ネイルの色の組み合わせが知りたい!配色に困ったらどう考える? | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

どんなネイルデザインでも、重要なポイントは使用する色の組み合わせです。色の組み合わせがイマイチだと、おしゃれなネイルデザインでも、なんだかやぼったいような、垢抜けないような仕上がりになってしまいます。色の組み合わせが少し異なるだけでも大きく印象が変わるので、様々な配色を知って、おしゃれなネイルを楽しみましょう!また1色ベタ塗りのワンカラーが好きな人も、たまには2色以上使って気分転換してみませんか?少し色を加えるだけで雰囲気が変わって、いつもと違うネイルになります!今回の記事では、ネイルの色の組み合わせや、配色に困ったときのポイントについてご紹介します!

色の組み合わせはどうやって考えるの?

色の組み合わせを「配色」といいます。配色はネイルだけではなく、服のコーデやメイクのカラー、さらにはWEBデザインやプロダクトデザインなどにも深く関わっています。世の中のあらゆるものは配色が考えられた上で世に出ており、配色によって受ける印象が変わります。ネイルや、ネイル以外でも配色を考えることは非常に大切です。

配色ってセンスが必要?配色の考え方

配色はセンスが必要なのではないかと考える人も多いのではないでしょうか。配色には「色彩調和論」という理論があり、センスに自信がなくても理論通り色を選ぶだけで希望通りの配色が考えられるようになります。以下では色彩調和論を参考にした配色の考え方をご紹介します。

まとまりのある、落ち着いた配色

同じ色で暗め、明るめを合わせる

まとまり感のある配色にしたい場合は、同じ色で暗め、明るめに展開するのがおすすめです。たとえば画像のような赤~ピンク~白に近いピンクといった同じカラーの展開なら、色を多めに使っても落ち着きのある仕上がりになります。多色展開したいけど、派手になりすぎないネイルにしたいというときは、同じ色で暗い色、明るい色のマニキュアやジェルを用意しましょう。







同系色を合わせる

上の図のように色がグラデーションに並んでおり、円になっているものを色相環と言い、色相環で隣同士になる色の組み合わせは同系色と言います。服やメイクが好きな方は、同系色という言葉をよく聞くのではないでしょうか。例えば黄色や緑など異なる色味を合わせても、色相環で隣同士になる組み合わせならバランスが取れて、まとまりのある配色になるのです。ペールトーンで同系色を合わせれば優しい雰囲気が演出できますし、ビビッドなカラーで同系色を合わせれば明るく元気なイメージになります。馴染みやすい組み合わせになるので、子供から大人まで万人に愛される配色です。

メリハリのある、個性的な配色

無彩色を合わせる

無彩色とは黒、灰色、白のことを指します。色には彩度という単位があり、彩度が0の場合は無彩色で、それ以外はすべて有彩色となります。無彩色と有彩色の彩度の差が大きければ大きいほど調和して、パキッとした色合いになるので、目立った色合いにしたいときにおすすめです。ちなみに日常で目にする、無彩色と有彩色の差が大きいものは、日本やフランス、ドイツなどの国旗や、緑と白の非常口マーク、黄色と黒の警告の標識などがあります。

補色を合わせる

上記で紹介した、色相環で反対側に位置する色同士のことを補色と言います。反対側の色を選ぶなんて喧嘩して違和感のある配色になってしまうのでは?と思いますよね。ですが補色となる色が並ぶと、それぞれの色が強調されて、より鮮やかに見えるようになります。例えばクリスマスカラーの赤と緑は補色同士です。メリハリが出ながらも調和する配色なので、個性的かつおしゃれな色で組み合わせたい場合はぜひ試してみてください。

上記の考え方の他にも、トーンを意識するとよりまとまりのある、今っぽい配色が作れます。トーンについては別記事で少しご紹介しているので是非御覧ください。→ペールトーンとパステルカラーの違いって何?意味を知って使いこなしましょう

配色に困ったら

ネイルサロンでジェルネイルやマニキュアを施術してもらう場合、配色はネイリストに相談できますし、サンプルもたくさんあるので、使いたい色を決めやすいです。しかしセルフネイルの場合、持っているネイルカラーも限られますし、どんなものを参考にすればいいのか迷いますよね。以下では配色に困ったときにおすすめの考え方や参考になるサイトをご紹介します。

3色以内にまとめる

ぱっと全体を見たときに、使われている色が3色以内に収まっていると、まとまり感のある印象になります。ネイルに限らず、服やインテリアなども同じことが言えるので、「色のセンスに自信がなければ、とりあえず3色まででまとめれば良い」と言われているほどです。色の明るさや色相環などを意識して、2色、もしくは3色選びましょう。

配色サイトを使う

配色で悩むことがあったら、配色を自動的に決めてくれるサイトを使ってみるのがおすすめです。代表的なものに、PhotoshopやIllustratorといったソフトを開発しているAdobeが提供する
「Adobe Color」:https://color.adobe.com/ja/create/color-wheelというサイトがあります。例えばカラーホイールというページでは、簡単な操作で同系色や補色を表示できます。またトレンドの配色を閲覧できたり、気になる配色を保存する機能もあります。サイトを参考にジェルやマニキュアを買ってみれば、色の組み合わせがイマイチ・・・といったことも減るかもしれません。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント