ハンドケアを自宅で簡単サロン級の仕上がりに!敏感肌に優しいフェイスマスクとは? | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

デートや女子会、ママ友との食事会など、急な予定が入った時、生活感のあるカサカサな手では行きたくないですよね。そんな時、エステサロン級のハンドケアが自宅で簡単にできたら良いと思いませんか?乾燥してカサカサな手は、しぼんで見えとても老けた印象になります。しっとりと潤い、キメの整った肌は女性らしさの象徴です。しかし、ついつい仕事や家事で忙しく、乾燥した手を見て見ないふりしていませんか?手は年齢を表すと言われています。すぐに乾燥してしまうからと諦めず、ふっくらとなめらかな手肌を取り戻しましょう!今回は、エステサロン級の仕上がりが目指せる、自宅で簡単にできるハンドケアをご紹介します。またケアといえば、近年韓国コスメの流行で、フェイスマスクは一気に身近なアイテムとなりましたよね!しかし、「敏感肌だから肌に合うか分からない」「どんな効果があるものを選べばいいの?」といった疑問を抱く敏感肌さんも多いのではないでしょうか?今回はフェイスマスクの効果や、敏感肌さんにおすすめの効果的な成分、また使用上の注意なども一緒にご紹介します。

基本ケア!ハンドクリームの塗り方

ハンドクリームを毎日使っている人は多いと思いますが、皆さんはどんなふうに塗っていますか?クリームをあえて手の甲に出し、なじませている人もいれば、無意識に手の平に出して塗っている人など様々です。実はハンドクリームの効果を発揮するには、適切な塗り方があります。以下で基本ケアである、ハンドクリームの塗り方をお伝えします。

①ハンドクリームは『手の平』に出す。

②両手の手の平を合わせて、クリームを温めながら柔らかくする。
温まって伸びが良くなったクリームは、肌にスッと良くなじみます。

③手の甲~指先など、手全体に広げていく。
指の間と爪の周りも忘れずに、念入りに塗り込んでいきましょう。

このように、いつも何気なく塗っているハンドクリームの塗り方を少し意識して変えてみて下さい。「手の平で温めてから使う」という簡単なことですが、これだけでクリームの持つ効果をしっかりと得ることができますよ!

サロン仕上げ!簡単スペシャルハンドケア

急な集まりがあるのに、忙しくてハンドパックを買いに行く時間もない・・。そんな時、自宅で是非やってほしい、おすすめのスペシャルケアをご紹介します。







用意するもの

・いつも使っている化粧水(精製水で薄めて使ってもOK)
・ティッシュペーパー
・ビニール袋
・輪ゴム

やり方

①清潔にした手に化粧水を取り、手になじませ、全体にしっとりさせる。

②ティッシュペーパーを手の甲に広げて乗せ、指と指の間に当たる箇所に切り込みを入れる。

③手の甲に乗せたまま、ティッシュペーパーがヒタヒタになるように、化粧水を染み込ませる。

④切れ込みを使って、ティッシュペーパーで指を1本ずつ包んでいく。

⑤手にビニール袋をかぶせ、手首に輪ゴムをかけて止める。

⑥5分程放置し、ハンドクリームで保湿・保護して終了。

自宅にあるもので、いつでも即席ハンドパックができます。急な集まりの前には、ハンドクリームで保湿するだけでなく、パックをして内側から潤った、モチモチの肌を目指しましょう!

フェイスマスクとは?

フェイスマスクは、基本のスキンケアにプラスするだけで、美肌効果を高めてくれるスペシャルアイテムです。美容液をたっぷり染み込ませたシートで、スキンケアの際に顔にしばらく貼ることで美容成分を肌に浸透させる効果があります!フェイスマスクは、毎回のスキンケアに取り入れるというよりも、肌が疲れている時や何か特別な予定がある時など「ここぞ!」という時に、肌の調子を整えるために使う人が多いです。サロンに行く代わりに、ホームエステをする感覚で使うのがおすすめです。

フェイスマスクの素晴らしい効果

フェイスマスクが女性に大人気なのは、簡単でお手軽にスペシャルケアができる上、肌が プリプリと生き返るのを、即効で実感することができるからです。製品によって含まれる成分や美容目的は異なりますが、保湿成分、美白成分、美肌成分などが含まれる製品が多いのが特徴です。フェイスマスクを使うと、これらの美容成分が肌の奥までたっぷりと浸透するので、肌が水分で満たされ乾燥がなくなります。また、栄養分や肌に必要な成分が補われるので、疲れた肌が元気になります。







敏感肌が使うなら?

フェイスマスクは、敏感肌のスキンケアにもオススメです。敏感肌の大敵は乾燥なので、フェイスマスクでしっかり保湿してあげることにより、敏感肌の予防や改善が期待できます。ただし、敏感肌の人が使用するフェイスマスクは、気をつけて選ばなければなりません。まず、シートはコットン100%で、繊維がなめらかなものが望ましいです。シートで肌を傷つけてしまう可能性もあるので、国産の品質の良いものをオススメします。また、美容液に使われている成分にも注意が必要です。製品の成分表示をチェックして、無添加で敏感肌でも使える製品を選ぶようにしましょう。敏感肌には、セラミド、ヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲンなど高い保湿成分が配合されているものがおすすめです。また、美容液が含まれていないドライタイプのフェイスマスクも売っているので、自分の持っている肌に合った化粧品をたっぷりと染み込ませて使うのもいいですね。

フェイスマスクを使う時の注意点とは?

フェイスマスクは、正しく使わないと効果がきちんと得られなかったり、肌にトラブルを起こしたりすることがあります。敏感肌の人が使う際は、使用時間をきちんと守るようにしましょう。フェイスマスクを20分以上つけていると、肌の水分が蒸発し始めるため、逆に肌が乾燥してしまいます。使用時間は、製品の説明の通りにきちんと守ってください。そしてフェイスマスクが終わったら、すぐに保湿効果の高いクリームなどを塗って、肌をコーティングするのが効果的です!

まとめ

手も顔も、肌には毎日のケアが大切です。そこにスペシャルケアとして、パック美容を取り入れてみてはいかがでしょうか。普段のスキンケアより、時間をかけてたっぷりの美容成分を肌に取り込むことで、肌の潤いが見違えるほど良くなってきます。肌がしっかり潤うと、キメが整い潤ツヤ肌になり、そして、肌トラブルも軽減します。注意してほしいのは、スペシャルケアとしてパックを取り入れる際、優雅にお風呂の中で使用したくなりがちです。しかしそれではせっかくの美容成分が、汗と一緒に流れてしまいます。パックの持つ美肌効果が半減してしまうので、お風呂でパックをするのはやめましょう。ケアの中にパックを取り入れ、自宅でエステ気分を味わってみてはいかがでしょうか。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント