ジェルネイルはクリアのみ!セルフでのやり方&トーンアップの日焼け止めの選び方! | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル好きの中には好んでクリアネイルをする人がいます。ネイルと聞くとカラーやアートをした爪をイメージする人も多いと思いますが、実はクリアネイルも人気のネイルなのです。「ネイルサロンに行ってクリアネイルだけなんてもったいない!」そう思う人もいるかもしれませんね。しかしクリアネイルは見た目も美しく、たくさんのメリットがあります。それでもネイルサロンでクリアネイルのみというのは損した気分になるという人は大勢います。そんな方々にはセルフネイルがおすすめです!クリアネイルなら難しく考えることなく、不器用さんでもセルフで気軽にチャレンジが可能です。クリア仕上げのジェルネイルをしてみるとわかりますが、想像以上の「きれい見え効果」を発揮します。クリアジェルの持つうっとりするような上品なツヤ感は、たかがクリアと侮れません!今回は一度やると病みつきになるクリアネイルについてご紹介します。また、きれい見え効果と言えば近年急増している「トーンアップ効果のある日焼け止め」です。少し前まで日焼け止めと言えば白か透明のどちらかで、石鹸で落とせるものや肌の潤いを意識したものが人気でした。しかし最近の日焼け止めは、顔のベースメイクの時に使うようなコントロールカラー効果のある商品が増えています。これは日焼け止めを塗ることでボディのトーンアップが叶い、全身の肌をきれいに見せてくれるのです。ここで悩むのが、日焼け止めのカラー選びです。現在ではピンク系やパープル系、グリーン系などの日焼け止めがドラックストアなどで簡単に購入できます。それぞれのカラーに美肌見えの効果があり迷ってしまいます。今回は今話題のトーンアップ効果のある日焼け止めの選び方も一緒にご紹介します。

クリアネイルとは?

ジェルネイルのクリアのみとは、色やアートはせずに透明な状態で仕上げるネイルをいいます。クリアネイルと聞くと、職場や生活環境の中でネイルがNGの人が仕方なくやっているイメージを持つ人が多いです。しかし、ネイルが普及し当たり前になった現在、あえてクリアネイルを好んでする人が増えています。クリアネイルで勘違いしやすいのが、クリアネイルとシアーネイルです。

・クリアネイル
クリアネイルは無色透明なネイルで色味の一切ない完全にクリアなネイルを指します。

・シアーネイル
近年流行のシアーカラーネイルは透け感のあるカラーを使ったネイルで、シロップのような透明なカラーや乳白色のようなタイプで、塗ると自爪が透けるような「色付き」のネイルを指します。

無色透明のものをクリアネイル、透け感のある色付きのものをシアーネイルと言います。

クリアネイルのみのネイルを選ぶ意味

ジェルネイルにはかわいいカラーやアートが溢れています。その中であえて無色透明なクリアネイルが最近注目されているのはなぜでしょうか?実はクリアネイルにはたくさんのメリットがあります。

クリアネイルの良いところ

・ナチュラルで美しい印象
クリアネイルの一番の魅力はなんと言ってもその透明感です。ジェルネイルの特徴であるツヤ感と透明度の高いクリアネイルは、自爪そのものをキレイに見せることができます。自然な爪の色をそのまま活かすことで、季節問わずナチュラルで美しい印象の指先になります。クリアネイルの場合、カラーやアートは関係なく「ツヤ感」で勝負しているのでファッションを選ぶことも、場所を選ぶこともありません。つるつるでツヤツヤな爪は、年齢に関係なくいつまでも美しく感じ、飽きがくることもありません。またジェルネイル歴が長い人ほど、最終的にクリアのみで仕上げる究極のシンプルネイルであるクリアネイルにハマる人が多いのも特徴です。

・爪の補強になる
クリアネイルの場合、ツヤ感を楽しむナチュラルネイルとしてだけではなく、爪の弱い人には補強材としての役割も果たします。そもそもジェルネイルとは、マニキュアとは違いぷっくりとした厚みとちゅるんとした独特のツヤ感が特徴です。また樹脂をライトで硬化させて爪に定着させるので、厚みや強度もあります。クリアネイルをすることで、自爪を守ることができるのです。

クリアネイルがおすすめの人

好んでクリアネイルをしている人以外に、どんな人がクリアのみのネイルがおすすめなのでしょうか。

・ナチュラルなネイルがしたいけど爪が伸びてきた時の、根本の隙間が気になる人
ジェルネイルをクリアのみで仕上げることで、根本にできた自爪とネイルの隙間は気になりにくくなります。

・ナチュラルなネイルが好き
自爪を活かした自然で美しい仕上がりになります。

・爪を伸ばしたい
自爪の状態で爪を伸ばすのはリスクが高いです。途中で爪に亀裂が入ったり欠けたりしてしまうことが多いですが、クリアネイルをしていればそれが補強となり、自然に伸ばすことができます。

・爪先の保護をしたい
特殊な例では、たとえばギターの演奏者やロッククライミングをする人など、指先を過度に使う人は爪の保護のためにクリアネイルがおすすめです。

クリアのみのネイルの種類

クリアネイルには、ツヤ感を楽しむものとツヤを消したマットタイプがあります。

・ツヤのあるタイプ
一般的にはクリアネイルと言えばツヤを活かしたこちらのタイプで、ジェイルの持つ美しいツヤ感と透明感をシンプルに楽しみます。

・マットなタイプ
ジェルネイルのクリアのみの仕上がりからツヤを無くすとどうなるか。実はツヤが無くなったクリアネイルは、限りなく自爪に近い仕上がりになります。マットなクリアネイルを選ぶのは、爪が弱い男性や、学校や職業上で一切のネイルを禁止されている人などです。爪の形にコンプレックスがある人や爪の表面がガタガタしていたり割れてしまった人、またツヤツヤの爪に抵抗がある男性が多いです。自爪のような仕上がりになるマットタイプは、ネイルを楽しむというよりも爪の形成や保護、リペア目的の人に向いています。







ネイルサロンでクリアのみのネイルの持ちや料金は?

ネイルサロンでクリアのみをお願いした場合、クリアネイルの持ちや料金はどのくらいでしょうか?クリアのみのネイルはベースジェルとトップジェルで仕上げます。そのためネイルサロンであれば必ずと言って良いほど「クリアのみ」のメニューの取り扱いはあります。もちろんサロンによって設定料金は異なりますが、だいたい3000~5000円以内のサロンが多く、透明だからといって極端に安いというわけではありません。そのかわりアートや色塗りがない分、施術時間は1時間以内に終わることがほとんどです。クリアネイルはシンプル過ぎるが故に、手抜き感や簡単にできるイメージが強いです。しかし実際は、通常のアートネイルと施術方法は変わりません。そのため持ちも通常のジェルネイルと同じで3週間~4週間程は持ちます。

クリアネイルをセルフでやる方法

ではジェルネイルをクリアのみで楽しむための、セルフでのやり方をご紹介します。

用意するもの

・ネイルケア用品(ストーンプッシャー、爪やすり、スポンジファイル、エタノール)
・ベースジェル、トップジェル
・ジェル硬化用ライト

クリアネイルのやり方

まずはジェルの持ち良くするために爪のケアをしていきます。

①手を清潔にしてエタノールで手指消毒を行う。
②爪やすりで爪の長さと形を整える。
③ストーンプッシャーを使って甘皮周りの余分な角質(ルースキューティクル)を優しく取り除く。
④スポンジファイルで爪のサイド、甘皮周り、表面のツヤが無くなる程度で十分なので、軽くサンディングする。爪の先端(エッジ)の削りカスもしっかりと除去する。
⑤エタノールを含ませたコットンで爪を拭き取り、油分除去をする。

これで、ジェルネイルを塗る前のケアは終了です。ケアが済んだらジェルを塗布していきましょう!

⑥ベースジェルは二度塗り!一回目は薄めに、二回目は少し多めに塗る。

ジェルネイルの場合、ジェルのはみ出しに一番注意を払わなくてはいけません。素人が一度に必要量を塗布しようとすると、ベースジェルが流れ、はみ出してしまうことがあります。ベースジェルは二回に分けて塗り、はみ出さないようにしましょう。
また、クリアネイルはカラーやアートをしないので、仕上がりが薄くなりがちです。ベースを二度塗りすることで、同時に厚みを出すこともできます。

⑦トップジェルを塗って終了。

クリアネイルをマット仕上げにする

マット仕上げにする場合は、ますトップジェルまで塗って最後までツヤタイプのクリアネイルを仕上げます。その後に、スポンジファイルを使って、ネイルの表面をサンディングしてツヤを無くしていけばOKです。

トーンアップする日焼け止めとは?

露出が多く日差しの強い夏には、日焼け止めが必需品です。その中でも最近話題のボディ用の日焼け止めがあります。まるで顔のベースメイクのような、トーンアップ効果が期待できるタイプのもので、紫外線をカットしながら肌をキレイに見せるという優れものです。コントロールカラー効果があるため日焼け止めにも関わらず「ピンク系」「ラベンダー系」「グリーン系」「ブルー系」「ホワイト」とカラー展開されているのが特徴です。プチプラ製品が多くドラックストアなどで気軽に手に入れることができるのも人気のポイントです。どうせ日焼け止めを塗るなら、肌がキレイに見えるに越したことはありませんよね!いざ購入を考えた時に迷わないように、トーンアップ日焼け止めの色選びのポイントをお伝えします。

トーンアップの日焼け止めの選び方

・ピンク系
血色が悪い人向き。透明感や血色を良くしたい時におすすめです。

・ラベンダー系
肌がくすみがちな人向き。くすみが気になり、透明感が欲しい時におすすめです。

・グリーン系
赤ニキビ後が気になる人向き。ニキビのあとをカバーしたい時におすすめです。

・ブルー系
加齢によるくすみや黄ばみが気になる人向き。くすみがひどい時におすすめです。

・ホワイト
色白の人向き。白い肌をより白くしたい時におすすめです。

肌がくすみがちな夏、日焼け止めを使って透明感のある明るい肌見え効果も一緒に楽しみましょう!








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント