ヘアオイルの使い方は朝も夜も一緒?髪もネイルもオイルを効果的に使う方法 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

ヘアケア用品として非常にポピュラーになっているヘアオイルですが、正しい使い方はできていますか?たまに使うのをサボってしまう方も、これを機に朝も夜も欠かさず使ってみてください!しっとりツヤツヤの髪を手に入れることができますよ♪今回の記事では、ヘアオイルは朝と夜ではどのように使えばいいのか、ヘアオイルとヘアミルクの違い、そしてネイルオイルの使い方も合わせてご紹介します!

洗い流さないトリートメントは使ってますか?

お風呂から上がって、ドライヤーをする前に洗い流さないトリートメントは使用していますか?洗い流さないトリートメントを毎日使うことで髪の毛のツヤ感がアップし、乾燥を防いでくれます。洗い流さないトリートメントには主にヘアオイルタイプとヘアミルクタイプがあります。まずはそれぞれの特徴についてご紹介しますね。

ヘアオイルとは

ヘアオイルはその名の通り油が主成分のヘアケア商品です。アルガンオイルやモロッカンオイル、椿オイルなどが原材料の場合は植物性、馬油やスクワランオイルが原材料の場合は動物性、石油由来の場合は鉱物性です。原材料にも様々な種類があり、それぞれ少しずつ使い心地が異なるので、好みや自分の髪質や肌質に合うものを使いましょう。植物性は髪や頭皮に優しいので敏感肌の人も使いやすいです。動物性は保湿に特化しており、髪の傷みが気になる方におすすめです。そして鉱物性は植物性や動物性よりも安価に生産できるので普段使いしやすいものが多いです。どのヘアオイルも、髪に使うとツヤが出て、ハリのある触り心地になるのが特徴です。

ヘアミルクとは

乳液状(エマルジョン)になっているものがヘアミルクです。水やコラーゲン、アミノ酸、グリシンなどを元に作られています。ヘアオイルよりも水分が多いので、ベタつきにくくサラッとした使い心地が特徴です。傷んだ髪を補修する力が強いので、髪に潤いを与えて、しなやかな髪になるよう補修してくれます。

ヘアオイルが向いているのは?

ヘアオイルは以下のような髪質や生活習慣の方に向いています。

・髪の毛が太く硬い
・ごわつきが気になる
・髪が広がりやすい
・ショートヘア
・ヘアアイロン、コテを頻繁に使う

ヘアオイルは髪をしっとりとさせながら、髪の毛の外側をコーティングするので、ごわつきが減ってつるんとした仕上がりになります。また熱や紫外線から髪を守る力が強く、ヘアアイロンやコテをよく使う人にもおすすめです。







ヘアミルクが向いているのは?

ヘアミルクは以下のような髪質、生活習慣の方に向いています。

・髪の毛が猫っ毛で細め
・パーマをかけている
・枝毛が多い
・ロングヘア
・ブローによるナチュラルなスタイリングが好き

髪の毛が猫っ毛と言われる細めの人や、パーマをかけていてカールを長持ちさせたい方はヘアミルクがおすすめです。オイルよりもベタつきが少なく、サラサラと軽い仕上がりになります。またパーマをかけた後の乾燥も軽減してくれます。特にロングヘアの方はヘアオイルを使うと髪が重たくなり、ペタンとボリュームダウンすることもあります。ロングヘアのサラサラ感を維持したい方は、まずはヘアミルクから使ってみてくださいね。

ヘアオイルの使い方:朝の場合

朝にヘアオイルを使う場合は、スタイリング前がおすすめです。ヘアアイロンやコテを使う前、ワックスを付ける前にササッとヘアオイルを髪に馴染ませましょう。オイルが髪をコーティングし、ヘアアイロンなどの熱から守ってくれます。ヘアオイルは量が多すぎると髪が重くなってべたつきやすいので、量は1~2滴程度と少なめにしましょう。手のひらでオイルをのばしてから髪に馴染ませることで、均一に塗布できます。

ヘアオイルの使い方:夜の場合

夜にヘアオイルを使う場合は、お風呂上がりにタオルドライをして、ドライヤーをする前がおすすめです。ショートヘアの場合は1~2滴、ロングヘアの場合は3~4滴を両手に伸ばして、髪の毛先と内側を中心になじませましょう。髪の根元や頭皮に塗ってしまうと、毛穴づまりを起こす可能性もあるので注意してください。ドライヤー前のひと手間で、髪のパサつきを抑えることができます♪

ヘアミルクの使い方は?

ヘアミルクもヘアオイルと同じように朝のスタイリング前、夜のドライヤー前の使用がおすすめです。また乾いた髪にも使いやすいので、ウエットなスタイリングやパーマのカール維持にも使えます。髪の枝毛やカラーリングで傷んでしまった部分は、ドライヤー前にヘアミルクを塗布して乾かしたあと、もう一度ヘアミルクを馴染ませてみてください。しっとり感が持続しやすくなります。

ネイルオイルの使い方

ネイルオイルは文字通り爪の保湿をするためのオイルです。皮膚に直接塗布するため、植物性の油が原材料のものが多いです。ネイルオイルを使用することで、指先の皮膚や爪の根元など、乾燥しやすい部分をしっとりと保湿することができます。指先に使うものなのでベタつきにくいさらっとした使い心地のものが多いので、ベタつきが気になるという人も安心して使用できるはずです。最近はネイルショップだけでなくドラッグストアやコスメショップでも売られているので、スキンケアイテムとして手軽に購入できます!ネイルオイルは使い続けることが大事なので、手洗い後、ハンドクリームを塗る前にネイルオイルを塗る習慣をつけましょう。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント