90年代ファッションがリバイバルでかわいい!当時流行っていたネイルは? | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

ファッションの流行は巡り巡って再び流行ると言われており、近年は少し懐かしさを感じる90年代ファッションが10代~20代の間で流行しています。約20年もの前のファッションが、当時まだ生まれてもいない令和の若者の間で再び流行っているのは、当時10代~20代だった人からすると不思議な現象のようです。90年代を感じるストリートファッションが人気を集めており、Tシャツにジーンズ、ダッドスニーカーなど、シンプルでカジュアルなコーデが人気です。かわいいけれどどこか外し感もある、90年代ファッションやネイルを取り入れておしゃれなコーデを楽しみましょう!今回の記事では、90年代ファッションのリバイバルによって人気を集めているアイテム、そして90年代のネイルについてもご紹介します!

90年代ファッションが流行中、どんなものが人気?

2017年頃から90年代ファッションが流行しているというのは、流行りものにアンテナを張っている人ならご存知なのではないでしょうか。20年以上前に流行ったダッドスニーカー、ビッグシルエットのTシャツ、パーカー、カーゴパンツといったファッションを現在10代~20代の人たちが身につけています。その他にもお父さんやお母さんのお下がりを着て、リアルな90年代アイテムを楽しんだり、アクセサリーや帽子はシンプルに、バッグはストリートっぽいリュックやミニサイズの斜めがけで今っぽさをプラスするなど、アレンジを加えてオリジナリティー溢れる着こなしも見かけます。以下では特に90年代っぽさを感じるアイテムをご紹介します♪







スニーカー

カジュアルシーンでしか活用できないと思われていたスニーカーは、今やどんなコーデにも合わせられる優秀アイテムになっています。特に「ダッドスニーカー」と呼ばれる重く厚いソール、派手なカラーのパイピングやラインが入ったものが2017年頃から人気です。ナイキのエアマックスシリーズやエアジョーダンシリーズも安定した支持があります。1990年代に10~20代だった人からするとナイキのスニーカーリバイバルは非常に懐かしく感じるようです。またリーボックのポンプシリーズなど、ずっしりとしたインパクトのある見た目のスニーカーを履いている人が多いです。

ストリートコーデ、グランジコーデ

ストリートコーデの主体となるビッグシルエットは男女問わず取り入れることがポイントです。ダボッとした大きめのTシャツやスウェット、シャツ、アウターをルーズに合わせることで簡単に90年代風ストリートコーデになります。一方でグランジコーデはロックTシャツやダメージジーンズなどがメインで、アメカジの中でも黒や赤などのカラーが主体になっています。ストリートコーデやグランジコーデは90年代に大流行したミュージシャンの服装を元にしています。ストリートコーデはヒップホップアーティストが、グランジコーデはグランジという音楽ジャンルを世に広めたアーティストたちが着ていました。特にグランジコーデは、ニルヴァーナというグランジバンドのボーカル&ギターのカート・コバーンが、ダメージ感のあるアイテムをナチュラルに着こなしており、そこから流行の火がつきました。ちなみにコンバースなど昔からあるアイテムが、2020年再びベーシックになっているのも、カート・コバーンが愛用していたからかもしれません。

ジャケット

90年代はカジュアルコーデが主となっていますが、きれいめコーデやガーリーコーデが好きな人はジャケットの合わせが人気です。ボトムスとセットアップになっていないテーラードジャケットやセットアップとして着こなすことで少しかっちりとした雰囲気が出ます。少しレトロな雰囲気のあるダブルのジャケットや、グレンチェック、千鳥格子などの柄物を使うことでより90年代感が出ますよ。

上記のような、90年代に10代~20代だった人からするとなんだか懐かしく感じるアイテムが2020年現在も流行っています。ただし昔のアイテムをそのまま取り入れるのではなく、少し今っぽいテイストを入れることでよりこなれ感がアップします!服だけでなく、バッグやアクセサリー、ヘアスタイルにもこだわってみてください♪

今っぽいテイストのアイテムをプラスしよう

上記のような、90年代に10代~20代だった人からするとなんだか懐かしく感じるアイテムが2020年現在も流行っています。ただし昔のアイテムをそのまま取り入れるのではなく、少し今っぽいテイストを入れることでよりこなれ感がアップします!サコッシュやウエストポーチを斜めがけしたり、ヘアスタイルはアップでおくれ毛を作ってゆるくかわいい雰囲気にするのがおすすめです!服だけでなく、バッグやアクセサリー、ヘアスタイルにもこだわってみてください♪

90年代のネイルはカラフルで派手?

スカルプチュアもしくはスカルプと呼ばれる、人工的に爪を長くする施術が流行ったのは90年代です。その頃はジェルネイルスカルプではなく、アクリルスカルプが主流でした。90年代の日本は厚底やミニスカートに金髪などの派手髪をあわせるギャルファッションが、息長く大流行していた時期です。そんなギャルファッションに合わせる爪はロング~超ロングのスカルプで、柄や色もラメを多用したり、大きめのフラワーが描かれているなど派手なものが主体でした。コーデから爪まで、とにかく派手にすることがかわいいとされていましたが、時代は変わり、スカルプで超ロングにする人は年々減り続けます。しかし2020年現在、超ロングとまではいかずとも、ジェルやジェルチップで長さ出しをするデザインが密かに流行しています。



ネイルもリバイバルによって90年代のようなデザインが再び流行するかもしれません。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント