爪を噛む癖を直すにはネイルが良い?&人に言えない敏感肌のデリケートゾーンのトラブル | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

誰にでも人に言えない爪の悩みはあると思います。特に爪を噛む癖がある人は、自分で良くないと思いながらも無意識に噛んでいるので、直すのはなかなか大変です。しかも大人になっても噛み癖が直らないことを、人には言いにくく、こっそり一人で悩んでいる人が多いです。今回は「人には言えないけど実は爪を噛む癖が直らない・・・」そんな人のお悩みを解決すべく、爪を噛んでしまう原因やその対処方法をご紹介します。また、デリケートゾーンの肌トラブルを起こした経験がある人や、悩んでいる人は多いです。しかしデリケートゾーンもまた、肌トラブルが起きても周囲に相談しにくく、一人で悩みがちですよね。とくに敏感肌さんは少しの刺激にも弱く、肌トラブルが起こりやすいです。今回は予防法と正しい対処法をしっかりチェックし、デリケートゾーンの肌トラブルを改善するための方法も一緒にご紹介します。

爪を噛んでしまう原因

爪を噛んでしまう原因としてまず挙げられるのが「ストレス」です。ストレスと聞くとイライラするイメージが強いですが、緊張している時や不安になった時、集中している時や退屈な時なども人はストレスを感じます。爪を噛むことは不安定になった精神を安定させようと、無意識にとった行動であることが多いです。

爪を噛んでしまう人の特徴

・ストレス(イライラ)をうまく発散することができない。
気持ちのコントロールが苦手で爪を噛むことでストレスを紛らわせている場合があります。

・人よりデリケートで傷つきやすい。
デリケートな人は不安なことがあっても自分の中で解決しようとすることが多く、結果、爪を噛むこと(=自分を傷つけること)で心の安定を保つ場合があります。

・生活習慣病になっている
何もしない時間が苦手で何かしていないとソワソワしてしまう人が、手持ち無沙汰で爪を噛みはじめた場合、用もないのにスマホをつい見てしまうように、無意識に「暇な時間は爪を噛んで過ごす」と習慣付いてしまっていることがあります。

爪を噛む原因として考えられるのは

1.ストレス解消のため
2.感情のコントロール
3.ルーティーンが出来上がってしまった
などが挙げられます。

爪を噛むのをやめた方が良い理由

気持ちの安定が保てるなら爪を噛む癖が直らないのは仕方のないことですし、無理に直さなくてもいいのではないでしょうか。ではなぜ「直したい」「直した方が良い」と言う人が多いのか、その理由をお伝えします。

・極度の深爪になってしまう可能性がある
・皮膚が弱くなり細菌が入りやすくなる
・チビ爪の原因となり、子供っぽい爪先に見える
・行為そのものが子供っぽい印象を与えてしまう
・精神的に未熟な人だと思われてしまう可能性がある







噛み癖を直すための対処方法

爪を噛む癖は無意識に出てしまうので、自分の意思で止めるのはなかなか難しいです。そのため、まずは物理的に爪を噛めなくすることや、噛んでも不快に感じるようにする。また口元に指(爪)を持っていったことを自分ですぐに気が付けるようにするなどの対策を続けることが効果的です。

効果的な対策

・爪を噛んで短くしてしまう前に、爪切りやファイルを使って常に爪は短くしておく。
・ジェルネイルをして、物理的に爪を噛めなくしてしまう。
・噛むと苦い味のする、噛み爪さん専用のマニキュアを使う。
・できるだけ手袋をする。
・家では指先に絆創膏を貼って爪を覆ってしまう。

このような対処方法をコツコツと続けることで、少しずつ無意識にやっていた「癖」に自分で気付くことができるようになります。爪を噛んでしまったことに罪悪感を感じることは全くありません。大切なのは自分で癖に「気が付けること」です。意識ができるようになれば、爪を噛む癖が直るのも時間の問題ですよ!

ネイルサロンがおすすめ

子供の時は気にならなかった爪の噛み癖による深爪やちび爪が、大人になって周りの友達がネイルを楽しんでいるのを見て、急に気になり恥ずかしくなった・・・。そんな人は多いです。今は誰でも気軽にネイルサロンに行くことができます。かわいいネイルをするだけでなく、ハンドケアのみ、深爪矯正や育爪ケアなど、様々な目的に合わせてサロンを利用しています。もし自分の爪があまり好きではなかったり、コンプレックスがあるなら、悩まずに一度ネイルサロンに相談してみてください。きっと理想の爪に導いてくれますよ。

上手にストレスを発散しながら、少しずつ直していきましょう。

肌トラブルが起こりやすい理由

ただれ・赤み・痒み・黒ずみ・においなど、デリケートゾーンは肌トラブルを起こしやすいのが特徴です。なぜ、肌トラブルを起こしやすいのでしょうか?その理由を見てみましょう。

肌トラブルを起こしやすい理由

・汗、排泄物、おりもの、経血で汚れやすく、不衛生になりがち
・ムレやすい部分なので、雑菌が繁殖しやすい
・下着や生理用ナプキンによる摩擦が起こりやすい

などが挙げられます。通常、デリケートゾーンは自浄作用によって、酸性に保たれています。そのため、雑菌が繁殖しにくく、デリケートゾーンの肌トラブルを防ぐことができています。しかし、ちょっとした体調の変化で自浄効果は低下してしまうため、肌トラブルが起こりやすくなります。また、角質層が薄いため、デリケートゾーンは外部刺激を受けやすいです。そのため、ナプキンや下着の摩擦が肌に刺激を与え、肌トラブルを引き起こします。







肌トラブルを防ぐには

デリケートゾーンの肌トラブルを防ぐため、日頃から気をつけたいことがあります。少し気を使うだけで、肌トラブルを起こしにくくすることができます。

・刺激になるものを避ける
「生理になると、ナプキンのせいでデリケートゾーンが必ず荒れる・・・」 そんな人は布ナプキンを試してみましょう。とくに綿素材(コットン)の布ナプキンは、肌にやさしく、荒れにくいです。

・ムレを防ぐ
化学繊維でできた通気性の悪い下着や、体を締め付けるようなデザインの下着は避けましょう。オススメは綿のゆったりしたショーツです。通気性が良いためムレにくく、快適に過ごせます。また生理中やおりものの多い日は、ナプキンや下着はこまめに替えましょう。そうすることでムレを軽減できます。

・洗いすぎない
デリケートゾーンをゴシゴシと洗いすぎるのはNGです。肌に刺激を与えるだけでなくデリケートゾーンの自浄作用まで弱め、肌トラブルを起こしやすくします。

・石鹸やボディソープの成分に注意
敏感肌さんの場合は、石鹸やボディソープの成分によってデリケートゾーンの肌トラブルを起こすことがあります。とくに敏感肌が避けたい成分は、合成界面活性剤、パラベンや香料です。これらは、多くの石鹸やボディソープに配合されていますが、肌に刺激を与え、肌トラブルを起こす原因にもなります。

以上のことに気を使い、デリケートゾーンの肌は常に健康な状態を保ちましょう!

肌トラブルの予防策・デリケートゾーン用石鹸の魅力

日常のケアで一番大切なことは「デリケートゾーンを清潔に保つこと」です。そのために重要なのがデリケートゾーンに使う石鹸選びです。オススメはデリケートゾーン用の石鹸を使うこと。デリケートゾーン用石鹸は、デリケートゾーンのにおいや痒みなどの、肌トラブルを抑えることができます。塗り薬のように即効性はないかもしれませんが、「予防」としては効果絶大です。先ほどお話しした、合成界面活性剤、パラベン、香料を使用していないものを選び、さらに「ジャムウ」配合のものがオススメです。

・ジャムウとは
インドネシアで昔から使われている薬で、原料となるハーブや根茎などの天然素材が何種類も入っています。デリケートゾーンのにおいを消すだけでなく、黒ずみ改善に効果のあるジャムウもあります。肌にやさしいため敏感肌さんも安心です。

デリケートゾーンを洗うときは、デリケートゾーン用石鹸をしっかりと泡立て、手で洗いましょう!決して爪を立てずに、やさしく洗うことを心がけて下さい。

敏感肌さんにオススメのデリケートゾーン用石けん

・LCラブコスメ ジャムウ ハーバルソープ 68g (デリケートゾーン ソープ)

化学香料・保存料・合成界面活性剤などの化学添加物は配合しない、100%自然派石鹸「LC ラブコスメ ジャムウ ハーバルソープ 68g(デリケートゾーン ソープ)」は、デリケートゾーンの気になる黒ずみやにおい、痒みを抑え、いつまでも清潔な状態を保ちます。肌にストレスを与えない完全無添加石鹸なので、肌の弱い敏感肌さんにオススメです。

今すぐどうにかしたい時の応急処置

「デリケートゾーンの痒みやただれ、赤みを今すぐどうにかしたい…」そんなときは、塗り薬を使ってみましょう。ただし、ステロイドによって

・肌が薄く弱くなる
・カサカサになる
・色素沈着を起こす

などの肌トラブルを起こす可能性があります。このため、薬局で塗り薬を買う際は「ステロイド不使用」のものを選びましょう。ただステロイドは種類が多く、一般の人が選ぶのは容易ではありません。そのため薬局で塗り薬を買う際は、薬剤師に尋ねるのが確実です。また病院で「ステロイド入り」の薬を処方されることもあります。その際は医師に自分が敏感肌であることを伝え、相談してみましょう。また、「デリケートゾーンのケアをきちんとしていても、肌トラブルがなかなか治らない。」「肌トラブルが本当にひどくて、どうしようもない…。」そんなときは悩んでいないで婦人科を受診しましょう。普通の肌トラブルではなく、病気の可能性もあるので自己判断は禁物です。

デリケートゾーンの悩みはなかなか人には相談しにくいです。でもほんの少し気を使うだけで、その悩みは解消されるかもしれません。まずはできることから少しずつ試してみましょう。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント