素足でパンプスはマナーに反する?&素足でのパンプスは汗で靴がダメになる?? | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

雑誌やSNSで見る海外セレブ達がヒールの高いパンプスを素足で履きこなしている姿は、セクシーでかっこいいですよね!あんな風にこなれ感のある履きこなしを目指し、今では日本でも素足でパンプスを履くのは当たり前になっています。ところが日本では時と場合によって素足にパンプスはNGとされ、マナーに反していると言われることがあります。それは一体なぜなのでしょうか。今回は、素足でのパンプスはマナーに反すると言われる理由についてご説明します。また、素足でパンプスを履きこなすのはかっこいいですが、日本では完全に素足でパンプスを履いている人が実は少ないのです。日本ではフットカバーやストッキングを着用している人がほとんどで、「素足に見える履きこなし」が一般的になっています。そのため日本でのフットカバー需要は大きく、あらゆるタイプのフットカバーが売られています。今回はなぜ日本人が素足でパンプスを履かずにフットカバーを使用するのか?さらに素足でパンプスを履くと靴の中敷きが汚れます。これは足の角質や汚れが原因となっていることが多いです。お気に入りのパンプスはキレイな状態で履き続けたいですよね!それには毎日の正しい足の洗い方が重要です。そこで今回は「足の正しい洗い方」も一緒にご紹介します。

素足でパンプスはマナー違反?

近年、素足でパンプスを履くのは普通のことといえます。しかし時と場合によっては「素足ではマナーに反することがある」と耳にしたことはありませんか?素足でパンプスがマナー違反になるとはどんな時なのでしょうか。また、素足がマナーに反するとしたらその理由は一体何でしょう?

マナー違反だといわれる理由

・ビジネスシーンの場合
オフの日であればよいのですが、ビジネスシーンにおいて大人の女性が素足でいるのはあまり相応しくないとされています。素足はとてもカジュアルなイメージで、相手によってはカジュアルを通り越し「だらしない人」という印象を持たれ兼ねません。近代の働く女性のファッションはスーツが必着であることは少なく、そのほとんどは「オフィスカジュアル」とされています。オフィスカジュアルの定義は難しく感覚は人それぞれです。そのため夏場はミュールやサンダルで出勤する人も大勢いますし、もちろんそれがダメというわけではありません。しかし、営業職など外部の人間と接触する職種の場合は注意が必要です。「素足にパンプス」をオシャレととらえる人は少なく、きちんと感や清潔感に欠け、ビジネスマナーの基本がなっていないと感じる方もいます。相手と円滑な関係を築くため、そして自身のイメージを守るためにもビジネスシーンではストッキングの着用がベターといえます。

・他人の家にお邪魔する場合
ストッキングや靴下を履いているのと履いていないのでは、靴を脱いだ時の印象が違います。自分のことだと思って考えてみて下さい。パンプス脱ぎたての汗をかいた素足でペタペタと家の中を歩き回られる、汗をかいている素足でスリッパに足を入れるなど、仕方のないことですが、どれも気分の良いことではないです。そんな時、招いた方が鞄からフットカバーを取り出しサッと履いていたら好印象ではないですか?現代は昔ほど厳格な方も減り「人の家に上がる時に素足はマナーに反する!」とまで言う人は多くありません。素足が悪いわけではありませんし、そんなことを気にしない人もいます。つまるところ、素足で他人の家にお邪魔するのはマナーに反するというより、素足でご自宅にお邪魔するのは申し訳ない…、失礼かも…と思える気持ちで、相手に対しての「心使い」の問題といえます。

パンプスに素足が普通?外国と日本の違い

雑誌やSNSで見る海外セレブは、ヒールの高いパンプスを素足で履きこなしていてセクシーでかっこいいですよね!現在では日本でも素足でパンプスを履く人は多く、ファッションとして当たり前になっています。ヨーロッパの女性がストッキングを履く機会は少ないといわれ、パンプスに限らず靴全般を素足で履く事も多いそうです。素足でサッと靴を履くなんて、こなれた感じでオシャレなイメージですよね。しかし日本では素足に対する考え方が外国ほどカジュアルではありません。では、ヨーロッパの人達が素足で靴を履くことに抵抗がないのと、日本との違いについてお伝えします。

気候の違い

日本の夏、素足でパンプスを履いていると汗で靴の中がヌルヌルなります。足に汗をかくのはどの国の人間も同じですが、日本はヨーロッパに比べて湿度が高いです。ヨーロッパの夏は湿度が低く暑くてもカラッとしています。それに比べ日本の夏はまとわりつくような湿度と暑さです。カラッとすることなく一日中じっとりと汗をかき、その汗が乾くことはありません。そのため外国の人達は素足でパンプスを履いても比較的パンプス内も快適に過ごすことができています。同じように汗をかいても靴の中の環境が日本人とは違うのです。日本人なら素足でパンプスを履いた時の、靴の中の状態は安易に想像がつくので不衛生に感じ、素足にパンプスは抵抗感がある人が多いのです。

文化の違い

あえて言うまでもないですが、日本と外国との大きな違いに「靴を脱ぐ習慣の違い」があります。家や座敷に上がる時に日本では靴を脱いで入りますが、外国では靴を自宅以外で脱ぐ機会はほとんどありません。日本は、お侍さんの時代から帰宅時には自宅に上がる前に足を清めてから家に入るなど、中と外を分けて生活しています。反対に外国では昔から靴のまま自宅に入るので、素足の状態を気にする必要がありません。日本は靴を脱ぐ機会が多いため素足の状態や清潔感を気にする人が多いのです。

ヨーロッパの人達が素足で靴を履くことに抵抗がないのは、「靴を履いている状態が普通」だからです。逆に日本は素足に対する考え方が外国ほどカジュアルではありません。日本人が素足に敏感なのは、接待やお呼ばれなどの特別な機会には「靴を脱いで対応することが通常」だからです。







やっぱり素足にパンプスはかわいい!

素足にパンプスはマナーに反するとまでは言わなくても、TPOに合わせて状況を見極める必要はあります。とはいえ、やはり素足にパンプスはこなれ感があってかわいいです!ビジネスシーンでは最低限大人のマナーとして、素足でパンプスを履くのは避けるようにします。そのかわりプライベートでオシャレを楽しみましょう。ところでお気に入りのパンプスを素足で履く時、気になることはありませんか?みんなの気になるポイントを見ていきます。

素足でパンプス、汗はどうなる?

素足でパンプスを履くと靴の中の大量の汗はパンプスの中敷きや靴の皮にダイレクトに吸収されます。さらに吸収しきれなかった汗はそのまま溜まり、靴の中がヌルヌルとして不快になることも。また細菌が繁殖しやすくなるためニオイの原因となります。

素足でパンプスは靴が傷む?

結論から言うと素足でパンプスを履けば主に汗が原因となり、間違いなく靴は傷みます。

素足で履いたら靴擦れができた!

辛い靴ずれの一番の原因は、素足で靴を履いた時です。汗で柔らかくなった足の皮膚と靴が直接擦れ合うことで、摩擦が起こり簡単に靴ずれはできるのです。

素足でのパンプスはかわいいですが、かなりリスクもありますね。そこでおすすめなのがフットカバーです。上でも少し触れましたが、欧米と比べて日本の夏は非常に湿度が高いです。欧米の人達のように素足でパンプスを履いても、靴の中が汗と湿気で大変なことになります。足の皮膚がふやけて靴ずれができやすくなったり、靴の中で足が滑ってしまったりすることがあるのです。この原因のほとんどが足の汗です。そのためフットカバーを履いて汗を吸収させることで、パンプスの中の環境が安定します。汗がひどい時は、フットカバーを履き替えると良いです。フットカバーが汗を吸収することでパンプスへのダメージも軽減されます。また靴擦れの予防にもなります。日本では素足でダイレクトにパンプスを履くよりもフットカバーを履いた方が快適に過ごせるのです。

正しい足の洗い方

素足でパンプスを履くなら押さえおきたいのは「足の洗い方」です。皆さんも足は毎日洗っていると思いますが、どのように洗っていますか?素足で靴を履く人は、より足を清潔に保つ必要があります。足の汚れや角質はその日のうちに取り除いておかなくては靴に細菌が繁殖しやすくなり、それがニオイの原因となります。
では毎日のお風呂でやってほしい足の洗い方をお伝えします。必要ものは「ネイルブラシ」です。100円ショップで売っているので持っていない人は用意しましょう。

①足を洗うタイミングはできるだけ最後にします。理由は足の汚れや垢、角質が柔らかくなるのを待つためです。
②足の垢が溜まりやすい箇所は「両くるぶしの下」です。石鹸を使う前にまずは手で擦って垢を出します。
③次に足の甲を擦っていきます。これも石鹸を使う前に手で擦って垢を出します。
ポイント:いきなり石鹸を使うと洗った気になってしまい、しっかりと垢を出しきることができません。まずは肌が柔らかくなったところで、手を使って擦りましょう。

④石鹸を泡立て、足全体や指の間を洗う。
⑤ネイルブラシを使って爪の間をしっかりと洗う。力が強すぎると痛いので適度に。
ポイント:爪の間には、汚れやニオイの元、角質がごっそりと溜まっているのです。しかし爪の間まで手で洗うのは難しく、実はきちんと洗えていない人がほとんどです。

⑥洗い流したら終了です。

洗った気はやめてポイントを押さえ、日々清潔な足をキープしましょう!

素足で靴を履くなら角質ケアは必須!

毎日の足の洗い方をマスターしたら、週に2~3度は角質ケアをしましょう。特に素足でパンプスを履きたい人は必須です。素足でパンプスを履いて靴を脱いだ時、消しゴムのカスのような黒っぽいものが靴の中敷きにへばり付いていることがあります。これは角質です。通称「足グソ」と呼ばれ決して美しいものではありません。これは定期的な角質ケアを行うことで解消されます。夏の角質ケアは踵や硬くなったところだけでなく、土踏まずを含めた「足の裏全体」をケアするようにしてください。
パンプスを脱いだ時に靴の中が汚れていたら、せっかくスタイリッシュな「素足にパンプス」コーデが台無しです。汗をかく暑い夏は、清潔感第一を目指しましょう!








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント