爪の形5種と人気のバレリーナを紹介|整え方のコツ・おすすめデザインも | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

※本サイト内では一部プロモーションが含まれます

SNSのネイル写真や、なんとなく目に入った人の手元を見ていると爪先の形は様々な修理があることに気がつきます。
爪の形は主に5種類あり、ラウンド、オーバル、ポイント、スクエア、スクエアオフという名前が付いています。

今回の記事では、これら5種類の爪の形と、昨今トレンドになっているバレリーナ(コフィン)という爪の形についての特徴や整え方などをお話していきます。

セルフネイルで爪を整えるときや、ネイルサロンでのオーダーの際にお役に立てていただければ幸いです。

ナチュラル見えする「ラウンド」

ラウンドのイメージ画像

まずご紹介するのは最も自然な印象のネイルに仕上がるラウンドという形です。
ラウンドはネイリスト検定試験3級でも試験課題になるため、最も基本的な爪の形と言っても良いかもしれません。

特徴

爪先の形は円の弧の一部分を切り取ったような曲線に整え、サイドはまっすぐに削り、爪先のカーブに緩やかに繋げます。
ショートネイルにはもちろん、長めの爪でも派手になりにくいのが特徴です。

爪の大きさが小さめな場合でも表面積が大きめに残るため、長さは短めにしたいけれどデザインを多くやりたいといったときにおすすめです。

整え方のコツ

整え方のコツとしては、爪先を丸くしすぎないことです。
あまり丸みを帯びた爪先にしてしまうと、次にご紹介するオーバルになってしまいます。
また、爪先を直線にしてしまうとスクエアオフになってしまうので注意しましょう。

ラウンドにおすすめのネイルデザイン

ラウンドはどんなデザインでも似合いやすいオールマイティーな形です。
ナチュラルにしたいならベージュや薄いピンク系のワンカラーがよくマッチします。
逆にたっぷりアートを施したニュアンスネイルなども派手になりすぎずおしゃれに仕上げることができますよ。
また、オフィスネイルにもピッタリの爪の形です。

女性らしい「オーバル」

オーバルのイメージ画像

オーバルは、ラウンドよりも爪先が丸く、爪全体のシルエットがたまご型になる形です。
ネイルサロンで爪先の形を「お任せ」にするとオーバルに整えられることが多い印象で、SNSのネイル写真でもよく見かけられます。

特徴

爪先がラウンドよりも丸みを帯びた形で、指が細く長く見えやすいです。
一方でデメリットもあり、ラウンドよりサイドを細く削るため少々強度が弱くなります。
女性らしい印象の手元になるのでラウンド同様にオフィスネイルをする女性から根強い人気があります。

整え方のコツ

オーバルは角がない丸い形に整えることが大切です。
慣れていないときにやりがちなのが、イエローライン(爪先の白い部分とピンクの部分の境のライン)の形に引っ張られてしまい、左右対称の形に整えられないということです。
爪だけを見て爪先の形が左右対称になるように整えましょう。

オーバルおすすめのネイルデザイン

特徴でも申し上げた通り、オーバルは女性らしい雰囲気の手元になりやすいのでデザインもフェミニンなテイストが似合います。
フラワーネイルや上品な色味の変形フレンチ、ミラーネイルなどが特におすすめです。







指が長く見える「ポイント」

ポイントのイメージ画像

ポイントは爪先をシャープに尖らせた形です。
爪の長さが必要で、短い状態でポイントにするためには長さ出しが必要になります。

特徴

ポイントは指が細く長く見えやすい形なため、爪の幅が広めの方にもおすすめ。
ただし、整えるには爪の長さが必要で、更にサイドをシャープに削るため、先端が欠けたり折れたりしやすいというデメリットもあります。
爪の形がアーモンドのようにもみえるため「アーモンド」と呼ばれることもあります。

整え方のコツ

ポイントはシャープに尖らせた形が特徴なので、サイドを爪先に向かって細くなるように削っていきます。
爪先の尖った部分が真ん中にならないと全体のフォルムがおかしくなってしまうのでよく確認しながら整えましょう。

ポイントにおすすめのネイルデザイン

しずく型になるため、爪先にデザインが多いデザインは向きません。
爪の根元にストーンを置いたり、先端にラメがけしたりするデザインが似合います。
また、ワンカラーやカラーグラデーションも大人っぽく仕上がります。

強度が高い「スクエア」

スクエアのイメージ画像

スクエアは丸みのない四角い形です。
長さ出しをするときには爪先をスクエアに整えてフォーム(長さ出しをするための土台)をつけやすくすることも多いです。

特徴

スクエアは、ここまでに紹介した爪の形とは異なり、丸みのない形です。
爪先を細く削らないので折れにくく、強度が高いことが特徴。
また、フットネイルはスクエアに整えることで巻き爪の予防になりますよ。

整え方のコツ

爪先、サイド共に直線に整えることがポイントです。
爪先に向けて幅を細くせずまっすぐに整える必要があるため、爪の先端まで長さが伸びていないと整えることができません。
そのため、爪の長さが足りないとネイルサロンではオーダーしても断られてしまうことがあるので注意しましょう。

スクエアにおすすめのネイルデザイン

スクエアは爪の表面積が広いのでたくさんのアートをしたい方におすすめです。
また、丸みがないので可愛いというよりはクールな印象になります。
ネイビーやカーキなどのダークカラーのワンカラーが格好良くキマるフォルムといえます。







スタイリッシュな「スクエアオフ」

スクエアオフのイメージ画像

スクエアオフはスクエアの状態から爪先の両端の角を丸くした形です。
ネイリスト検定試験1級ではスクエアオフに整えることが試験内容に入ります。
左右対称に整えるのが意外と難しいカットスタイルです。

特徴

スクエア同様に折れにくく、耐久性に優れています。
角が取れた形になるのでスクエアの無骨さがなくなり、柔らかいイメージになりますよ。
自爪の状態で長めにしても折れにくいので育爪したい方にもおすすめです。

整え方のコツ

まずはスクエアに整えましょう。
その後にエメリーボードで数回削って両サイドの角を丸くすればOK!
角を丸くしすぎるとラウンドになってしまうので注意しましょう。
エメリーボードを使いすぎず、スポンジバッファーで形を整えると削り過ぎを防ぐことができます。

スクエアオフにおすすめのネイルデザイン

スクエアオフもラウンドと同じく比較的どんなデザインも似合います。
しかし、ラウンドよりも丸みが少ない分、ベージュやピンク系カラーを塗ってもナチュラルというよりはスタイリッシュな印象になります。

トレンドの「バレリーナ」

バレリーナのイメージ画像

バレリーナは近年トレンドの爪の形で、棺桶(英語でコフィン)の形にも似ていることからコフィン型とも呼ばれます。

特徴

スクエアオフをベースした爪の形とも言え、爪先とサイドは直線ですが先端に向かって細くなっているので、女性らしい印象になるのがポイント。
上の写真のようにバレリーナは基本的に長めの爪で行うことが多いですが、スクエアオフができる長さであればバレリーナに整えることは可能です。

整え方のコツ

まずは爪の先端をまっすぐに整えてから、サイドを先端が細くなるように削りましょう。
どれくらい先端を細くするのかは好みによりますが、短めの場合は少し先端の幅を広めにしたほうがバランスが良くなります。

バレリーナにおすすめのネイルデザイン

写真のような華やかなデザインが映える形です。
また、爪の形そのものが個性的なのでシンプルなワンカラーもおしゃれに仕上がりますよ。
パーティーやイベントなどの予定がある時に特におすすめの形です!







おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター

「ネイルhack」のランキング

一週間で人気のあった記事ランキング

ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • facebook
  • x

公式アカウント