ジェルネイルは日焼け止めで曇る!?ジェルのツヤがなくなる原因とは | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

ジェルネイルをつけると、爪がツヤツヤに輝いてキレイですよね。マット仕上げのトップジェルもありますが、ジェルネイルは基本的にツヤと透明感があり、このツヤツヤ感が人気を集めています。シンプルにワンカラーのネイルにしても、華やかにアート付きのネイルにしても、ぷっくりとした厚みとガラスのようなツヤ感は、マニキュアでは再現できません。またジェルネイルはおしゃれとして楽しむだけでなく、保護剤としても利用できます。マニキュアでも爪の保護や補強はできますが、非常に薄い爪や、傷んでしまった爪だとカバーしきれないことがあるのです。ジェルネイルは爪に塗ってライトで固めると、プラスチックのような硬さに変わります。爪に厚みをプラスして、全体をコーティングできるので、折れやすい爪や割れやすい爪も、亀裂を防いで爪が伸ばしやすくなるのです。このように、ジェルネイルは単におしゃれとしてつけるだけでなく、爪の補強にも使えます。しかし、「つけているうちになんだか曇って、ツヤツヤがなくなってしまった…」というケースがあります。これには一体どんな原因があるのでしょうか。今回の記事では、日焼け止めなど様々な物が要因で、ジェルネイルが曇ることについて解説して参ります。

ジェルネイルは日焼け止めで曇る?

ツヤツヤの仕上がりが人気のジェルネイルは、その持ちの良さや、爪を保護してくれる丈夫さも特徴です。通常のジェルなら平均で3,4週間ほど持つので、忙しくてネイルを頻繁に変えられないという方にもぴったりなのです。だんだんと爪が伸びてきて、ジェルと爪の間に隙間ができてきますが、ただしく塗れていれば、根本や爪先から剥がれないようにできています。しかし、剥がれや欠けがなくても、ジェルネイルの表面が曇って、ツヤ感がなくなってしまうことがあります。その原因は、暖かくなる時期に大活躍する「日焼け止め」かもしれません。

日焼け止めがジェルを曇らせる理由

日焼け止めを塗った後に、明らかにジェルが曇ってしまった場合、日焼け止めの成分とジェルネイルの成分に原因があるかもしれません。通常、ジェルネイルの上に日焼け止めがついて曇っていても、乾いた布やティッシュで拭き取ればツヤを取り戻すことができます。しっかり拭き取りたい場合は、消毒用アルコールを含むウェットティッシュを使うのがおすすめです。ジェルネイルに日焼け止めや汚れが付着しても、つるんとした表面である限り、拭き取れば元通りになるのです。

しかし、拭き取ってもツヤが取り戻せない場合は、ジェルと日焼け止めが化学反応を起こし、ジェルの表面を溶かしている可能性があります。ジェルネイルは合成樹脂という素材で出来ており、軽くて丈夫なのが特徴です。しかし丈夫とはいえ、日焼け止めのような特殊なクリームや薬品、油分、水分に触れてしまうと、何らかの変化が起こることもあります。ジェルの表面の曇りも、変化のうちの1つです。では、なぜ日焼け止めで曇ってしまうのでしょうか。詳しい原因は残念ながら解明されていません。ですが、ジェルネイルや日焼け止めは商品によって成分が異なります。たまたま使っているジェルと日焼け止めの組み合わせが原因で、ジェルネイルのツヤがなくなってしまうということもあるようです。

例えばこんなケースも

Aというジェルネイルのメーカーを使っている時に、Bという日焼け止めを付けたら毎回曇ってしまうというケースがあるとします。しかし、Cという日焼け止めに変えたら、ジェルが曇らなくなったということも往々にしてあります。

さらに、Dというジェルネイルのメーカーは、日焼け止めの種類をどんなに変えても、表面のツヤがなくなってしまうというケースもあり得ます。これは日焼け止め自体が、Dというジェルに合わず、ジェルに悪影響を及ぼしていることが考えられます。

ジェルネイルは実際に爪に付けてみないとわかりませんし、日焼け止めでジェルが曇るかどうかは、残念ながら試してみないとわかりません。ですが、ジェルメーカーは基本的に日焼け止めやクリームがついても、悪影響のないように作っているところばかりです。何回試してもジェルのツヤがなくなってしまう場合は、組み合わせが悪かったと考えて、ジェルや日焼け止めを変えてみるしかないようです。

日焼け止め以外でもジェルネイルが曇る?

日焼け止め以外にも、ジェルネイルが曇る原因はあります。ジェルネイルが曇りやすいと言われる原因を下記でいくつかご紹介するので、ツヤがなくなることにお困りの方は、ぜひ参考にしてくださいね。







ライトのランプ切れや、不具合が原因

ジェルネイルを硬化するライトには、UVライトとLEDライトの2種類があります。近年売られているジェルは、どちらのライトでも固まる物がほとんどなので、どんなライトを使うか気にしない方もいるようです。

しかし、UVライトはランプ切れが起こります。頻繁にジェルネイルを付け替えていなくても、スイッチをオンにして明かりが灯る状態でも、UVライトの電球には寿命があるのです。UVライトの寿命はおよそ半年で、頻繁に使わない場合は、1年ほど持つこともあります。

ランプ切れのUVライトでジェルを硬化させようとすると、うまく固まらなかったり、ジェルの内部が固まらず、表面だけが固まる生焼けのような状態になります。さらにうまく固まらないからといって長時間ライトに当てると、表面が曇ってしまい、未硬化ジェルを拭き取ってもツヤが出ないケースも。UVライトを使っている方は、ジェルを使う前にランプ切れが起こっていないかを確認しておきましょう。

ちなみに、LEDライトの電球は半永久的に使えるようになっています。ランプ切れを起こす心配がなく、UVライトより出力が高いので、スピーディーな硬化も可能です。ただし、LEDライトには劣化が早いタイプとそうでないものがあります。丸い砲弾のような電球が付いているLEDライトは劣化しやすく、小さな四角の電球がついているチップ型LEDライトは耐久性が高い傾向にあるのです。そのため、チップ型の電球がついているLEDライトは、UVライトや砲弾の電球がついているLEDライトに比べて、お値段が少し高めになっています。しかし、長くセルフネイルを楽しむなら、チップ型電球のLEDライトを購入することをおすすめします。

ネイリストのおすすめポイント:UVライトとLEDライト、両方の機能を兼ね備えたハイブリットタイプです。コードレスでセンサー付きなので使いやすさを求める方にもおすすめです。

ネイリストのおすすめポイント:底板がマグネット式になっており、気軽に取り外しができるライトです。こちらもUVとLEDライトがついているハイブリット式で、指を置きやすいガイドライン付きです。

家庭用の洗剤、漂白剤が原因

ジェルネイルの品質が変わりやすい物に、家庭用の洗剤や漂白剤があります。ジェルネイルをつけたまま、素手で強力な洗剤や、漂白剤を使ってしまうと、表面のツヤがなくなったり、ジェルが変色してしまうかもしれません。

ジェルネイルは元々水分や油分に対して、耐久性がそこまで高くありません。さらにそこへ洗剤、漂白剤の成分が付着すると、ジェルの表面を溶かしてしまうことがあるのです。また、ジェルが取れやすくなったり、欠けやすくなるのも、水分や洗剤が原因であることがほとんどです。家事で洗い物をしたり、お仕事で水や洗剤、薬品を扱うことが多いと、ジェルが曇るだけでなく、ジェルの持ち自体が悪くなりやすいので、注意が必要です。

ジェルのツヤと持ちを維持するには、洗剤や漂白剤を使う際にゴム手袋を着用しましょう。髪をセルフでカラーリングする時に使う、使い捨てのビニール手袋ではすぐに破けてしまいます。耐久性が高く、サイズの合うゴム手袋を使うのがおすすめです。

ネイリストのおすすめポイント:強度がありながら薄手で細かい作業もしやすいゴム手袋です。

ネイリストのおすすめポイント:滑り止め付きで、内側が起毛になっているので、付け外しもスムーズなタイプです。

ネイリストのおすすめポイント:柔らかい素材で出来ており、丈夫でフィット感のあるグローブです。

クレンジングオイルやハンドクリーム、ケア用品が原因

意外と見落としがちな原因が、日常的に使っているクレンジングオイルなどの化粧落としや、ハンドクリームです。また、洗い流さないヘアオイルを使っている人や、油分の多いヘアクリーム、ワックス等も注意が必要です。これらのケア用品は、油分によってジェルのツヤをなくしてしまうことがあります。特にオレンジオイルやレモンオイルなど、柑橘系の成分が入ったものは、ジェルの変色も起こしやすいようです。

また、ネイルオイルを塗るタイミングにも気をつけましょう。ネイルオイルは主成分が油なので、付けた後にすぐ日に当たると、オイルが酸化してジェルや皮膚に悪影響を与えます。例えば、外に置いてあるプラスチックの看板や置物は、日光に含まれる紫外線で変色したり、劣化してしまいますよね。ジェルネイルもプラスチックと同じように樹脂で出来ているので、紫外線に当たり続けると劣化し、ツヤがなくなってきます。さらにオイルを塗ってしまうと、酸化してジェルがもろくなり、変色することもあるのです。肌が日焼けしやすくなりますし、ジェルにも悪影響なので、外出時や外でスポーツ、アウトドアをする時、車を運転する時は、油分の多いネイルオイルやハンドクリームをつけないようにしましょう。

まとめ

日常的に使う日焼け止めや洗剤、クレンジングオイルなど、ジェルのツヤをなくしてしまうものは意外にも多いです。また、ネイルケアやハンドケアとして使っている物が、塗るタイミングによってはジェルやお肌に悪影響を与えていることも・・・。もちろん、ジェルやマニキュアを落とすための除光液や、ジェルリムーバーなど、「アセトン」が含まれている物に触れてしまうのも、ジェルが曇る原因の1つです。丈夫な素材だからといって、気にせずに過ごしていると、ジェルのツヤツヤがなくなったり、変色したり、持ちが悪くなったりするのです。お気に入りのジェルを長持ちさせるためにも、ゴム手袋をしたり、日焼け止めやクレンジングを変えてみたりと、普段の生活から気をつけてみましょう。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント