赤い振袖に似合うシンプルネイルは?振袖の色別に似合うカラーを紹介 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

※本サイト内では一部プロモーションが含まれます

成人になった事をお祝いする「成人式」。一生に一度のお祝い事なので、振袖を用意したり特に女性にとってはとても大事な、一大イベントのひとつですよね。

また、結婚式のお呼ばれで未婚の女性は振袖を着る機会もあるかもしれません。
普段はネイルをしない方でも、「この日だけは指先まで抜かりなくコーディネートしたい!」と思う方も多いと思います。

でも、振袖などの和装は普段の服装と全く別物で「自分が着る振袖に合うネイルの色って何色?」と迷ってしまいますよね。

この記事では、振袖の色別に似合うネイルカラーをご紹介します。

振袖の色別!似合うネイルカラー

振袖に使われる色は、普段よりも「和」の要素が強かったり、色味自体が「赤」や「黒」など主張が強い色味が多いですよね。
また、同じ色でも柄によって印象がずいぶん変わったりもします。

いつもの服装に合わせたネイルだと「なんだか合わない」「指先が貧相に見えてしまう」と感じることも多々あります。

難しそうに思える振袖の色に合わせたネイルの色選びですが、
基本的には振袖の色味と同系色の色味を選べば、浮いてしまうこともなく馴染んでくれます。

赤の振袖には赤やピンク系

赤の振袖は王道とも言うべき代表的な色です。とても華やかで明るい色のため、肌を白く美しく見せてくれる色ですね。

そんな赤に合うネイルカラーはやはり同系色の赤がベスト。
赤をベースにゴールドを差し色として使うと、和風のイメージになり華やかさもプラスされておすすめです。

ネイルに赤を使うことに抵抗がある、手元はもう少しおとなしめがいいという方は、ピンク系を選んでも大丈夫です。

ピンクの振袖には薄いピンクやベージュ

女性らしい、優しく柔らかいイメージのピンクの振袖におすすめの色は「薄いピンクやベージュ」です。

指先が振袖よりも派手に浮いてしまわないよう、振袖の色と同系色か肌なじみのいいベージュ系の色味が合わせやすいでしょう。

振袖に使われている模様や花をネイルにもデザインすると、地味にならず上品に仕上がります。

青系の振袖には青、ネイビー、ホワイト

落ち着いたクールで知的な印象を与える青色の振袖には「青・ネイビー・ホワイト」が似合います。

青やネイビーは普段ネイルで使うことがあまりないかもしれません。
指先に寒色系の色を塗ることに抵抗がある方は、フレンチネイルやグラデーションにして色の分量を調整してもOKです。

また青とホワイト、ネイビーとホワイトの相性はとても良いので、ホワイトをうまく使うこともおすすめです。

緑は濃淡で印象が変わる

赤系やピンク系と違い、人と被ることが少ないグリーン系の振袖は、最近人気が高まっています。

一口に「緑」と言っても、黒に近い位のモスグリーンや、明るいエメラルドグリーンなど色味によっても見た目の印象や合うネイルの色も変わってきます。

全面に緑を塗るというよりは、白やシルバーをベースに振袖と同じ色味の緑を差し色にすると良いでしょう。

橙・黄色系の振袖にはパステルな同色系

橙や黄色系の振袖はフレッシュで若々しい印象だったり、からし色のような少し落ち着いた色味だと、モダンな印象も与える色味です。

黄色系統の中でも、柔らかい色味の振袖には「同系色のパステルカラー」がおすすめです。
ピンク系とも相性が良いので、かわいらしい印象にしたい場合はぜひピンクを取り入れてみてください。

からし色・山吹色のような個性的な色味の振袖には、同じ系統の色味をベースに黒や赤、深緑などを差し色に使うとモダンなデザインになります。

紫系は色の濃淡に合わせた色

紫色は、昔から「高貴な色」とされており、落ち着いた印象や上品さを印象づける色です。

黒のような濃い紫ほど大人っぽい雰囲気になり、逆にパステルカラーのパープルになると若さと華やかさが印象づけられます。

ネイルも、振袖の色の濃淡に合わせて色味を選ぶことをおすすめします。
濃い紫であればゴールド、淡い紫色であればピンクが相性が良いので、グラデーションで指先に変化をつけてみてはいかがでしょうか。

黒系の振袖にはモノクロやラメ

華やかな赤系の振袖が多い中で、落ち着いた黒系の振袖はそれだけで注目度が高まりますよね。

「人と被るのはイヤ」「振袖を着ても個性を出したい」そんな方は黒色の振袖に心惹かれるかもしれません。

ネイルも同じモノクロ系やラメで、振袖に負けない華やかでありつつも大人っぽいデザインをおすすめします。
赤やゴールドを使用するとより華やかで、黒の振袖に似合う和テイストに仕上げられますよ。







ネイルの方法はどうする?

カラーやデザインが決まったら、「ジェルネイル・マニキュア・ネイルチップ」のどれにするかも考えましょう。

各方法によって施術するベストのタイミングが異なります。ご自身の好み、生活環境やお仕事などによって最適なものを選びます。

特にネイルサロンで施術する場合は、余裕をもって予約を入れるようにしましょう。

ジェルネイル

長期間ネイルを楽しみたい、カラーが剥げたりストーンなどが取れたりする心配をしたくない、という方はジェルネイルがおすすめです。

ツヤツヤ感が続くのもジェルならではですよね。ネイルサロンでつけてもらうなら1週間前~前日までに施術してもらうのがベスト。

マニキュア

手軽にオフができる方がいい、仕事などで長期間ネイルをすることができないなど制約がある方はマニキュアがおすすめです。

時間の経過によりカラーが剥がれたりすることもあるので、セルフでもネイルサロンでも2日~前日の施術がよいでしょう。

また、乾くのに時間がかかるのでその時間も加味して予定を立てておきましょう。

ネイルチップ

振袖に合わせたデザインのネイルを記念に取っておきたいという方はネイルチップがおすすめです。

普段ネイルができない方も当日つけて外すことができるので、華やかなデザインや長さを楽しむことも可能です。

ネイルサロンで作製してもらう際は、爪ひとつひとつの形に合わせて作るため、どのくらいの期間が必要か事前に確認することが大切です。

まとめ

今回は振袖に合うネイルカラーについてご紹介しましたが、ネイルカラーやデザインを自分で考えるのが難しい場合は、ネイルサロンでプロに相談・施術をお任せするのもおすすめです。

せっかくの振袖を着る機会、ヘアメイクはもちろんネイルもトータルコーディネートで華やかに彩ってみてはいかがでしょうか。







おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター

「ネイルhack」のランキング

一週間で人気のあった記事ランキング

ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • facebook
  • x

公式アカウント