ネイルサロンへデザイン持ち込みをするときに気をつけたいこと | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

ネイルサロンでネイルをしてもらう人の中には、デザインに迷う人もいるのではないでしょうか。例えば定期的にネイルサロンに通っている人の中にはお気に入りのデザインを長く続ける人もいます。しかし普段あまりネイルをしないけど、結婚式にお呼ばれしたから、大切なデートがあるからなどイベントのためにネイルをしたい場合、どんなデザインやカラーにしたらいいのかわからないですよね。そんなときはインスタやネットで事前にやりたいデザインを検索するのが重要です。しかし初めて行くネイルサロンへ「このデザインをやりたいです!」とネイルの画像を持ち込んでも、その通りにはできないかもしれません。今回の記事ではネイルサロンへデザイン持ち込みをするときに気をつけたいことをご紹介します。デザイン持ち込みをする前にチェックしておきましょう。

デザイン持ち込みって何?

ネイルサロンにおけるデザイン持ち込みとは、インスタやTwitterなどのSNS、ブログ、ホームページなどで保存したネイルデザインの画像をネイリストに提示し、そのデザインを再現するような施術をしてもらうことを指します。最近はスマートフォンで画像を提示する人がほぼ100%ですが、以前はファッション誌やネイル誌のページや切り抜きを持ち込む人もいました。

デザイン持ち込みをしたい人は年々増えている?

インスタなどの画像の投稿を中心としたSNSが流行してから、様々な画像をウェブ上で気軽にシェアする時代になりました。そのおかげでネイルの画像も見つけやすくなっており、ネイルにあまり詳しくない人でも、SNS等で様々なデザインを閲覧、比較できます。特にインスタやネイル専用のWEBサイト、アプリはここ数年でベーシックなものになっており、日々数え切れないほどのネイル画像がアップされています。







デザイン持ち込みで施術してもらうには?

画像等でデザインを持ち込み、施術してもらうには、デザイン持ち込みOKのネイルサロンで予約を取らなくてはなりません。ネイルサロンによってはデザイン持ち込みは対応していないところもあります。まずは予約サイトやネイルサロンのホームページなどで、デザイン持ち込みのメニューがあるかどうか確認しましょう。



時間制のデザイン持ち込みメニューが多い

デザイン持ち込みメニューはどのように金額を決めているのかというと、時間制にしているところが多いです。デザインやパーツごとにいくらか決めているサロンもありますが、施術時間に対して金額を決めているところがほとんどのようです。施術時間が60分で6000円、90分で9000円、120分で12000円といった金額設定が平均的なのではないでしょうか。シンプルなデザインであれば60分、アートが少し入るデザインなら90分、凝ったデザインなら120分と考えておきましょう。自分が持ち込むデザインがどのくらい時間がかかるかわからない場合は、予約前にネイルサロンへ画像を送り、ネイリストと相談しておきましょう。またネイルサロンによってはオフの時間を含めた時間制メニューの可能性もあります。

イラストや3D、長さ出しなどのネイルは事前確認要

アニメや漫画などのイラストを爪に描く痛ネイルや、アクリルパウダーで立体的なモチーフを作る3D、ジェルやアクリルスカルプなどの長さ出しは特殊なネイルとなります。これらは取り扱っていないネイルサロンもあるので、サロンのメニューを見たり、持ち込み画像に似たようなサンプルデザインがあるかを確認しましょう。自分の持ち込む画像が施術してもらえるかわからない場合は、メールや電話で問い合わせをしてみてくださいね。また時間制のデザイン持ち込みメニューがあるサロンでも、特殊なネイルは対象外、別料金となる可能性があるので注意が必要です。

持ち込んだデザイン通りに施術してもらうには?

デザイン持ち込みOKのネイルサロンでも、100%画像の通りに施術してもらうのは難しいです。例えばジェルネイルのメーカーは何十種類とあり、どこのサロンも使っているものが違います。ジェルが違うだけで発色や仕上がりが異なるので、同じようにネイルをしてもらっても100%一緒のデザインになるとは限らないのです。またパーツやストーンの種類や数もサロンによって違いますし、自分の爪の長さが短いか、長いかによってもデザインの雰囲気は変わります。持ち込みデザインを非常に高い精度で再現してもらうには、そのデザインを作ったネイルサロンへ行き、画像の爪の長さになるよう伸ばす必要があります。

ネイリストに相談してデザインを決めるのもおすすめ

せっかくネイルをするなら、自分に合うネイルデザインにしたいですよね。デザインを持ち込んで、画像のネイルをそのまま再現してもらうのもよいですが、施術前に「画像のデザインを自分の手や雰囲気に合うようにアレンジしてくれませんか?」と相談してみてはいかがでしょうか。ネイリストがその人の爪の長さや肌の色、服、メイクの雰囲気などに合うカラーやデザインの配置を提案してくれます。相談の際はネイリストに自分の好きな色や好みの雰囲気、きれいめが好きか、ガーリーが好きか、ナチュラルが好きかなど系統も伝えてみてください。しっかり相談することで、元となるデザインからさらに自分好みのデザインになるかもしれません。ネイリストはお客さんが希望するデザインになるよう最大限努力して施術しています。気になる点は気軽に相談してみてくださいね。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント