妊娠中のジェルネイルは影響あるの?気をつけたいネイルとお肌のトラブル | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

妊娠すると、女性の体にはさまざまな体調の変化が起こります。これは、出産に向けてお腹の中の赤ちゃんを育てるために、女性ホルモンのバランスが変化しているためです。ホルモンの影響によって肌質が変わったり、敏感肌に変わってしまうという妊婦さんは多いものです。敏感肌のトラブルに悩まされることがあっても、これは妊娠中の一時的な症状なので前向きにとらえるようにしてくださいね!今回の記事では、妊娠中の肌トラブルや、敏感肌の対策についてご紹介します。そして、普段からネイルをしている人なら、妊娠中でもネイルを続けたい!と思う方も多いはず。ですがジェルネイルやマニキュアは、妊婦さんやお腹の赤ちゃんに影響を与えることはあるのでしょうか?また、妊娠中もネイルを続けていいのでしょうか?そんな疑問についても解説してまいります。

妊娠中にはなぜ敏感肌に変わりやすいの?

妊娠中は、なぜ敏感肌に変わる女性が多いのでしょうか?女性の体ではエストロゲン、プロゲステロンという女性ホルモンがバランスを保ちながら分泌されており、生理や妊娠・出産に作用しています。これらの女性ホルモンは、妊娠によって急激に分泌量が変化します。もともと女性ホルモンには、肌の機能を健やかに保ったり皮脂を分泌させる作用がありますが、妊娠によってホルモンバランスが変化するため、肌の調子もそれまでと変わりやすくなってしまうのです。そのため妊娠中は、肌が乾燥しやすくなったり、肌の内部の水分と油分のバランスが悪くなって、肌のバリア機能が低下するといったことが起こりがちです。

肌にどんなトラブルが起こりやすいの?

妊娠中に敏感肌になってしまうと、それまでなんともなかった刺激に肌が反応しやすくなり、使っていた化粧品が合わなくなったり、湿疹が出やすくなるなどのトラブルが起こりやすいです。また顔だけでなく、お腹や手足なども乾燥して過敏になり、かさつき、かゆみ、衣類によるチクチクした刺激などを感じるようにもなります。もともと敏感肌だった人や、アトピー性皮膚炎だった人が妊娠すると、症状がひどくなることも。さらに、妊娠中に一番気を付けなければいけないのが「妊娠線」。妊娠線とは、お腹が大きくなる妊娠4ヶ月あたりから出始める赤紫色の線状斑のこと。お腹が大きくなると、当然皮膚も急激に伸ばされるのですが、表皮は柔軟性があるのに対して、真皮や皮下組織の一部は伸びにくいため、このような肌トラブルが起こります。乾燥肌や肌が弱い方ほど出来やすい傾向にあるので、きちんと妊娠線ケアすることが大切です。妊娠線は、一年くらいで赤紫色から白色に変化して目立たなくなりますが、一度出来てしまうと完全に消えることはないので注意しましょう!







妊娠中の敏感肌の対策法

妊娠中の体調には個人差がありますので肌の調子が悪くなる人もいれば、あまり変わらない人、逆に調子が良くなる人もいるようです。人それぞれの肌質の状態が異なりますのでまずは自分の肌の状態にあったスキンケアをとるように心がけてください。妊娠して肌質に変化を感じたら、それまでの化粧品よりもマイルドなタイプに切り替えるのがオススメ!妊娠中の肌はデリケートなので肌に刺激の少ない化粧品を選びましょう。マッサージやピーリングなどの刺激のあるスペシャルケアは、肌が敏感な妊娠中は避けたほうが良いでしょう。また、新陳代謝が活発になっているので肌を清潔にするように心がけ、しっかり保湿しておきましょう。顔だけでなくお腹や全身にきちんと保湿ケアをすることで、妊娠線の予防にもなります。また、肌のケアに加えて体調を安定させることも大切。睡眠をしっかりとって栄養バランスの良い食事を心がけるようにしてくださいね!

妊娠中ってジェルネイル・マニキュアをしてもいいの?

ジェルネイルは様々なデザインやカラーが楽しめて、爪がコーティングされ丈夫になるので、続けている人も多いですよね。また普段からネイルができない人は、おしゃれをしたいときや、ちょっとした気分転換にマニキュアを塗ることがあるのではないでしょうか。では、妊娠中でもジェルネイルやマニキュアを続けてよいのでしょうか?まず、ジェルネイルの液やマニキュア液は、妊娠中の体やお腹の赤ちゃんに悪影響を与えるといったことは、具体的に研究されていないのが現状です。ですが、ジェルネイルやマニキュアは樹脂や化学薬品でできており、爪は皮膚呼吸をしていない、死んだ細胞のかたまりです。つまり爪からネイルの成分を体内に吸収することはなく、胎児の生育に悪影響を与えることはないと考えるのが一般的なのです。

妊娠中のネイルはおすすめできません

上記のように、妊娠中でもジェルネイルやマニキュアをすること自体は問題ありません。ですがどんなにネイルを続けたくても、以下のような理由があるので、あまりおすすめはできないのです。

①つわりでニオイが気になりやすい
妊娠初期におこるつわりで、吐き気やニオイに敏感になる妊婦さんは多いです。ジェルネイルの場合、ジェル液自体に強いニオイはないものの、オフする時の溶剤である「アセトン」は強い刺激臭がします。またマニキュアも、塗っている時に独特なツンとしたニオイがしますよね。以前は気にならなかったこれらのニオイも、妊娠中は過敏に反応して気持ち悪くなってしまうかもしれません。

②ネイル中の体勢がつらい
ネイルサロンで施術してもらう時や、セルフでネイルをしている時は、座りっぱなしで、長時間同じ体勢になりますよね。妊娠中の座りっぱなしは、代謝が悪くなって、腰や足、お尻などが痛くなりやすいです。また座りっぱなしは「血栓症」という、血の塊ができて血管に詰まる病気にもなりやすいので、同じ体勢がしばらく続くネイルは、妊婦さんにおすすめできないのです。

③妊娠20週頃にはネイルをストップ
爪は健康のバロメーターと言われています。医師は爪を見て、妊婦さんの体調を確認することもあるのです。そのため出産が近づく20~30週頃には、医師からネイルをやめるように言われることが多いようです。また新型コロナウイルスの感染拡大で、一躍有名になった「パルスオキシメーター」という測定器は、指先に挟むことで動脈酸素飽和度を計測します。しかしこのパルスオキシメーターは、ジェルネイルやマニキュアをしていると正確に測れないのです。いざという時に正しい数値が測れなくなってしまうので、ネイルをするのは妊娠20週目くらいがギリギリと考えましょう。

つわりや妊娠の経過は人によってかなり個人差があります。「自分は大丈夫!」と思っていても、急に除光液やマニキュアのニオイが受け付けなくなることもあるのです。また医師によっては「妊娠がわかった時点でネイルはNG」「妊娠30周目まではネイルOK」というように、考え方が異なるので、まずは担当医に相談してみましょう。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント