指は痩せたら細くなる?脂肪を貯めずにうまくダイエットを続けるには? | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

指輪は手軽なおしゃれから、恋人への贈り物まで、単に指を飾るだけでなく、時には特別な意味をも持つアクセサリーになります。普段から身につけている人もいれば、イベントや記念日につけるという人もいるのではないでしょうか。しかし久しぶりに指輪をつけてみたら、なんだかきつくてはめられない・・・なんて悲しい事実が発覚してしまうこともあります。ダイエットといえばウエストやヒップ、脚などがメインですが、指も痩せることはできるのでしょうか?今回は、指が太くなる原因と、ダイエットをすれば指も痩せるのかという疑問について解説します。そして痩せの敵である「脂肪」と「脂肪減少」についても合わせて解説します。脂肪の正体や、脂肪を溜めずに効率的に燃やす方法もご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

指が太くなるのはなぜ?

そもそも指は、太る部位の代表的なウエストやお尻、脚と違って、脂肪がつきにくいように感じますよね。しかし残念ながら、脂肪を蓄えるとウエストが大きくなるように、指も脂肪を蓄えて太くなることがあります。最近太った気がする・・・という方は、ウエストやヒップだけでなく、指もサイズが変わっているかもしれません。そして脂肪だけではなく、「むくみ」や「運動」、「怪我」なども指を太くする原因になります。

むくみが原因で太くなる?

血流が悪かったり、水分や塩分を多く摂って代謝が悪くなると、人の体はむくみやすくなります。そして心臓から遠い位置にある部位ほどむくみやすく、リンパの流れが滞りがちになります。むくみやすい代表的な部位といえば脚ですが、指や顔もむくみやすいです。塩分の多い食事をたくさん採った次の日は、脚、顔、指のむくみに気をつけましょう。

筋トレ・運動が原因で太くなる?

筋トレで筋肉が大きくなるのは、トレーニングによって筋繊維という部分が傷つくためです。筋繊維が傷つくと、修復する時に以前よりも丈夫になろうとします。その回数を重ねることで筋肉が大きく強くなっていくのです。つまり筋トレ・運動で指が太くなるのは、筋繊維が壊れた後、元よりもさらに強い状態になろうと大きくなるからです。特にバスケットボールやバレーボールなど、指をたくさん使う運動は指が太く、丈夫になりやすいようです。

怪我が原因で太くなる?

指をはさんでしまったり、突き指してしまうと、怪我直後は炎症によって腫れてしまいます。そして傷ついた部分を治そうと怪我の修復が始まるので、関節も含めて太くなることがあるのです。

ダイエットで指も痩せる?

ダイエットに勤しめば、ウエストやヒップだけでなく、指も痩せていきます。ただし指が太くなった原因が「脂肪」以外なら、ダイエットによる指痩せはあまり期待できませんし、関節はダイエットで細くはなりません。しかしツボを押してマッサージをしたり、簡単なストレッチをすることで、指のむくみを防止し、ほっそり指を目指すことはできます。むくみに効果のあるツボは、爪の生え際の両サイドにあります。反対側の指でつまむように、ぎゅっと押してみましょう。1つの指につき10秒くらい押して、全ての指を押し終えたら完了です。最後に指のストレッチも行ってみましょう。手を思いっきり握りしめて5秒程度力を入れて、その後手を思いっきり開いて5秒キープします。これを繰り返すことで血行が良くなり、むくみの改善が期待できるので、空いた時間を使ってぜひ試してみてください。







脂肪はこうして溜まっていく

そもそも脂肪は、どこに、どうやって溜まっていくのでしょうか。体につく脂肪を体脂肪といいますが、体脂肪には皮膚の下につく「皮下脂肪」と、内臓がある腹腔につく「内臓脂肪」の2種類があります。全体重の20%は体脂肪、つまり体重50kgの人は10kgの脂肪を抱えていることになり、これが30%を超えると肥満といわれます。これら体脂肪は無数の脂肪細胞の集合体で、過剰となった脂肪や糖質、たんぱく質が中性脂肪に変換され、この脂肪細胞に溜まっていきます。脂肪を取り込んだ脂肪細胞はどんどん膨らみ、その大きさは他の一般細胞の数百倍にもなるそうです。つまり脂肪細胞は、飢餓などいざという時に備えてエネルギーを蓄えておこうという体の仕組みなのです。

脂肪の役割

目の敵にされがちの体脂肪ですが、以下のような働きがあるため、実は体になくてはならないものです。

・エネルギー源となる
・寒さや衝撃から体を守る
・ホルモンを分泌する

普段エネルギー源となる筋肉や肝臓に蓄えられた糖質が尽きると、次に使われるのが脂肪細胞に蓄えられた脂肪です。また、寒さや外部からの刺激に対して、クッションとなって体を守るのも脂肪の大切な役目です。さらに重要なのが、脂肪細胞はホルモンの分泌器官でもあること。脂肪細胞からは、食欲抑制ホルモンのレプチンや血管修復作用のアディポネクチンなど、6、7種類ものホルモンが分泌されているのです。しかし脂肪細胞は巨大化すると正常な働きができなくなり、血液をドロドロにする悪玉ホルモンを分泌し始めます。やはり脂肪細胞は、ほどほどの膨らみが一番なのです。

脂肪を燃やすには

では、効率的に脂肪を燃やすにはどうすればいいのでしょうか。脂肪細胞は、副交感神経が優位になった時に脂肪を溜め込みやすくなります。食後すぐ寝ると太るというのは、このためです。それに対して、脂肪が燃焼されるのは交感神経が優位な時。交感神経が刺激されると、脂肪分解作用のあるアドレナリンが分泌されるからです。交感神経を優位にするのは、なんといっても「運動」です。やはり溜め込んだ脂肪を燃やすには、カロリーを減らすだけでなく、体を動かすことが必要なのです。しかし運動で脂肪が減っても、たちまち脂肪細胞が小さくなるわけではありません。それは、脂肪がなくなった後の空洞にはすぐ水分が入り込み、それが排泄されて脂肪細胞がスッキリするまで1週間ほどかかるからです。運動は、すぐに効果が出ないと諦めず、1週間は続けることが大事です。

脂肪を溜めないために

脂肪を溜め込まないためにはどうすればいいのでしょうか。鍵になるのが、「BMAL1(ビーマルワン)」というホルモンで、BMAL1には脂肪細胞に脂肪を取り込ませる働きがあります。体内にBMAL1の量が最も多くなるのは、夜中の2時と言われています。そしてBMAL1は時間と共に徐々に減り、12時間後の午後2時には夜中2時の量の20分の1と最小になり、真夜中に向かって再び増えていきます。つまり真夜中の夜食は、ダイエットで最もしてはいけないこと。食事は、BMAL1に合わせて以下の点を心掛けましょう。

・夕食は夜8時頃までに済ませる
・脂っこいものや高カロリー食を食べるなら、ランチに

そしてもう一つ、肉や魚など、ホルモンや筋肉を作るたんぱく質を十分摂ることも大事です。そうすれば、食欲抑制ホルモンがしっかり分泌され、筋肉による脂肪燃焼も促進されるからです。

まとめ

今溜まっている脂肪を燃やし、その後も脂肪を溜めずに過ごすためには、以下の3点を実施しましょう。

1.食事はBMAL1の分泌量の少ない時間帯に取る
2.たんぱく質を摂る
3.1週間以上の運動の継続

大切なのは、最初の数日だけで焦らないことです。1と2を日々実践しながら運動を地道に続ければ、1週間後には嬉しい実感が待っているはずです。もちろん食べ過ぎは厳禁で、運動はウォーキングでもラジオ体操でも、続けられるものなら何でもOKです。体重減少を目指して、さっそく実践してみましょう。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント