手が綺麗なのは遺伝?デリケートな肌は生まれつき?手やお肌の遺伝について知りたい! | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

皆さんは人のどんなところに目が行きますか?「手の綺麗な人が好き!」そんな人もいるのではないでしょうか?実際、手フェチの人はとても多く、手が綺麗な人は好印象で男女問わずモテることがよくあります。では、綺麗な手とはどういう手のことをいうのでしょう。一般的には、スラッと伸びた長い指に、シミやシワのない肌、そして爪の手入れが行き届いているような手を、人は綺麗な手と感じます。美肌のためのケアや爪の手入れは努力でどうにかなりますが、問題は「スラッと伸びた長い指」です。指の長さや爪の形は、持って生まれた遺伝として諦めるしかないのでしょうか。そこで今回は、手の綺麗さは遺伝で決まってしまうのか、そして、好印象で綺麗な手になるための方法についてご紹介します。また、顔などの外見が親から子へ遺伝するように、体質も遺伝します。では、肌はどうでしょうか?実は肌質や肌の弱さなども、同じように遺伝するといわれています。ただし肌質というのは、スキンケアや生活習慣の影響で変化しやすいものなので、どちらかというと、遺伝というよりは後天的に作られることの方が多いようです。長く敏感肌に悩む方の中には、「私は生まれつき敏感肌だわ」と思うこともあるかもしれません。しかしよく思い起こしてみると、敏感肌の原因に何か心当たりがあるものです。今回はデリケートなお肌の遺伝子性についても一緒にご紹介します。

手が綺麗な人は遺伝のおかげ?

手が綺麗な人は清潔感があり、他人にきちんとした印象を与えるなど、プラスの要素が多いです。特に細く長い指は、女性であればより女性らしくエレガントに見え、男性なら大きな手と長い指は、男性らしさと色気を感じモテ要素となります。しかし皆がスラッとした長い指や、大きな手を持っているわけではありません。短く太い指や、手が小さい人など様々で、このような手の人が細く長い指になるのは、残念ながら難しいです。身長と同じで、指の長さや形も骨格で決まってしまうので、短いものを自然に長くすることはできません。そのため、元々指の長い女性や、手の大きな男性はとてもラッキーといえます。ご両親に感謝しましょう!

綺麗な手になる方法

元々指が長くないからといって諦める必要はありません。生まれつき手が綺麗な人は少なく、むしろ稀です。でも手が綺麗だと感じる人は多いですよね。実は基本的な骨格は変えられなくても、手は綺麗に見せることができるのです。以下で、綺麗な手になる方法をお伝えします。

・指が短い場合
爪は深爪にせず長めに残して、肌の色に近いカラーでネイルをしましょう。爪先まで指が延長したように見えるため、指が長く見えます。

・指が太い
爪の形をスクエアや丸型にはせず、先端の尖った「ポイント型」にしましょう。先を尖らせることで、スリム見え効果が得られます。

・何をするにも指は揃える
物を持つ時や何かを指差すとき、またスマホの操作の際など、何をする時でも指と指の間は、できるだけ揃えるようにしましょう。指先が揃っていると、エレガントで女性らしい印象に見えます。

・とにかく保湿
指先までしっとりと潤った肌は美しく透明感があり、清潔感があります。

ちょっとした意識で、手の見え方は大きく変わってきます。手にコンプレックスがある人は、ぜひ試してみてください。







遺伝するトラブル肌とは?

敏感肌と同じように、刺激によって肌に炎症を起こしてしまうのが、アレルギー肌やアトピー性皮膚炎です。これは、アレルギー体質の遺伝が原因になって起こります。アレルギー体質というのは、特定の物質に対して過剰に反応してしまう体質のことです。アレルギー源となる物質が体の中に入ると、免疫が過剰反応して自分の体を攻撃してしまうのがアレルギー反応です。アレルギー体質は比較的高い確率で遺伝するといわれ、ぜんそく、花粉症、アトピー性皮膚炎などの症状が起こりやすくなります。また、原因となる物質が肌に付着したり体内に入ったりすると、アレルギー反応のひとつとして、敏感肌の症状と似た様な、肌の赤み・かゆみ・湿疹などが出る場合もあります。アレルギー体質は完全に治すことはできませんが、アレルギー反応を起こさないようにきちんと治療を受けると、小康状態を保つことができます。

アレルギー体質と敏感肌は違う!

敏感肌の多くは、肌の乾燥、間違ったスキンケア、ストレスなどが原因です。自分でスキンケアや生活習慣の見直しなど、原因に沿ったケアを心がければ、比較的容易に改善が期待できます。しかし、アレルギー体質の場合は専門家の治療が必要で、完治も難しいようです。単なる敏感肌とアレルギー体質というのは、起こる症状は似ていても全く別のものです。ただし、アレルギー体質の人が敏感肌になると肌のバリア機能が低下しているため、炎症が強く出やすくなります。

生まれつきの体質とどう付き合うか

遺伝によってアトピーやアレルギーがある敏感肌さんの場合は、アレルギー反応を起こさないように気をつける必要があります。まずは当然ながら、アレルギーの原因物質を避けることが第一です。肌にアレルギー反応が起こってしまうと、炎症や掻きむしりにより肌のバリア機能がさらに低下してしまい、さらに症状が酷くなるという悪循環に繋がります。症状の改善には治療が必要になるので、できるだけ早めに医療機関を受診して、専門医の適切な治療を受けるようにしましょう。また敏感肌を改善することも必要なので、セラミドが配合された敏感肌用の基礎化粧品で、肌のバリア機能を高めていく事も大切です。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント