ノンシリコンシャンプーが合わない髪質もある!シャンプーはどう選ぶ?&割れた爪を補修するには? | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

シャンプーって新商品がどんどん発売されるので、たまに違う物を使ってみたくなりますよね!それに最近ドラッグストアやスーパーで売られているシャンプーのほとんどはノンシリコンで、どれを選んでも髪に良さそうなイメージがあります。適当に選んでいたらいつの間にかノンシリコンを使っていたという人もいるのでは?しかしこの「髪に良さそう」というイメージのノンシリコンシャンプーが合わない人や、髪質もあるというのはご存知ですか?自分に合うシャンプーを使うことで、傷んだ髪の毛をしっかり補修できるのです。今回はノンシリコンシャンプーと、シリコン入りのシャンプーはどう選べば良いのかご紹介します!そして補修にちなんで、割れた爪を補修する方法もご紹介します♪

シャンプーはどう選んでますか?

あなたはシャンプーをどうやって選んでますか?ロングセラー商品をずっと使っている人、通っている美容室で買う人、気分転換に色々なメーカーの物を使っている人など、買い方も選び方も様々ですよね。そして「ノンシリコンか、シリコン入りか」という点もシャンプーを選ぶ条件に入っているのではないでしょうか?実は近年ドラッグストアやスーパーで売られているもののほとんどはノンシリコンシャンプーです。また世間的にノンシリコンシャンプーは「髪に良い」というイメージが強いです。筆者も以前は「なんとなく良さそう」というイメージからノンシリコンシャンプーを選んでいました。

シリコン入りは悪い!というわけじゃない

しかし「ノンシリコンのシャンプーはどれも良い」というわけではないですし、反対に「シリコン入りのシャンプーはどれも悪い」ということでもないのです。髪質が良くなるかも、と思ってノンシリコンシャンプーを使っていたのに、良くなるどころかだんだんギシギシしてきた・・・なんてことになる場合もあるのです。ノンシリコンでも、シリコン入りでも、自分の髪質や条件に合うシャンプーを使っていれば、手触りの良い美髪になることは可能です!以下では、シリコンとはどんなものなのか、そしてノンシリコンシャンプーとシリコン入りシャンプーが向いている人や髪質はどんなものがあるのかご紹介します♪







シリコンとは?

シリコンとは成分の総称で、「ジメチコン」「トリシロキサン」といった物質を指します。シリコン自体はファンデーションなど化粧品にも使われている安心な成分です。髪の毛は1本1本がキューティクルという薄い膜に覆われていますが、ヘアカラーや熱などでダメージを受けるとキューティクルがもろくなり、少しずつ剥がれてしまいます。そのため、髪の毛がスカスカになって、手触りもツヤも悪くなってしまいます。そこでシリコンが入っているシャンプーを使えば、もろくなり剥がれてしまったキューティクルの部分にシリコンがくっついてコーティングされるのです。

ノンシリコンのシャンプーって?

シリコンは髪をコーティングする力が強いので、シリコン入りのシャンプーを使い続けるとカラー剤が入りにくくなったり、パーマ液が浸透しにくくなる場合があるようです。また、毛穴に詰まるとフケの原因になりやすく、シリコンは補修力が強い分、うまく使わないと髪や頭皮に悪影響を及ぼす可能性があるのです。ノンシリコンシャンプーはシリコンが配合されていないので、強いコーティング力によってカラーやパーマに影響を与えず、フケになりにくいものが多いのです。

ノンシリコンシャンプーが向いている人

・サラサラの仕上がりになりたい
・ヘアアイロンやコテを殆ど使わない
・髪の毛がふんわりとしてほしい

ノンシリコンシャンプーが合う髪質

髪の毛が細めでトップがペタンとしやすい、いわゆる猫っ毛の人は、ノンシリコンシャンプーを使うことでボリュームをアップすることができます。

ノンシリコンシャンプーは洗い上がりがサラサラのものが多いのが特徴です。これはシリコンが入っていない特徴ですが、その分熱のダメージに弱いものが多いので、ヘアアイロンやコテをあまり使わない場合はおすすめできます。

シリコン入りシャンプーが向いている人

・しっとりとした仕上がりになりたい
・ヘアアイロンやコテを頻繁に使う
・髪の毛にまとまりがほしい

シリコン入りシャンプーが合う髪質

髪の毛が太めで、広がったりゴワゴワしやすい人は、シリコン入りシャンプーを使うことで髪の毛がまとまりやすくなります。

シリコン入りシャンプーはシリコンの効果によって洗い上がりがツルツルになるものが多く、キューティクルがコーティングされます。ヘアアイロンやコテを頻繁に使ってスタイリングする人は、シリコン入りのシャンプーがおすすめです。

割れた爪を補修するには?どんな方法があるの?

指先を思い切りぶつけてしまったときなどに発生するのが爪割れです。割れてしまうと洋服や髪が引っかかったりして痛いですよね。軽く割れているだけなら、自分で補修できるかもしれません。今回は特に自分で補修しやすい2つの方法をご紹介します♪

①ベースコートで補修する

カラーマニキュアの前に、下地として塗るベースコートには「ハードナータイプ」というものがあります。これは爪の色を補正するだけでなく、爪の凹凸を埋めたり、膜を貼って爪を割れにくくする効果が期待できるものです。ちなみにベースコートは軽く割れた爪を強化し、保護するだけでなく、爪にツヤを与えてきれいに見せることもできます♪

②ネイルグルーを使う

深めに割れてしまっている場合は、ベースコートでもカバーしきれないのでネイルグルーという爪専用の接着剤を使いましょう。まずはエタノールなどで爪の油分を拭き取り、爪楊枝などでネイルグルーを少し取って、割れた部分にちょんちょんとのせていきます。ネイルグルーで凹凸を埋めるようにのせましょう。のせ終わったら乾くまで待てば完成です!さらにトップコートでカバーすれば自然になりますよ!

いざというときのために、ベースコートもネイルグルーも持っていて損はありません。困った爪割れもセルフで解決しましょう♪








この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント