オーダー制)。また、フランスのレシピと同じアイスクリームが食べられます。

住所:東京都豊島区東池袋3-1-2 サンシャインシティアルパ 1階
営業時間:
ブーランジェリー 月~土:8時~21時 日祝:10時~21時
カフェ 平日:8時~22時(L.O. 21時) 土日祝:11時~22時(L.O. 21時)
アクセス:東京メトロ有楽町線 東池袋駅 6・7番出口 徒歩3分、JR・東京メトロ・西武線・東武線 池袋駅東口 徒歩約8分

・PAUL (ポール)六本木一丁目店
サンドイッチのイメージを持っている方も多いかもしれませんが、発酵バターを使ったクロワッサンは絶品で人気ですよ。また、おすすめはサクサクのパイ生地とチーズが濃厚なキッシュです。六本木一丁目店はカフェ併設で、パンが食べ放題のランチを実施しているようです。気になる方はぜひチェックしてみてください。

住所:東京都 港区六本木 1-6-1泉ガーデンタワー1F
営業時間:平日:8時~21時 土日祝:10時~18時
アクセス:東京メトロ南北線 六本木一丁目駅 徒步3分

都内のフランス発のパン屋さんを紹介しました!そのまま食べたりアレンジしたり、好みの食べ方を見つけてみてくださいね!








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント