濃いめメイクのコツ!ケバくならない方法&秋冬はこっくりなネイルカラーがおすすめ | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

2010年代半ばから、「アイラインがっつり」「ばさばさのつけまつ毛」「強めチーク」といったメイクから、色素薄い系メイクが主流になりました。ベースメイクはふんわりとした透明感を重視し、アイラインはブラウンのアイライナーで控えめ、まつげはナチュラルさ重視のマスカラになっています。「とにかく濃く!」というメイクは、少し古臭い印象になっています。しかし2020年現在、再び濃いめメイクが注目されているのです。アップデートされた濃いめメイクは「チャイボーグメイク」のような華やかさが特徴的です。コツやポイントを押さえて、今っぽい濃いめメイクをマスターしましょう!今回の記事では濃いめメイクのコツと、秋冬にぴったりなこっくり濃いめネイルカラーについてご紹介します!

古くならない、今っぽい濃いめメイクのコツを紹介!

今っぽく仕上がる濃いめメイクのコツを、ベースメイクから順にご紹介します!色素薄い系メイクと使い分けたり、自分の好みに合わせて取り入れたりと、普段のメイクのバリエーションを広げてみましょう♪

ベースメイク編







下地、ファンデーション

ベースメイクは「セミマットな肌」にするのがポイントです。リキッドファンデやクッションファンデを使うとセミマットになりやすいです。パウダーファンデを使う場合は、ルーセントパウダーを上から重ねてツヤ感をプラスしてみてくださいね。ファンデーションや下地は薄付きでナチュラルな物よりも、しっかりとしたカバー力があるものを選びましょう。コンシーラーでクマやシミなどアラを隠すのも大切です。リキッドファンデやクッションファンデを使う場合はコンシーラーは後、パウダーファンデを使う場合はコンシーラーは先に使うことでカバー力がアップします。

アイブロウ

眉毛は眉尻に向かって細く、そして眉尻が目尻よりも少し長くなるようにアイブロウペンシルで書きましょう。眉毛の真ん中から眉尻はアイブロウペンシルで型取り、眉頭から真ん中はアイブロウパウダーでふんわりと仕上げてください。自然で少し濃いめの眉メイクになります。ただし眉頭は濃すぎるとバランスが悪くなるので、眉頭が一番薄くなるように調整してくださいね。

ハイライト、シェーディング

彫り深い外国人風を目指すなら、ハイライトやシェーディングを入れましょう。シェーディングはアイブロウパウダーを使って入れることもできます。濃すぎるとかなり不自然になってしまうので、ブラシに軽くパウダーを付けて、何回か重ねて濃さを少しずつ調節しましょう。シェーディングで特に印象が変わるポイントは鼻の付け根部分です。眉頭から小鼻の横までシェーディングを入れると、彫り深で印象的なノーズメイクができます。ハイライトは頬骨の高い位置、鼻頭、顎にのせましょう。自然に仕上がるクリームタイプやパウダータイプがおすすめです。

ポイントメイク編

アイシャドウ

アイシャドウは色の使い方やのせ方次第でガラッと印象が変わります。濃い色のアイシャドウを塗るだけでOKというわけではないので気をつけましょう。グラデーションでぼかすように、目全体を囲んで印象づけるのがコツです。ラメ感やパール感が強いアイシャドウよりも、マットなアイシャドウの方が彫り深で外国人風の目元が作りやすいです。ハイライトは上まぶた全体にのせた後、中間色を目全体に塗って囲みましょう。アイシャドウチップではなく、アイシャドウブラシを使うことでグラデーションが作りやすくなります。

・涙袋が重要

目の下、涙袋の部分がぷっくりとしていればいるほど大きな目に見えます。涙袋もしっかり作り込みましょう。上記のようにアイシャドウの中間色で全体を囲んでいれば、涙袋の陰の部分はすでに完成しています。その上に涙袋用の白やピンクのアイシャドウ、または涙袋ライナーを塗って明るい部分を作りましょう。

アイライン

アイラインは引かないというメイクが流行していましたが、濃いめメイクにするならしっかりとアイラインを引きましょう。幅は細めで、目頭から目尻にかけ、まつげの際に沿うように書きます。目尻は少し伸ばすと猫目っぽく仕上がります。カラーはダークブラウン、ネイビー、ボルドーを使うことで濃すぎず、印象的なメイクになるのでおすすめです。

マスカラ

マスカラはロングになるものやボリュームが出るものではなく、カール持続力が高いものを選びましょう。まつげはカールが下がっていると魅力が半減します。まつげが重たいとカールが取れやすいので、軽めに塗るのがおすすめです。マスカラを塗った後はまつげ同士がくっついて束にならないよう、まつげコームで梳かしましょう。

チーク

チークは濃く入れすぎると子供っぽい仕上がりになります。ピンクやコーラルなどのベーシックカラーのチークは薄く、頬骨を頂点にして斜めにささっと入れましょう。一方でベージュやブラウン、ラベンダーなどの珍しいカラーのチークはハイライトやシェーディング効果も期待できるので、少し濃いめに入れましょう。大きめのチークブラシを使って滑らせるように塗れば、ぼかしが効いて濃すぎないチークになります。

リップ

リップは濃いカラーなら大人っぽい雰囲気に、薄めで自然なカラーなら若々しい雰囲気になります。好みの仕上がりに合わせて選びましょう。ぽってりとした女性らしいリップにするには、リップブラシでしっかりと縁取るのがポイントです。リップをリップブラシに少量取って、オーバーリップ気味に書きましょう。

2020年は濃いめなのにどこか抜け感のあるメイクが今っぽいです。薄めカラーも重ねすぎると濃くなり、なんだか古臭い印象になってしまうので、少しずつ色を足していくのがコツです。今っぽい濃いめメイクをぜひ試してみてください!

こっくり濃いめネイルカラーに注目

秋冬だからこそ使いやすいこっくり濃いめカラーを、ネイルに取り入れましょう!ブラウンやボルドー、テラコッタなどの暖色系のカラーは手元に馴染みやすいです。またネイビーやダークグリーンなどの寒色は大人っぽくクールな印象になります。春夏では使い方によっては重たく見える色も、秋冬は季節感に合わせたおしゃれなネイルに仕上がります。マニキュアなら様々な色を試しやすいですし、ネイルホリックやキャンメイクならプチプラで購入することができますよ。秋冬はこっくりカラーなネイルに挑戦してみましょう!








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント