美容室を毎回変える、ネイルサロンを毎回変えることのメリット・デメリット | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

美容室やネイルサロンを毎回変えていませんか?最近は新規のお客さんなら割引をする美容室やネイルサロンも多いので、変える人も多いのではないでしょうか?では毎回変えることにはどんなメリット・デメリットがあるのか、この記事でご紹介します!

美容室やネイルサロンを毎回変える人、意外と多い説

決まったところに通っている人からすると、良いことが無いように思える「美容室やネイルサロンを毎回変える」という行為ですが、毎回変えている人は意外と多いです。特に理由がない、なんとなく毎回変えている人もいれば、メリットがあるからそうしている人もいます。

美容室やネイルサロンなどを毎回変えるメリットは?

では、サロンを毎回変えるメリットはどんなものがあるのかご紹介します。







施術者の技術を比較できる

厳しい話ですが、同じサロン内でも美容師やネイリストによって仕上がりのクオリティーが異なることは多いです。それは経験や学びなど「どのくらいやってきたか」というところでも差がでますが、それだけではありません。施術者によって「こだわりポイント」が違うからです。ネイリストでも、「爪の形が一番大切」という人もいれば、「施術スピードが早いことが一番大切」という人もいます。美容師も「カットに絶対的な自信がある」人もいれば「カラーにこだわっている」という人もいます。100人施術者がいれば、100通り違うかもしれない世界なのです。美容室やネイルサロンを毎回変えれば、技術の比較ができるのは楽しいポイントではないでしょうか。

初回は割り引いているところが多い

「新規のお客様なら○%オフ」「初回はお得なメニュー有り」のように、新規で来られるお客さんのために割引を用意しているサロンはとても多いです。これは新規のお客さんを呼び込み、常連になってもらうための割引です。しかし裏を返せば、毎回別のサロンに行けば、毎回初回割引が使えるということにもなります。最近は「ホットペッパー」や「楽天ビューティー」などサロンのポータルサイトもあるので、初回の割引料金をサロンごとに比較できます。とにかく安く済ませたい!という人は初回割引を活用して様々なサロンに行く人が多いです。

いろいろな意見が聞ける

「施術者の技術を比較できる」と少し似ているのですが、施術者は100人いれば、100通り考えがあります。毎回サロンを変えることで、様々な施術者の意見が聞けます。例えば1人のネイリストに「青みピンクが似合います」と言われ、3人のネイリストから「コーラルピンクが似合います」と言われたら、「自分はコーラルピンクのほうが似合うのではないか?」と考えてしまいますよね。1人だけの意見を聞くよりも、多くの人から意見を聞くことで、自分に最適なカラーやスタイルを知りやすくなります。

毎回新たな刺激がある

慣れた場所に行くのは落ち着きますよね。しかし慣れた場所に行き続けると新たな刺激を受けにくくなってしまいます。新たな刺激は脳にも心にもいい影響を与えます。それに毎回話す施術者も異なるので、いろんな人と話せるという刺激もあります。この新たな刺激というドキドキ感は、行き慣れた場所では得られません。

美容室やネイルサロンを毎回変えるデメリットは?

サロンを毎回変えるのは、残念ながらデメリットもあります。

毎回クオリティーが違う

施術者が毎回違うので、毎回クオリティーが異なります。例えば髪の場合、1ヶ月で伸びるのは1センチ程度なので、「1センチ整える程度に切ってください」というオーダーならそこまで差は出ないと思いますが、「フルカラーでダークブラウンに染めてください」というオーダーは、仕上がりに差が出るかもしれません。美容室や美容師によって使っているカラー剤や、想像している色味が違うからです。「前回の美容室はよかったけど、今回行った美容室はイマイチ・・・」ということが起きやすいです。

お決まりの話題を毎回しなくちゃいけない

サロンでの施術中は、美容師やネイリストとおしゃべりをする機会が多々ありますよね。毎回違うところに行くと、「学校・お仕事はお休みですか?」「お住まいはお近くですか?」「休みの日は何してますか?」といったよくある話を、毎回しなくちゃいけないかもしれません。もともとこういった雑談は、お客さんの好みの傾向を知るためにしているのですが、人によってはめんどうに感じる点でもあります。

美容室やネイルサロンが少ない地域ではちょっと気まずい

例えば東京の表参道・代官山・中目黒など「美容サロン激戦区」では、美容室もネイルサロンもとにかく数が多いです。東京だけでなく、東北や関西など全国様々な箇所でも美容サロン激戦区はありますはずです。その地域のサロンを渡り歩いて技術やお店の雰囲気・サービスなどを比較するのは、新鮮という意味ではお客さんにとって楽しいかもしれません。しかし地方で人口も少ないところではサロンの数も限られます。施術者は基本的にリピーターになってくれる人を求めているので、サロンを転々としていることが判明したら、ちょっと気まずくなるかもしれません。

美容師やネイリスト側からするとどうなの?

筆者は元ネイリストなのですが、毎回サロンを変えることは、個人的には問題ないと思います。なぜなら以下のように考えているからです。

・お客さんの懐事情が第一で、初回は料金が安くなるのは事実だから
・毎回新鮮な刺激がほしいというお客さんの考えもわかるから
・これだ!と思えるサロンや施術者に巡り合うためなら、様々なサロンに行かなくてはならないから

毎回サロンを変えるのも、同じところにずっと通うのも、お客さんの好みや考え方なので、ネイリストとしては止める権利も必要性もありません。ですがどの施術者にも共通しているのは毎回サロンを変える人も、ずっと通っている人にも「来てよかった」と思ってもらえるように努力しているという点です。そして受けた施術やサービスを良いと思ってくれて、再度来てもらえるのなら、これほど嬉しいことはありません!ちなみに毎回同じ施術者に頼むことによって、好みの傾向を施術者がわかるようになるので、望み通りの仕上がりになる可能性が高まります。自分のオーダーをより良いものにしてほしい!と考えている場合は、行きつけのサロンや担当の施術者を見つけるのも1つの方法なのです。

メリット・デメリットを考慮した上で、自分にとって良い美容室やネイルサロンを見つけていきましょう♪








この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント