シャワージェルとボディソープの違いは?お風呂でついでにネイルケア! | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

寒い外から帰ってきた後のお風呂は最高ですよね。お気に入りのボディソープの香りに癒されながら身体をきれいに洗えば、一日の疲れやストレスも一緒にスッキリです!そんなお風呂タイムに欠かすことのできないボディソープですが、買い替える時に疑問を抱いたことはありませんか?それはボトルにシャワージェルと記載されているものがあるということです。シャワージェルはカラフルでかわいく良い香りのものが多いので、バスアイテムとして大変人気があります。しかしこのシャワージェルはボディソープと一体何が違うのでしょうか。どちらにしても身体を洗うためのものに違いないのですが、シャワージェルとボディソープ、どちらが良いのか悩みますよね。そして湯船に浸かってのリラックスタイムでは、乾燥して硬くなった手足の甘皮もフヤフヤの状態になっています。これは絶好のケアチャンスです!今回はシャワージェルとボディソープの違いと、お風呂タイムのついでにできるネイルケアのやり方をご紹介します。良い香りに癒されながら、ついでに甘皮のケアもしてしまいましょう!

シャワージェルってどんなもの?

売り場に並んでいるかわいいシャワージェルを見て「シャワージェルって多分ボディソープのことだよね・・・?」と何となく疑問を抱きながら、買って帰った経験のある方も多いと思います。シャワージェルとは一体何なのかを知り 、自信をもって使えるようになりましょう。

シャワージェルの特徴

シャワージェルはボディソープと同じ液体石鹸の一種で 、身体を洗うために使います。また大きな特徴として、バスタブに直接入れることで簡単に泡風呂にすることができます。シャワージェルのテクスチャーは固めで液だれしにくく、色が付いているものが多いです。カラフルでかわいく、香水メーカーや高級ブランドからも香水と同じ香りのシャワージェルが発売されているため、プレゼントにも喜ばれます。またシャワージェルにはオイル系の保湿成分が配合されているため 、洗い上がりの肌をしっとりとなめらかにします。

シャワージェルの使い方

シャワージェルの使い方は二通りあります。一つはボディソープと同じように泡を立てて身体を洗う方法、そしてもう一つは入浴剤として泡風呂にする方法です。ではどのようにして泡風呂にするのかをお伝えしますね。

泡風呂のやり方…お湯を張ったバスタブに普段使っているボディソープの量の倍は入れましょう。よくかき回し、強めのシャワーをお湯にあてると泡が立ってきます。これでは泡の量が物足りないと感じる方は、お湯を張る前のバスタブに、先にシャワージェルを入れてしまいます。そして勢いよく蛇口からお湯を出すか、シャワーをあてます。するとよりキメ細かい泡がモコモコと立ってきます。良い香りに包まれながら泡風呂に入るなんて、なんだか贅沢で夢がありますよね!

シャワージェルとボディソープの違い

では、シャワージェルも液体石鹼ということですが、泡風呂にできることの他に何かボディソープとの違いがあるのでしょうか?一つずつ見ていきましょう。







・保湿力の差…ボディソープは身体を洗うためのものとして作られているので、洗浄力が高めで、身体を洗った後はさっぱりとします。逆にシャワージェルは入浴剤にもなるように、洗浄力は弱めですが、保湿成分が入っているので、人によっては洗い上がりにぬめりを感じるかもしれません。

・香り…ボディソープは洗浄を重視しているので、誰もが受け入れられる香りが多く、種類も少ないです。また香りの持続はありません。逆にシャワージェルは香りを重視しています。そのため香りの種類も多く持続力もあるので、苦手な香りがあるかもしれません。テスターで匂いを確認してから購入することをおすすめします。

シャワージェルとボディソープはどちらも身体を洗うものですが、香りの持続を重視しマイルドな洗い上がりが好きな方はシャワージェルを、香りも残さずお風呂上りはスッキリさっぱりさせたい人はボディソープを選びましょう!

お風呂タイムのついでにネイルケア

心も身体も温かなお風呂タイムは、肌が最高に柔らかくなっている時ですよね!バスタブに浸かりしばらくボーっとした後は、甘皮ケアのチャンスです。入浴中は本当に肌が柔らかいため、ネイルケアの道具は一切必要ありません。用意していただきたいのは、綿棒一本です。セルフケア用の道具として、甘皮を押し上げるためのウッドスティックなどをお持ちの方も、お風呂の中では必要ありませんよ!

では綿棒の使い方をお伝えします。

①自分の爪を使って優しく甘皮を押し上げてしまいましょう。かなりアナログなやり方ですが、お湯に浸かって柔らかくなっている甘皮は非常にデリケートな状態です。道具を使うとかえって痛めてしまう恐れがあります。自分の指を使って感覚を加減しながらケアしていくのが、一番安全に甘皮を上げることができます。

②左右の甘皮を押し上げたら、綿棒を使って上げた甘皮の下を優しくなぞっていきましょう。こうすることで、余分な甘皮を取り除くことができます。この時、綿棒は濡れてしまってもかまいません。

③最後に綿棒を使い爪の根元回り全体をくるくると撫でていきましょう。甘皮だけでなく、爪の根元付近には目では確認できないルースキューティクルといわれる薄い角質がこびり付いています。通常、爪表面のルースキューティクルまでケアするのは大変です。しかしお風呂の中であれば、全ての角質がしっかりと柔らかくなっているので、表面を綿棒でこするだけで簡単に除去することができます。

お風呂の中であれば、自分の指と綿棒一本でくすみの取れたきれいな爪にすることができるので、是非お試し下さい!お風呂から出たら、手が乾燥してしまう前にネイルオイルで保湿も忘れないようにしましょう!

まとめ

毎日の癒しの時間であるお風呂。ボディソープでさっぱりとしたり、シャワージェルの香りに癒されたりと、アイテムが増えれば楽しみも倍ですよね!その日の気分で 色々と使いわけ、より一層楽しいお風呂タイムにしてみてはいかがでしょうか。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント