話し方で印象が悪いと思われたら損!接客業のネイリストが教える人と話す時のコツ | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

話し方は人の印象を大きく左右します。「とても感じの良い人だな」「なんだか感じの悪い人だな」。少し話をしただけなのに、相手に対してこのような感情を抱いたことはありませんか?人が他人と接する時には、まず相手に話しかけるところからはじまります。そんな時、多少話し方が無愛想であっても、柔らかい表情だったり笑顔だったりすれば「この人は怒っているわけではない」とわかるのであまり問題にはなりません。しかし新型コロナウイルスの流行以後、マスクをする人が増え、お互いに話している時の表情が読み取りにくくなってしまいました。そのため、話し方の雰囲気だけで印象の良し悪しが決まってしまうこともしばしば…。また話し方といえば、買い物に行ってレジの店員さんの話し方に愛想がなく、ぶっきらぼうに感じたらどうでしょうか。たった一言二言交わすだけの、一瞬のコミュニケーションで不快な気持ちになるお客さんは多く、「あの店員は感じの悪い奴」と印象を持つ人が多いです。でも店員さん本人には全く悪意はなく、ただそういう話し方をするタイプのとても良い子かもしれませんよね。このように、あなたも話し方一つで意図せず誤解され、損をしているかもしれません。お互いをよく知っている者同士ならその人がどういう人間なのか知っているので、話し方で印象が変わったりしません。しかし社会に出れば、自分のことを理解している家族や友人と同じ話し方をしていては誤解されかねません。他人同士がお互いに気持ちの良いコミュニケーションを取るためには、それ相応の意識した「話し方」をするのが好ましく、それは結果的に自分のためになります。特に人と関わる接客業は、話し方で印象が悪いと思われてしまったら致命的です。そのため話し方には細心の注意をはらう必要があります。今回は初対面の人とマンツーマンで1~2時間を過ごしているネイリストが、相手に好印象を残すため話し方をご紹介します。さらにネイリストはマスクをしながらの接客業です。冒頭でもお話ししたようにマスクをしていると表情が読み取りにくい分、話し方がより大切になってきます。マスクをしたままでも良い印象を与えるための声の出し方も一緒にご紹介します。

話し方で自分の印象は変わる?

自分の話し方を意識したことがありますか?ゆっくり話すタイプや早口な人、サバサバと話す人や優しい話し方の人など、話し方は人によって様々です。一概にどれが良いとは言えませんが、話し方によって印象が変わるのは確かです。「人の第一印象は見た目が9割」とは有名な話で、人と会う時は身なりに気を使う人がほとんどではないでしょうか。実はもう一つ、印象の9割を決めると言われているのが「話し方と声」です。たしかに話し方で印象が変わるというのは、なんとなくイメージできると思います。しかし、話し方と声が見た目と同等に印象の9割を占めるとはどういうことなのでしょうか。朗読劇を想像するとわかりやすいかもしれません。同じセリフでも話し方や声のトーンで喜びや悲しみ、快活さやダルさなど、様々な状態を音声のみで表現することができていますよね。怒り狂った人が「早口になり声を荒らげる」とはよく言ったもので、人の感情やその日の体調は話し方や声にとても現れやすいのです。話し方に覇気がなく声のトーンが低ければ「あれ?今日は元気ないな」と思いますし、逆にハキハキとした話し方で声にハリがあれば「元気な人だな」となるわけです。つまり話し方は、意識して変えるだけで朗読劇のように誰でも簡単に自分のイメージを作っていけるツールとなるのです。

人に嫌われる話し方

話してみたらイメージと違い印象が悪くなった、そんな人に出会ったことはありませんか?これはお見合いなどでよく聞く話しですが、お見合いなので当然誰しも身なりはしっかりと整えてきますよね。そのためとりあえず第一印象の見た目はクリアでしょう。なんなら好印象かもしれません。しかし、いざ会話をはじめると、その話し方から印象がとたんに悪くなる場合があります。そして本人は、自分の話し方が相手を不快にさせていることに気付いていないことがほとんどです。ではどんな話し方が相手を不快にさせ、自分で自分の印象を悪くしているのでしょうか。

人の話をすぐに否定する

人が話していることに対して否定的なことしか言わない人がいます。このタイプの人は、相手の話に対して「自分の意見を述べているつもり」の人が多く、本人は相手の話を否定しているという自覚がほとんどありません。会話のスパイスとして否定的な意見を入れていくのは話も弾みますが、全てにおいて否定的なこと言う人とは会話していても楽しくありません。

人の話を聞かない・腰を折る

人が話していることを最後まで聞かずに話をすぐに遮ってしまう人がいます。人と人とがコミュニケーションを取る時、相手の話を最後まで聞くことは最低限のマナーだということがわかっていないのです。せっかく話をしていても会話を別の話題で遮られたり、「わかったわかった」といった具合に結論を先に言われたりすると、相手は話す気がなくなります。

反応がない・何を考えているのかわからない

人が話していることに対して極端にリアクションの薄い人がいます。会話を成立させるにはある程度相手の反応をみながら話を進めていきます。しかし、リアクションがなかったり極端に薄かったりする場合、話をしている方は相手が何を考えているのかわからず、困ってしまいます。話をしていても楽しくなく、苦手意識が芽生えます。

このように話し方でまた会いたい人かそうでない人かの印象が決まってきます。
・相手の話を否定する
・否定的な言葉ばかりを使わない
・人の話を最後まで聞かない
・話の腰を折る
・自分の話にすり替える
・会話に対して反応がない
・リアクションが極端に薄い

最低限の会話のマナーとして、これらのことは気をつけていきましょう。







人に好かれる話し方

せっかく会話をするのであれば、好印象を与えるような話し方でお互いに気分良く過ごしたいものです。印象の悪い話し方をする人と違って、一緒にいて楽しい、また会いたい、と思ってもらえることは、出会いの幅を広げる意味でもビジネスシーンにおいても自分にとって非常に有利なことです。では、好印象を与える話し方をお伝えします。

人の話に相槌を打つ

会話に対して相槌をうつことで相手の話をちゃんと聞いていることの合図になり、安心感を与えます。また相槌よって会話にリズムをつけることができるので、話している方も気持ち良く話しを続けることができるのです。

気になるポイントはリピートして確認する

話を聞いていると、その話のポイントになるところが出てきます。確認の意味も込めて、同じ内容を繰り返し聞き返すことで、相手に話をしっかりと聞いていることを印象付けることができ、安心感を与えます。

肯定的な言葉を使う

自分の意見や話の内容が間違っていたとしても否定的な言葉は使わず、全て肯定的な言葉を選ぶようにするとその後の交渉も上手くいきます。誰でも自分の話を否定的に捉える人よりも肯定的に捉えてくれる人に親近感を覚えるものです。肯定的な言葉をチョイスすることで信頼関係を築くことができます。

人に好かれる話し方に共通していることは、相手の話を否定せずしっかりと話しを聞くスタイルを取ることです。

ネイリストが究極の接客業と言われる理由

接客業は様々ありますが、その中でもネイリストという職業は特殊だと言われています。それもそのはず、ネイリストはお客様と向き合いながらマンツーマンで長時間過ごす必要がある職業だからです。お客様は、施術中は両手が塞がった状態なので、スマホや雑誌などを見ることができません。サロンに設備が整っていれば映画や動画などを見ることもできますが、ほとんどのネイルサロンはお客様と会話を楽しみながら施術を行います。このように終始顔を合わせた状態で1~2時間付きっ切りでの状態の施術は、他の接客業にはありません。そのためお客様とは友人とカフェでお茶をするのと同じ感覚で、密に会話を重ねていくことになります。ネイリストが究極の接客業と言われる所以は、まさにこの会話にあります。ネイリストとお客様の関係は特殊で、友人でもなければ共通の知人がいる関係でもありません。友達にも家族にも言えないような悩みや話しをするお客様がとても多いのです。月に一度の約2時間、ネイルを綺麗にしながらカウンセリングを受けているような感覚で、普段人に言えないようなことや何気ない会話をネイルと同時に楽しみ、リフレッシュして帰っていくのです。このようにネイリストは爪を綺麗にしながら、他にはないほどの密接にお客様と関わっているのです。

ネイリストの初対面の人と話す時のコツ

ネイリストはネイルの施術だけでなく会話力もかなり重要になります。お客様には色々なタイプの方がいるので、人によってコミュニケーションの方法を変えていく必要があります。では普段の会話でも使える、タイプ別の会話のポイントをお伝えします。

自分からよく話す人

自分からよく話す人には、気分良く、たくさん話してもらうようにします。自分の話をする必要はありません。たくさんの相槌をうち、共感しながら全ての話を「聞く」スタイルを取りましょう。

自分からあまり話をしない人

自分からあまり話をしない人には、こちらからたくさん質問をします。答えてくれたら、その答えと自分の経験談を交えて、自分から会話を進めます。そしてまたまた質問をする…、を繰り返していくうちに相手から話したい内容が出てきます。相手から話し出すきっかけを作れたら、自分の話はやめて聞き手にまわり、相槌とリアクションを続けるようにします。自分からあまり話をしない人で、会話のきっかけさえ作ってあげられれば、話したいことを秘めているものです。

美声になるトレーニング

マスクをしながら会話するのは、表情も読み取りにくく声もこもりやすくなります。そのため声のトーンで印象を良くするのがおすすめです。よく通る綺麗な声を出すための簡単なトレーニングをご紹介します。

リップロール

唇をリラックスさせ軽く閉じた状態で、息を吐き唇だけをブルブル…ブルブル…、と息が続くまで連続して行いましょう。大角膜と声帯を閉じる筋力がつき、よく通る高く美しい声が出るようになります。簡単なので毎日気が向いた時に行いましょう!

話し方を意識して、明るくハリのある声で好印象を目指しましょう!








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント