ネイルサロンで爪の形を整えてくれる?サロンでできる内容が知りたい! | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

※本サイト内では一部プロモーションが含まれます

最近では、自宅でセルフネイルを楽しむ方も増えていますが、自分の爪の形を整えることが苦手だと感じている方はいらっしゃいませんか。

簡単そうに思える爪の形を整える工程ですが、自分で自分の爪を・・となると意外と難しいですよね。実はそのお悩み、ネイルサロンで解決できます!

今回は、ネイルサロンでは爪の形を整えてくれるかという点と、ネイルサロンではどこまでしてくれるのかという点にフォーカスして解説していきます。

ネイルサロンで爪の形は整えてもらえるのか?

冒頭でも軽く触れましたが、ネイルサロンで爪の形を整えてもらうことは可能なのでしょうか。

答えは、YESです!

自分ですると意外と難しい「爪の形を整える」という工程のことを「ファイリング」と言います。ネイルサロンでは、ほとんどのメニューにファイリングが含まれています。

ネイルサロンにおけるファイリングは、「爪の形を整える+爪の長さを調整する」といった内容で、ネイリストがお客様ひとりひとりのライフスタイルや理想に合わせて行います。

爪の形や長さは、ネイルの仕上がりや清潔感など周りからの印象にも影響してくるため、このファイリングはとても重要な工程なのです!

ネイルをする場合

上でネイルサロンで爪の形を整えてもらうことは可能とお伝えしましたが、ジェルネイルやマニキュアをオーダーする時にも必ずこの工程は含まれています。

ジェルネイルをする際は必ず、お客様にカウンセリングを行ったうえでファイリング(爪の形と長さを整える)から始めます。

そのため、施術前のカウンセリング時などに担当のネイリストに自分の希望の爪の形と長さを伝えるといいでしょう。

ジェルネイルはしたくない場合

では、「職業柄などでジェルネイルはできないが、爪の形だけ整えてもらいたい」という場合は、どうしたらいいのでしょうか。

このような場合は、ネイルサロンにある「ネイルケア」のメニューをオーダーするといいでしょう♪

ネイルケアの内容は、ファイリング+甘皮ケア(+表面磨き)であるため、ジェルネイルやマニキュアなどのカラーリングは不要という方でもネイルケアをオーダーすることで、ネイリストに爪の形を整えてもらうことが可能です!

最近では、このネイルケアを目的とした男性のお客様も増えており、カラーリングをしなくても、ネイルサロンを利用することは問題ないので安心してくださいね^^

ネイルサロンでできること

そもそも、ネイルサロンでは、どのようなことができるのでしょうか。

ネイルサロンには様々なメニューが設けられているため、まだネイルサロンに行ったことのない方には、分かりづらいものもありますよね。

せっかくの機会なので、ネイルサロンでできることをご説明します♪

ネイルの施術

ネイルサロンでできること
①ジェルネイルの施術

ネイルサロンで一番多くオーダーされるメニューは、「ジェルネイルの施術」です。

今や、美容室で髪の毛をお願いするようにジェルネイルを日常のオシャレや身だしなみとして毎月楽しむ方が増えています。

昔は、爪の長さを出すスカルプチュア(人工爪)が主流でしたが、ここ数年はほとんどの方が、自爪のまま楽しむジェルネイルが主流になっています。

ネイルオフ

ネイルサロンでできること
②ネイルオフ

ジェルネイルやスカルプチュアは、自宅で簡単に取り外すことが難しいため、ネイルサロンで「ネイルオフ」をしてもらう必要があります。

通常、ジェルネイルをオーダーする際に「オフの有無(=付け替えはあるかないか)」を聞かれますが、一度ネイルを完全に外したい場合は、ネイルオフだけのオーダーももちろん可能です!

ただし、ネイルオフのみの場合、自店オフ・他店オフといってどこでつけたネイルかという点で料金が異なることや、付け替え時のオフ代よりも割高な料金設定であることが多いので要確認です。

ネイルケア・ハンドケア

ネイルサロンでできること
③ネイルケア・ハンドケア

ジェルネイルなどカラーリングメニューは不要だが、自爪の手入れのみしたい、という方のために「ネイルケア・ハンドケア」のメニューもあります。

上記でもお伝えしましたが、最近では、営業職の男性サラリーマンなどにも人気なメニューです。

  • ネイルケア:ファイリング+甘皮ケア+表面磨き(この工程はサロンによる)
  • ハンドケア:パラフィンパックやハンドマッサージ、保湿など(サロンによる)

ネイルケアメニューは、施術前に指先をお湯につけてからケアを行うウォーターケアという方法を採用しているネイルサロンが多い印象です。
また、指周りの硬くなった角質のケアを追加オプションで対応してくれるサロンもあります。

冬の乾燥に悩まされる時期などは、ハンドケアも人気です♪
ただし、このハンドケアメニューはネイルサロンによって内容やメニュー自体の設定があるかないか異なります。

フットメニュー

ネイルサロンでできること
④フットメニュー

ネイルサロンでは、ハンドのメニューのみならずフットのメニューも設けられています。
多くのサロンでフットメニューもハンド同様、フットのジェルネイル・ネイルオフ・フットのネイルケア・フットケアがあります。

特にサンダルを履く夏の時期には、フットのジェルネイルは大人気♪
また、サンダルを履かないオフシーズンには、フットケアでカサカサなかかとのケアをしてくれる、フットケアも人気です。

フットネイルの際は、施術前にフットバス(足湯)を用意しているサロンもあります!
一般的にフットネイルはハンドネイルよりもネイルの持ちがいいとされているため、料金設定はハンドよりも少し高いことが多いです。

その他 / 補強・育爪など

ネイルサロンでできること
⑤補強・育爪

実は、自爪の形や大きさ、硬さなど自分の爪にコンプレックスを抱えて悩んでいる方も意外と多く存在します。たとえば、「反り爪」「ばち爪」「深爪」「巻き爪」などです。

最近では、オシャレのためのジェルネイルだけではなく、こういった自爪のコンプレックスの解消や改善に力を入れたメニュー(=育爪)を導入するお店も増えています。

ジェルネイルをしてみたいけど、自爪に自信がもてないという方は、まずこの育爪を始めてみてもいいですね♪

また、ジェルネイルをしたいけど、自爪が折れてしまった時などのために爪の補強をすることも可能です。
この場合、多くのネイルサロンで「補強:〇円/1本」というように一本あたりでの料金設定がされています。







ネイルサロンに行く前、爪はどうする?

ネイルサロンのメニュー、可能な施術内容をお伝えしました。

ネイリストをしていると初めてネイルサロンに行くというご新規のお客様から、「サロンに行く前は、爪は切っていった方がいいですか。」という質問を頂くことがたまにあります。

結論からお伝えすると、
ネイルサロンに行く前に爪を切ったり、形を整えてくる必要は、ありません!
どうぞ、自爪のままお越しください☆

来店前に自分で爪切りで爪を切ったり、形を整えてしまうと、長さが足りずに希望の爪の形にできない場合などがあるため、先ほど申し上げたとおり、ファイリングはネイリストに任せましょう!

爪の形だけ整えたい時のオーダーの仕方

ネイルサロンには様々なメニューがあると説明しましたが、ネイルはせずに爪の形だけを整えたい場合は、予約時にその旨を伝えればOKです♪

最近では、ネット予約を導入しているネイルサロンが多いため、その場合はネイルケアメニューで予約を入れ備考欄にその旨を記入するなどでOK!

ご不安な場合や電話予約しかない場合は、上記のとおり予約時に口頭で伝えればいいですよ☆

まとめ

いくつか解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

最後に簡単にまとめます♪

  • ネイルサロンのほとんどのメニューには、爪の形を整えるファイリングが含まれており、ネイルケアといった爪の形を整えることを目的とした来店も可能
  • カラーリングができないがファイリングが目的の場合は、予約時にその旨を伝えるとOK
  • ジェルネイル以外にも育爪に力を入れたメニューを導入しているネイルサロンも増えている

いかがでしたでしょうか。

ネイルサロンにジェルネイル以外のサブメニューのみで来店してもいいものか、と迷う方も多いですが、ネイルケアメニューのみでの来店も今は増えています♪

自爪に自信のない方や自分に合う爪の形が分からない、自分で整えるのが難しい、とお悩み中の方は、是非一度ネイルサロンに行ってみてくださいね。
ネイリスト側もお客様に合わせた提案をしてくれますよ☆







おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター

「ネイルhack」のランキング

一週間で人気のあった記事ランキング

ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • facebook
  • x

公式アカウント