深爪の方がネイルチップを楽しむには|選び方や付け方を解説 | ネイル女子 - ネイリストがおすすめするネイルサロンも掲載中!

※本サイト内では一部プロモーションが含まれます

爪のサイズがコンプレックスの方って実は結構多いことを知っていましたか?

かわいいネイルチップでおしゃれをしてみたいけど、爪が小さかったり深爪の場合でもしっかりつけられるのか心配な方もいますよね。

この記事ではプロネイリストの筆者が深爪の方に向けて

・ネイルチップを選ぶポイント
・ネイルチップの付け方
・深爪で楽しめるネイルの方法

などを解説していきます!

ネイルチップを試してみようと考えている深爪の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

深爪に付けるネイルチップの選び方

ホワイトネイルをした手元の写真

ネイルチップをつける場合、深爪の方は特にネイルチップの選び方が重要だったりします。

適していないネイルチップを選んでしまうと、せっかく装着してもすぐに外れる原因になったり。

ここでは、深爪に付けるネイルチップ選びのポイントを解説していくのでしっかりチェックしてくださいね!

長すぎないものにする

深爪の場合はネイルベッド(爪のピンク色の部分)が小さく、装着するチップが長すぎるとどうしても剥がれやすくなります。

持ちをよくするためにも長すぎないネイルチップを選ぶようにしましょう。

長すぎないものを選ぶことでネイルチップを装着している不自然さを感じにくく、自爪にジェルを施したような自然な仕上がりに見せることができますよ。

サイズが豊富なものにする

ネイルチップは自爪に直接貼り付けるので、自爪の形状や大きさに合ったものを選ぶことが重要です。

深爪の方はシールなどを接着するネイルベッドが小さく、ネイルチップと自爪がしっかり密着していないと特に外れやすくなります。

自爪とネイルチップのサイズを合わせてしっかり接着できるよう、ネイルチップのサイズは豊富なものを選びましょう。

それでも自爪のサイズに合わない場合はネイルファイルで少し角を削るなどして自分の爪にフィットするよう調整してみてくださいね。

オーダーメイドにする

自分の好みのデザインで、かつサイズが豊富なネイルチップをなかなか見つけられないこともあるかも知れません。

そんな時にはネイルチップ専門店やオーダーメイドのネイルチップ販売をしているところにお願いするのもいいでしょう。

メジャーなどで自分の爪のサイズを測り希望の爪の長さ・形でオーダーすると、そのサイズにぴったり合ったネイルチップを作ってくれますよ。

深爪にネイルチップをつける方法

ネイルチップの写真

ネイルチップを自爪に装着する時には専用のグルーを使う方も多いのですが、深爪の周りの皮膚にグルーが付くことで荒れてしまったりするので実はあまりおすすめはできません。

だからといって深爪にネイルチップは付けられないわけではないのでご安心ください。

ここでは深爪の方も安心してネイルチップを付けられる方法を解説していきますね!

粘着グミ

粘着グミとはネイルチップと自爪を強力に接着するグミ状の接着剤で、両面テープよりも強力でグルーよりも簡単にネイルチップの装着ができる人気のアイテムです。

まずは爪表面の水分油分をしっかり除去し、保護シートをつけたまま台紙から粘着グミを剥がします。

粘着グミのカーブとネイルチップの根本側のカーブに合わせ、空気が入らないよう粘着グミを貼り付けましょう。

粘着グミの保護シートを剥がしたらネイルチップを自爪の根元から爪先に向かって押し付けながら接着します。

粘着グミは厚みがあるので爪のカーブがある方にも合わせやすくおすすめですよ。

両面テープ

サイズが豊富で小さい爪にも使いやすい両面テープは、付け外しが簡単だったり100円ショップなどで手に入りやすく一般的によく使われています。

爪表面の水分油分を除去したら自爪に両面テープを貼り、自爪とネイルチップの根元を合わせて空気が入り込まないよう気を付けながら装着しましょう。

最後にネイルチップの上から指で数十秒押さえて密着させると外れにくくなりますよ。

粘着グミと違い厚みがないので、爪のカーブに合わせるときはシールを2枚重ねるのがおすすめです。







深爪にネイルチップをつける方法

マニキュアを塗っている写真

ネイルチップもいいけれど、どうしても衝撃や水に強くないのが気になるところ。

気付いた時にはネイルチップが1本外れてなくなっていた…って経験は筆者もあります。

ここでは、ネイルチップ以外で深爪の方におすすめのネイルを紹介するのでぜひ参考にしてみてください!

セルフならマニキュア

セルフネイルを楽しむならマニキュアもおすすめです。

癖などで爪をいじってしまいそうになった時にマニキュアをしていることで歯止めがかかり、しっかりマニキュアでコーティングすることで爪の強度をあげてくれるでしょう。

爪の保護のため厚みを出してくれるマニキュアもあるので、特に爪が割れやすい深爪の方はチェックしてみてください。

ネイルサロンに行くならジェルネイル

深爪でもジェルネイルの施術は可能ですし、実は深爪矯正ができるネイルサロンもたくさんあるんです。

ジェルネイルは自爪へのダメージを軽減しながら付け替え時期の3~4週間後までは強制的に爪を伸ばすことになります。

ジェルネイルを楽しみながら深爪から健康的な爪に育てることができるので、爪が割れたり深爪で困っている方はぜひ一度試してみるといいでしょう。

まとめ

ピンクの花に手を伸ばしている写真

深爪の方でもチップのサイズや付け方に気を付ければ十分ネイルチップを楽しむことはできます!

けれど1日だけのおしゃれではなく、日常的に爪の保護としての目的もあるなら深爪矯正できるサロンに行くことをおすすめします。

筆者も何人もの深爪さんを矯正させていただいたことがありますが、一度しっかりした長さまで矯正できるとその後はセルフでジェルなどを楽しむこともできますよ♪

深爪の方は爪が弱くて割れやすかったり、自分で爪をいじってしまう癖があったりと原因はさまざま。

おしゃれを楽しみながら深爪を改善していけたらいいですね。







おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター

「ネイルhack」のランキング

一週間で人気のあった記事ランキング

ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • facebook
  • x

公式アカウント