ネイリストに資格なしでなる!資格ありのメリットやないことのデメリット | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

※本サイト内では一部プロモーションが含まれます

就職先や転職先としてネイリストになりたいと考えている人は、未経験や無資格の状態のことがほとんどのはずです。
ネイリストに資格なしでなることはできるのか?という疑問がある方は多いでしょう。

今回の記事では、ネイリストに無資格からなれるのかという疑問にお答えしていきます。

また、資格ありのメリットや資格なしのデメリット、持っていたほうがいい資格についてもお話していきますよ。

資格がなくてもネイリストになれる!

ネイリストが施術している写真

結論から言うと、ネイリストに資格なしでなることは可能です。
資格なしで働けるのは以下のような求人になります。

未経験・無資格OKの場合

ネイルサロンの中には、就職後に初歩的な知識や技術から学べる研修があるので未経験・無資格でもOKという場合があります。
全くネイルに関わったことがないことでもいちから学ぶことができるので、格なしでとにかくネイル業界で働きたいという方におすすめです。

無資格でも技術があればOKな場合

次に資格はなくてもネイルの知識や技術があれば就職できるというサロンもあります。

ネイルサロンの多くは就職面接で技術試験を取り入れているところが多く、試験で技術力を認めてもらうことができれば資格なしでもネイリストになることができます。

このパターンはもともとセルフジェルネイルをしている、ネイルチップ作家を副業としてしているといった人が当てはまるでしょう。

ネイルの資格があることのメリット

グッドサインを出す女性の写真

ネイルの資格がなくてもネイリストになることは可能ですが、資格が存在する以上、あるとないとでは違いがあります。
ここでは資格を持っていることのメリットをお話していきます。

給料や雇用条件が良くなる

持っている資格の種類に応じて給料や待遇が良くなることが多いです。
無資格の場合はアシスタントやアルバイトでしか働けないということもあるので正社員でしっかりとお給料をもらって働きたいという場合は資格を持っていたほうが有利でしょう。

お客様から信用される

ネイルサロンで施術を受ける時、資格を取得をしているネイリストと無資格のネイリストだったらどちらに担当してほしいでしょうか?
初めて行くネイルサロンの場合なら資格ありのネイリストがいいと考える人が多いはずです。

確かな技術力の証明としてネイルの資格は役に立ちます。
お客様からの信用を得るためにも持っていることはメリットになるのです。

独立をするなら技術力の担保にできる

ネイリストとしてゆくゆくは独立したいと考えているなら、各種ネイルの資格を持っていたほうがいいでしょう。
詳しくは後述しますが、ネイルの資格には技術だけでなく、ネイルサロンの衛生管理の資格もあります。
安心して施術を受けてもらうためにも資格があったほうが良いでしょう。







ネイルの資格がないことのデメリット

デメリットと書かれた黒板の画像

ネイルの資格がないことのデメリットをお話していきます。
デメリットと言っていますが望む働き方は人それぞれ違います。
以下のような面を受け入れ、資格なしで働いても問題ないと考える方もいらっしゃるでしょう。
資格の取得には費用も時間も費やす必要があります。
自分に合った働き方を探す判断材料にしてくださいね。

給料や雇用形態で差が出やすい

資格がないとお給料が低くなったり、アルバイトやパートタイムでの勤務しかできないこともあります。
とはいえスキマ時間で働きたい方や副業としてネイリストをしたい方にはデメリットになりえないこともあるでしょう。

入客できるメニューが限られる

ネイルの資格があるということは、それだけ豊富な知識や技術の勉強をしていることになります。
ネイルの資格は国家資格ではないので、資格がないとやってはならない施術はないのですが、ネイルサロンの独自ルールとして資格を取得していることで入客できるようになるメニューがあるという場合もありますよ。

お客様から信用を得られにくい

ネイルの資格を持っているというほうがお客様は安心感を持って施術を受けられます。
逆に資格がないとお客様は不安感を抱いてしまうことも。

特に独立を考えている場合、資格があれば集客の際に押し出すことができますが、無資格の場合は他に何らかのウリが必要になってきます。

取得していたほうがいいネイルの資格

資格試験と書かれたメモ用紙の画像

取得しておいたほうがいいネイルの資格をご紹介していきます。
ここまで読んで資格を取得しようかなと思った方は参考にしてみてくださいね。

ネイリスト技能検定

ネイリスト技能検定はネイリストの資格の中で最もメジャーな資格です。
3級~1級まであり、1級が最も難しい試験で、プロフェッショナルとしての知識や技術力を求められます。
ネイルサロンで働く場合、2級まで持っていると求人の幅が広がります。

ジェルネイル技能検定

現在のネイルサロンで主流のメニューであるジェルのことを学ぶことができます。
初級~上級まであり、ネイルサロンの勤務では中級まであると良いでしょう。
試験内容は2部構成になっており、ネイリスト技能検定の対応級を持っていることで一部の試験が免除になるため、先にネイリスト技能検定を受ける方が多く感じます。

ネイルサロン衛生管理士

ネイルサロン衛生管理士の資格は1日講習を受けることで取得することができます。
サロン内の衛生面を整えるための知識を得られるので、独立を考えている方に特におすすめの資格です。

まとめ

ネイルをした手元の写真

今回の記事では、ネイリストに資格なしでもなれることを紹介していきました。
とはいえ資格を持っていたほうが応募できる求人の幅が広がったり、待遇が良くなったりといったメリットは多くあります。
資格取得には勉強する時間も費用もかかるので自分の望む働き方に合わせて資格取得について考えてみてくださいね。







おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター

「ネイルhack」のランキング

一週間で人気のあった記事ランキング

ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • facebook
  • x

公式アカウント