冬ネイルはシンプル!セルフで簡単なデザインを紹介&ダイソーの「UV-LEDレジンライト」の使い方を解説 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

11月半ばになり、どんどん寒くなってきました。街中でもコートを着たりマフラーをしたりしている人が増え、来週あたりからは各地で続々とイルミネーションが始まるので冬を感じますね!年末に近づくに連れて何かと出費が増えますが、お洒落に手を抜きたくないというときは、セルフネイルをしてみませんか?12月になるとゴージャスなクリスマスネイルをする人が増えますが、その前の冬ネイルは落ち着いたシンプルなデザインをする方が多いです。シンプルなデザインはセルフでもやりやすいので、初心者の方でも始めやすいです。今回の記事では、冬ネイルにおすすめのシンプルなデザインと、100円ショップのジェルを使った800円以内でできる冬ネイルをご紹介します。また、ダイソーで販売されている330円の「UV-LEDレジンライト」について後半で詳しく解説しています!お手頃価格なのでセルフネイル初心者さんにおすすめです。
ネイルサロンに行くとシンプルなデザインでも4000円~5000円になるので、セルフネイルをするとかなり美容費を節約できます。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

冬ネイルはシンプルなデザインが可愛い!

冬はクリスマスネイルやお正月ネイルのほか、ニット柄や雪の結晶など華やかなデザインが多いのですが、一方で上品なシンプルデザインも人気です。オフィスネイルにもOKな冬ネイルをまずはご紹介します。ちなみに、おすすめカラーはアイボリーなどの白系やピンクベージュといったヌーディーカラーです。

ナチュラルなホワイトのシンプルネイル。ショートネイルならではのころんとしたシルエットにマットな優しい白が似合っています!薬指に小さなスタッズが入っていてアクセントになっています。

マグネットジェルを使ったキラキラのホワイトネイル。ワンカラーにマグネットジェルやパール系カラーを使うと、ストーンなどのパーツを乗せなくても派手すぎず上品な仕上がりになります。

こちらもマグネットジェルのワンカラーですが、ピンクなので可愛らしい印象です。カラーによって雰囲気が変わります。1本ずつラメの出し方を変えたり、左右で違う色にしたり様々な楽しみ方ができます。

ラベンダーカラーの全面塗りにホログラム、ラメがけ、ストーン1粒というシンプルなアートがお洒落なデザイン。シンプルなデザインは統一感のあるカラーにしたり、配置のバランスに気をつけたりすると可愛くなります。

ヌーディーなベージュにラメラインと大きなストーンが上品なシンプルネイル。肌なじみが良い色をベースカラーに使っているので、存在感のあるストーンでもオフィスで浮かないきれいめデザインです。

シンプルでもカラー選びやパーツの使い方次第で可愛いデザインになります。紹介したデザインのいくつかは、セルフでできそうと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。次の項目では、100円ショップのジェルで簡単にできる冬ネイルを紹介します。

セルフネイルでおすすめなのは?やり方も紹介

100円ショップはネイル用品の宝庫です!今回は、セリアとダイソーの商品を使って、ライト含め800円以内でできるセルフネイルデザインをご紹介します。所要時間はどのデザインも両手2時間程で完成します。金額にネイルケア用品は含めていないので、もともと持っている爪やすりなどを使って爪の長さや形は整えてくださいね。

セルフネイルのやり方についてはこちらの記事で詳しく解説しています。
⇒セルフネイルでジェルの塗り方や、長持ちさせる方法を教えます!

基本の必要なもの

・SHジェルネイル(ライト対応)ベース&トップコート(セリア110円)
・SHジェルネイル(ライト対応)トップコートノンワイプ(セリア110円)
・UV-LEDレジンライト(ダイソー330円)

ライトの機能や使い方などについては、後半でご紹介しています。

1本だけストーン乗せ(基本550円+220円=770円)

・SHジェルネイル(ライト対応)シアーピンク(ラメ入り)(セリア110円)
・お好きなストーン(110円)

①ベースコートを爪全体に塗ります。長持ちさせるポイントは爪先のエッジまで塗ることです。はみ出さないように注意しましょう。ライトで1分硬化します。

②シアーピンクを塗ります。1度塗りだとかなり薄付きですが、微細なラメが入っていてキラキラします。ライトで1分硬化。

③もう1度シアーピンクを塗ります。2度塗りするとうっすらピンク感がわかります。色ムラにならないように注意して塗れたら、ライトで1分硬化します。

④ストーンを乗せたい部分にトップコートを少量塗り、ストーンを乗せます。ストーンは爪楊枝の先に少しジェルをつけると、ストーンをくっつけて拾うことができます。ストーンの位置がズレないように注意しながらライトに指を入れて1分硬化。

⑤ストーンが取れないように、その部分だけトップコートを乗せて補強しましょう。1分硬化してください。

⑥最後に爪全体にトップコートを塗り、綺麗なツヤが出るようにコーティングします。ライトで1分硬化して完成です。

先端ラメがけ(基本550円+220円=770円)

・SHジェルネイル(ライト対応)シナモンベージュ(セリア110円)
・SHジェルネイル(ライト対応)グリッターゴールド(セリア110円)

①ベースコートを塗ってライトで1分硬化します。

②薬指以外の4本にシナモンベージュを塗ります。もちろん写真どおりのデザインでなくてもOKです。好きな指をラメにしてくださいね。ライトで1分硬化。

③シナモンベージュを2度塗りしてライトで1分硬化。

④グリッターゴールドを親指の先端と、薬指の先端に塗ります。先端のラメを濃く、根元のほうはラメの量を少なくするとお洒落です。ライトがしっかり当たるように1本ずつ硬化してください。

⑤最後にトップコートノンワイプでコーティングします。ラメの指はしっかり塗れていないとザラつくので注意しましょう。ライトで1分硬化して完成です。

先端にラメライン(基本550円+220円=770円)

・SHジェルネイル(ライト対応)ヌーディコーラル(セリア110円)
・SHジェルネイル(ライト対応)ライナーシルバー(セリア110円)

①ベースコートを塗ってライトで1分硬化します。

②ヌーディコーラルを塗ります。1度目はできるだけ色ムラにならないように塗ってから、ライトで硬化してください。

③もう1度ヌーディコーラルを塗ります。色ムラに気をつけながら、しっかり発色するようにしましょう。ライトで1分硬化。

④ライナーシルバーで爪の先端にラインを引いていきます。ライナーシルバーは筆が細く長くなっているのでラインが引きやすいです。時間が経つとラインが歪みやすいので1本引いたら硬化して5本繰り返しましょう。

⑤ラインが引けたらトップコートノンワイプでコーティングします。先端にラメを引いているのでしかり覆うように塗ってください。ライトで1分硬化したらこれで完成です。

マットコート(基本440円+330円=770円)

マットコートを使うので基本のトップコートノンワイプは使いません。
・SHジェルネイル(ライト対応)マットコートノンワイプ(セリア110円)
・BRGジェルネイル 13アイボリー(ダイソー110円)
・お好みのホログラム(110円)
→今回使ったのはダイソーの6Pセットのオーロラです。

①ベースコートを塗ってライトで1分硬化します。

②アイボリーを塗ります。白はカラーの中でも塗りにくい色で、色ムラになりやすいです。手に力を入れず、できるだけ一定の力加減で筆を動かすと綺麗に塗ることができます。塗ったらライトで1分硬化します。

③アイボリーを2度塗りします。テクスチャーがもったりしているので伸びが良くありませんが、できるだけ均一に塗れるようにしましょう。ライトに入れて1分硬化。

④オーロラホログラムを薬指の爪先に乗せます。ベースコートを少量爪先に塗ります。表面ができるだけ平らになるように意識してホログラムを並べます。爪楊枝の先にジェルを付けると、ホロを取り出したり乗せたりが簡単です。バランスよく並べられたらライトで1分硬化しましょう。
ちなみに今回使ったホログラムは乱切りなので、小さめと大きめで計3枚のホロを乗せています。

⑤ホログラム部分の凹凸が目立つ場合は、ベースコートを乗せて表面が滑らかになるようにし、ライトで1分硬化します。

⑥マットコートで爪全体をコーティングします。塗り残しがあるとツヤが消されず、綺麗なマットにならないのでしっかり塗りましょう。ライトで1分硬化し、表面が均一なマットになっていればこれで完成です。







ダイソーのUV-LEDレジンライトを解説!

100円ショップは様々なジェルやネイルパーツを販売していますが、ダイソーでは330円の「UV-LEDレジンライト」というジェルの硬化に使えるライトもあります。リーズナブルな価格で買えるのは嬉しいことですが「本当に固まるの?」と心配な方もいるのではないでしょうか。この項目ではダイソーの「UV-LEDレジンライト」について解説します。

内容物

・「UV-LEDレジンライト」本体
・microUSBケーブル
・取扱説明書

折りたたまれた状態の本体とケーブル、取扱説明書が入っています。説明書を読めば簡単に使えます。ケーブルの長さは約1メートルで、ACアダプタは付いていないので注意してください。

本体について

・大きさ

・ライト

LEDは6つ付いています。6ワットなのでパワーはそれほど強くありませんが、セルフで1本ずつジェルを固めていくなど、工夫すれば問題なく使うことができます。側面に付いているボタンが電源になっており、短めに1回押すと約1分照射します。ボタンを長押しすると約2分照射します。ジェルメーカーによって硬化時間が違うので有り難い機能ですね!照射中に再度ボタンを押すと電源がオフになります。

実際にボタンを押して照射すると、明るさはこのようになります。

しっかり光が本体に当っています。指は3本置けそうですが、6ワットなので1本をしっかり真ん中に置くほうが硬化不良を起こさず、綺麗に硬化できます。

ジェルは硬化するか

パッケージや取扱説明書にジェルネイルの硬化に使えると記載がありますが、実際に固まるのか試してみました。使ったのはダイソーの「BRGジェルネイル 13アイボリー」です。白が強い色は硬化不良を起こしやすいのですが、1分の照射でしっかり硬化することができました。上の写真は消毒用エタノールで表面を拭き取った後ですが、きとんと色がのっています。

注意点

・スタンドが固定されないので少し安定感が悪い。
・周囲までライトが広がるので、筆やジェルに当たらないようにする。
・電源ボタンが押しにくい

使ってみて注意が必要な点がいくつかありました。1つ目は、スタンドで立てた時の安定感です。スタンドは立てた状態の時に固定されないので、ちょっとした振動でスタンドが動いてしまうことがあります。手が当たってしまうと倒れてしまうかもしれないので注意しましょう。2つ目は、ライトの広がり方です。主に光が当たるのは真下ですが、周囲にも漏れてしまうので周辺に筆やジェルを置くと固まってしまうことがあります。置き場所には十分気をつけてくださいね!3つ目は、電源ボタンが押しにくいことです。手の大きさや慣れも関係するとは思いますが、ギュッと押さないと点灯しません。ちゃんと点灯しているか確認してくださいね。

まとめ

ダイソーで330円というお手頃価格で販売されている「UV-LEDレジンライト」はセルフジェルネイルで使用できます。ジェルは約1分の照射でしっかり硬化できていました。ただし、パワーは本来推奨である16ワットの半分以下なので、本格的にセルフジェルネイルをするならジェルメーカーのものを購入するのがおすすめです。とはいえ、初めてのジェルネイルや試しにやってみたい時には十分活躍してくれるライトです!

ジェルライトについて詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてくださいね!
⇒ジェルネイルのライトで日焼けする?セルフネイルのライトはどれがいいの?

冬ネイルはシンプルで大人可愛いデザインにしてみよう

いかがでしたか?本日は、冬ネイルはシンプルで、セルフで可能ということをお話してきました。冬はイベントも多いのでクリスマスネイルやお正月ネイルを楽しむ人も多いですが、イベントが過ぎてしまうと「早く付け替えなきゃ!」と焦ってしまいます。忘年会やデート、友人との飲み会など、何かと出費も重なるのでセルフでシンプルなネイルをするのもおすすめですよ!今回紹介したのは以下4つのデザインです。

・1本に1粒ストーン
・先端にラメがけ
・先端にラメライン
・マットコート

どのデザインも100円ショップのジェルやパーツだけでできるので、初心者の方もぜひこの機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
さらに、後半ではダイソーの「UV-LEDレジンライト」(330円)について解説しました。ライトはこのような商品です。

・コンパクトで軽い
・電源ボタンの押し方で約1分、約2分の照射ができる
・UVとLEDに対応

非常に安いので本当に使えるのかと心配な方もいらっしゃると思いますが、しっかりジェルは硬化できます。ただし6ワットでパワー自体は弱いため、確実に硬化するには1本ずつしっかり真ん中に指を置いて硬化するのがおすすめです。
冬ネイルはシンプルで上品な指先でお洒落を楽しみましょう!








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント