髪の毛がパサパサで広がる・・・ボリュームを抑えてツヤツヤ髪に&ツヤツヤネイルの作り方 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

つややかで、美しい髪の毛って憧れますよね。ツヤツヤな髪の毛はお手入れが行き届いている感じがして、ストレートでラフなスタイルにしてもしっかり決まります。ですがヘアカラーを繰り返したり、日頃のヘアケアや生活習慣のせいでパサパサになりやすいですし、秋冬は特に乾燥して髪の毛が広がりやすくなります。髪の毛のパサパサを改善し、ツヤツヤでまとまりやすくするにはどうしたらよいのでしょうか?今回の記事では髪の毛のパサパサが気になる人向けにおすすめのケア方法や、爪をツヤツヤにする方法をご紹介します!

髪の毛がパサパサに・・・!原因は?

人の雰囲気や印象は顔や服だけで決まりません。髪も重要なパーツです。例えば前髪をおろしているか、分けて流しているかでその人の雰囲気ががらっと変わりますよね。髪型だけでなく、ツヤがあるかないかでも印象が変わります。乾燥していてパサパサ、クセやうねりが出て広がっていると、スタイリングをしていてもなんだかケアがされていないような見た目になってしまうのです。まずは髪の毛がパサパサになる原因を知りましょう!

ヘアカラーやパーマが原因

繰り返すヘアカラーやパーマが原因で、髪の毛が乾燥しパサパサになってしまうことがあります。髪の毛は1本1本が「キューティクル」という鱗のように重なっているものに包まれています。ヘアカラーやパーマをするときは薬剤がキューティクルを開いて隙間をつくり、そこへ色素やパーマ液を浸透させていくのです。キューティクルは閉じた状態で重なっていれば髪の毛がツヤツヤに見えますが、ヘアカラーやパーマを繰り返すとキューティクルが閉じずに開いたままになります。その結果ツヤがなくなり、手触りもパサパサ感が強くなってしまいます。

紫外線が原因

紫外線はお肌だけでなく、髪の毛にもダメージを与えます。肌と同じように髪の毛も紫外線によって日焼けしてしまうのです。髪の毛が日焼けすると、キューティクルが傷み、ツヤが失われてしまいます。

シャンプーが原因

シャンプーには様々な種類があり、その中には洗浄力の強いものが売られています。シャンプーの洗浄力は強ければ強いほど髪の毛がきれいに保てるのでは?と思いますよね。しかし強すぎると髪の毛にダメージを与える原因になります。特にスーパーやドラッグストアで安価で購入できるシャンプーは、洗浄力が強いものがたくさんあります。シャンプーのせいで髪の毛が乾燥してパサパサになりやすいだけでなく、洗浄力が強いと地肌も乾燥しやすくなるので、これから生えてくる髪の毛に悪影響を及ぼすかもしれません。

この他にも、産後にホルモンバランスが変わった関係で髪質が変化し、パサつきが出てしまう人もいます。

髪の毛のパサパサを改善する方法とは?

髪の毛のパサパサ感を改善し、ツヤツヤできれいにする方法はどんなものがあるのでしょうか?以下でご紹介します!







シャンプーを変える

ダメージを受けてパサパサになってしまった髪を、しっかりケアできるシャンプーに変えてみましょう。髪のダメージに対して栄養を与える成分の「ケラチン」や、保湿成分となる天然由来のオイル(アルガンオイルなど)、水分量を保つために使われる「アミノ酸」などが入っているシャンプーがおすすめです。シャンプーの裏側に記されている成分表を見て、上記のような成分が入っているかチェックしてください。成分表は基本的に左側に書いてあるものほど配合量が多いです。上記の成分が最後の方に書いてあるシャンプーは、ケア成分が少なめのものと考えましょう。そして様々なシャンプーを見比べて購入したらしっかり使い切り、髪の毛のツヤ感や手触りを確認してみてください。なんとなく途中で使わなくなってしまうと、髪の毛とシャンプーの相性がわからないままなので、基本的に使い切るのがベストです。ただしシャンプーを変えたことで頭皮や顔が荒れたり、毎日洗っているのに皮脂が出てきてベタベタ感が強いというときは、洗浄成分によって頭皮が傷ついたり、乾燥して皮脂が余計に分泌されている可能性があります。異常を感じたらすぐに使うのをやめましょう。

トリートメントを使う

日頃使っているシャンプー、コンディショナーだけではケアが足りていないのかもしれません。コンディショナーは髪の毛の傷みをケアするというよりも、髪の毛をコーティングして保護する物なので、蓄積されたダメージを改善するのは難しいです。そこでトリートメントを使い、お家でケアしてみてはいかがでしょうか。トリートメントには髪の毛の栄養となる成分が多く含まれています。その分少量で価格が高めの商品が多いのですが、商品によっては1週間に1度使うだけでもOKというトリートメントがあります。いつものヘアケアにプラスするだけでツヤ感がアップできるのでぜひ試してみてください。トリートメントの使い方は商品によって異なりますが、髪にトリートメントをつけたあと、ヘアキャップや蒸しタオルを巻いて5分ほどおくとより浸透しやすくなりますよ。

ヘアオイルを使う

ヘアオイルは髪の毛を保湿し、ツヤをプラスするアイテムです。まずは髪を洗い、タオルで水分を拭き取ったあと、ドライヤーで乾かす前に使いましょう。ヘアオイルを使う量は髪の長さによって異なります。多すぎるとベタベタしてしまうので、まずは少なめで使ってみてください。ヘアオイルを手のひらに広げたら、最初に毛先から塗っていきます。根元に向かって塗るのではなく、毛先に向かって一定方向で塗りましょう。その後は地肌に触れないように、手ぐしで髪全体をほぐすように塗っていきましょう。塗り終わったらドライヤーで乾かせば、ヘアオイルでのケアが完了です。

・ヘアオイルはスタイリングにも使える
コテやヘアアイロンを頻繁に使うと、熱で髪の毛がバシバシになって気になるという人が多いのではないでしょうか。ヘアオイルはコテやアイロンの前に塗ると髪を熱ダメージから守ってくれる効果も期待できます。毛先を中心に少なめの量をつけてから、コテやアイロンを通しましょう。

即効性は美容室のトリートメントが◎

ツヤツヤの髪の毛をすぐに手に入れたい、という人は美容室でトリートメントをしてもらいましょう。美容室によってトリートメントの種類は異なりますが、まずは「しっとりとしたさわり心地にしたい」「サラサラな髪の毛にしたい」「ボリュームアップしたい」など要望を美容師に伝えましょう。なりたい髪質に合ったトリートメントを施術してくれますよ。



お家でのケアと美容室でのケア、どちらも定期的に行なうことでパサパサを回避し、ツヤのある髪の毛にすることができます。日頃のケアにひと手間加えて、きれいな髪の毛を維持していきましょう!

爪のケアでツヤツヤの素爪美人に

マニキュアやジェルネイルをしなくても、ネイルケアだけでツヤツヤの爪を手に入れることができます。今回はツヤ重視の仕上がりにするためのネイルケア方法をご紹介します!

爪磨きで光沢を出す

爪磨き(シャイナーとも言います)を使うことで、爪を研磨しツヤのある表面に仕上がります。まずはシャイナーを使う前に、少し目の荒い爪磨き(バッファーとも言います)を使って、爪表面の小さな傷や軽い凹凸を整えましょう。その後シャイナーを使って表面に光沢を出しましょう。バッファーもシャイナーも使いすぎると爪が薄くなるので、少しずつ磨いてくださいね。

ネイルオイルで保湿とツヤをプラス

手元のケアのためにハンドクリームを使っている人は多いですが、ネイルオイルも併用している人は少ないようです。ハンドクリームを塗る前に、ネイルオイルを爪の根元中心に塗ってみましょう。甘皮周りが柔らかくなり、健康的な爪が生えてくる可能性が高まります。シャイナー後にネイルオイルを使うことでツヤ感もアップできますよ。

ネイルケアもヘアケアと同じように、いつものケアにプラスするだけでOKです!素爪の美しさは手元全体の美しさにつながるので、ぜひ試してみてくださいね。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント