プロおすすめのジェルネイル用ライトを紹介【初心者~上級者向けまで】 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

※本サイト内では一部プロモーションが含まれます

最近は、セルフジェルネイルを楽しまれる方が増えてきましたよね。空いた時間にできて、サロンに行くお金も節約できるので大人気です。

セルフジェルネイルを楽しむ中で、「ジェルネイルライトを本格的なものに買い替えたいけれど、どれがおすすめ?」「セルフ用のライトとプロ用のライトは何が違うの?」など、ジェルネイルライトに関する情報が欲しい時もあると思います。

そこで今回は、ジェルネイルライトを買う時にチェックしたいポイントや、プロのネイリストがおすすめするジェルネイルライト7選をご紹介!

新しいジェルネイルライトを購入する際は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ジェルネイルライトを買う時はここをチェック

ジェルネイルライトのイメージ画像

まずは、ジェルネイルライトを買う時におさえておきたいポイントをチェックしていきましょう。基本的にジェルネイルライトは、ワット数や波長、機能を見て選べば安心なので、詳しく解説していきます。

「何を基準に選べば良いか分からない…」という方は、これからご紹介する6つのポイントを意識してみてくださいね。

ワット数は16ワット以上がおすすめ

ジェルネイルライトのイメージ画像

ジェルネイルライトには、様々なワット数の商品が販売されていますが、基本的には16W以上のものを選ぶことをおすすめします。これは、ワット数が低めのライトを使用することにより、ジェルの硬化不良が起こる場合があるためです。特にジェルを安定して硬化させるためには、36〜48Wのジェルネイルライトを選ぶと安心ですよ。

また、気になる”セルフ用とプロ用のジェルネイルライトの違い”は、このワット数にあります。

セルフ用や初心者さん向けの入門セットとして販売されているライトは、6W〜16Wほどのワット数であることに対し、プロ用のライトはワット数が高めの36W以上であることがほとんどです。

波長が合っているかを確認

ジェルネイルライトのイメージ画像

使用するジェルと波長が合っているかを確認してから、ジェルネイルライトを選ぶことも重要なポイントです。

UVライトは波長が約350〜400nmの紫外線で硬化し、LEDライトは約385~415nmの可視光線で硬化します。ジェルは種類によって硬化する波長が決まっているため、使用するジェルが硬化できる波長かどうかを必ずチェックしましょう。

なお、​​ハイブリットタイプのジェルネイルライトは、UVとLEDの両方の波長が出るライトです。現在はLEDライトが主流になっていますが、UVライトで硬化するジェルをお持ちの方もいらっしゃると思います。その為、どちらにも対応できるハイブリットタイプのライトであれば、より幅広いジェルを使用することができるので便利です。

タイマー付きが便利

ジェルネイルライトのイメージ画像

セルフジェルネイルをおこなう上で、ライトにタイマーが付いていると、とても便利なのでおすすめです。

タイマーの種類や秒数はメーカーによって異なりますが、30秒・60秒があると使い勝手が良いと思います。さらに、ストーンやパーツなどでアートを施す機会が多い方は、仮硬化に便利な10〜15秒のタイマーもあると、使いやすさが増しますよ。

また、タイマーはモニター付きのものが、より便利に使えるのでおすすめです。残りの硬化秒数がひと目で分かるので、施術もスムーズにおこなえます。

ローヒートモードで硬化熱対策

ジェルネイルライトのイメージ画像

ワット数が高めのジェルネイルライトは、安定してジェルを硬化できることがメリット。けれどその分、爪が薄い方は硬化熱によって、熱さを感じてしまうことがあります。また、厚めにジェルを塗布した時にも熱を感じやすく、ライトに入れ続けることが困難な場合も…。

そのような状況を避ける為にも、ジェルネイルライトにローヒートモード機能が付いていると安心です。ローヒートモードは、ゆるやかに温度を上げてジェルを硬化させるので、硬化熱を軽減させることができます。

現時点では爪が薄くなく、ライトで硬化熱を感じないという方でも、セルフジェルネイルを続けていく中で、オフなどにより爪が薄くなってしまうこともあるかもしれません。その為、ローヒートモード搭載のジェルネイルライトを選ぶことも、大切なポイントです。

据え置きタイプが安心

据え置きタイプのライトのイメージ画像

ジェルネイルライトには、様々な形状の商品が販売されていますよね。基本的には、片手をまとめて硬化できる、据え置きでドーム型のライトが使いやすく便利なのでおすすめ。

ハンディタイプや折りたたみ式のものはライトが小さく、片手をまとめて硬化しにくいことが多いのです。結果、全ての爪の硬化が終わるまでに時間がかかってしまうので、あまりおすすめできません。

もちろん、ハンディタイプや折りたたみ式のジェルネイルライトにも良い点はあります。コンパクトで収納がしやすい点や、1本だけのお直しでサクッと使いたい時には活躍してくれるんです。また、仮硬化の際にも使うことができますよ。

センサー付きでより楽ちんに

ジェルネイルライトのイメージ画像

新しくジェルネイルライトを買い換えるなら、センサー付きのものが断然おすすめです。手を入れるだけでライトが自動点灯してくれるので、硬化の度にスイッチを押す必要がなく、とにかく楽ちんなのが良いところ!

センサーがあることでサクサクとジェルネイルの工程が進められるので、ノンストレス&楽しくセルフジェルネイルができますよ。

プロのネイリストおすすめ!ジェルネイルライトを紹介

ジェルネイルライトのイメージ画像

ここからは、プロネイリストが自信を持っておすすめできる、人気のジェルネイルライト7選をご紹介していきます。

セルフネイラーさん向けのものから、プロのネイリストも愛用するプロフェッショナル向けのものまで幅広く選んでいるので、きっとあなたに合ったジェルネイルライトが見つかるはずです!

1.La Curie LED & UV ネイルライト

La Curieの「LED & UV ネイルライト」は、LEDランプが24個配置され、48Wの秒速硬化が叶います。低ヒートモード搭載なので、手肌の負担も少なくて安心。

また、10秒・30秒・60秒のタイマーと、施術時間がひと目で分かる液晶モニター付きなので便利です。さらに、赤外線感知自動センサー付きなので、スイッチを毎回押す必要もありません。

肌のことを想って設計されており、手の甲に近い部分にはライトを配置していないことも、うれしいポイントです。しかも、これだけの機能が揃っているのに、お手頃価格!

機能性も良くて、お財布にも優しいジェルネイルライトをお探しの方には、特におすすめの商品ですよ。

2.タカラネイル UV/LEDネイルライト 48W/24W

タカラネイルの「 UV/LEDネイルライト 48W/24W」は、自動感知センサー付きの高速硬化が魅力。底板がないため、上から被せて使えるのでフットネイルにも便利です。

48Wと24Wの切替が可能なので、高速硬化とローヒートを両用することもできますよ。10秒・30秒・60秒・90秒のタイマー付きなので、用途に合わせて使えるのも良いですね。

シンプルかつスタイリッシュな角型デザインなので、ライトの上にパーツやホログラムなどの、ちょっとしたアイテムを置いて作業することもできます。

3.KOKOIST インフィニティLED&UVライト

KOKOISTの「インフィニティLED&UVライト」は、プロのネイリストも愛用するジェルネイルライト。セルフネイラーだけれども、ぜひプロ用のライトを使ってみたいという方におすすめの商品です。

ワット数は36Wで、LED/UV両方の波長を持つ光が特徴。10秒・20秒・30秒のタイマーがデジタル表示されるので、残りの硬化時間も確認しやすいですよ。

また、内部にセンサーが搭載されているので、手を入れると自動点灯してくれることもポイント。LED/UVの切り替えや、ライトの交換も不要なので楽ちんです。さらに、10秒ボタンを長押しすることで、サウンドオフにできる消音機能も付いていますよ。

4.Bonnail LED&UVコードレスライト

Bonnailの「LED&UVコードレスライト」は、便利な軽量コードレスタイプのライト。ワット数は、ハイパワーな54Wです。充電3時間で、約7〜10時間も使用できますよ。USBポートが2つ付いているので、スマホの充電やマシーンなどと接続可能です。

タイマーは30秒・60秒・99秒で、硬化熱軽減措置も搭載されているので、爪が薄い方でも安心。デジタル表示や自動センサーも付いていて、機能性もバッチリです。底板が取り外せるので、フットでも使いやすくて便利なところもポイントです。

コードレスタイプなので、場所を選ばずにジェルネイルを楽しみたい方におすすめ!

5.ビューティーネイラー UV/LED ミックスライト ULM-1

ビューティーネイラー の「UV/LED ミックスライト ULM-1」は、お手入れしやすいマグネット反射板のネイルライトです。

ハイパワーで硬化させたい時は48W、やさしく硬化させたい時は24Wと、使い分けることも可能です。5秒・30秒・60秒のタイマー付きで、自動センサー機能も搭載されていますよ。

また、ビューティーネイラーはプロも愛用するメーカーでありながら、お手頃価格なこともポイントです。「プロ用のライトが欲しいけれど、あまりお高いのはちょっと…」という方は、ぜひ検討してみてくださいね。

6.プチトル ネイリストmika.コラボ UV/LEDネイルライト

「プチトル×ネイリストmika. UV/LEDネイルライト」は、ネイル系YouTuber人気No.1の橋本実花さんと、ネイル用品ブランド「プチトル」がコラボした商品。

合計36個、最大48Wのチップ型LEDが搭載されていて、波長は365nm〜405nmとカバー率が高いことが特徴です。

30秒・60秒・120秒のタイマーと、残り時間が分かりやすいディスプレイ付きなのも◎。また、低出力(ローヒート)モードを搭載しており、硬化時の急激な発熱を抑えてくれるので安心して使えますよ。さらに、自動センサーも付いているので便利。

人気ランキングサイトでも1位を獲得したという、実力派ジェルネイルライトです!

7.シャイニージェル クレッシェンド ハイブリット コードレス

シャイニージェルの「クレッシェンド ハイブリット コードレス」は、プロ用の本格的なライト。コードレスなので、場所にとらわれずに使用できますよ。UVとLEDの2種類が同時に放出されるハイブリッドモデルで、ライトの交換が不要なのも良い点です。

タイマーは15秒・30秒・35秒の3種類で、35秒を使用すると硬化熱が軽減されます。便利な自動感知センサー搭載で、センサーのオンオフ切り替えもできるので操作性が良いです。

さらに、フットネイルがしやすいスタンド付きなので、足の出し入れがスムーズな高さにすることができるのもポイント。

プロ用のライトでありながら、セルフネイラーさんでも使いやすい設計が魅力です。







まとめ

ジェルネイルライトのイメージ画像

今回の記事では、ジェルネイルライトを買う時にチェックしたいポイントや、プロおすすめのジェルネイルライトをご紹介しました。

初心者さん向けのものから、上級者さん向けのものまで幅広くお届けしましたが、お気に入りのライトと出会うキッカケになればうれしいです。

はじめに解説した通り、ワット数や波長、ローヒートモードなどの機能性を見ることはもちろん大切ですが、ライトを清潔に保つために、お手入れのしやすさも意識してみると良いですよ。

また、ネイル好きの皆様には、おしゃれさんが多いと思います。機能性だけではなく、デザイン性も重視して選んでみると、ネイルをしている時の気分が高まるのでおすすめです!







おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター

「ネイルhack」のランキング

一週間で人気のあった記事ランキング

ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • facebook
  • x

公式アカウント