ジェルネイルシールのやり方・剥がし方を徹底解説! | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

※本サイト内では一部プロモーションが含まれます

マニキュア、ジェルネイル、ネイルチップがネイルの主な種類ですが、昨今新たにジェルネイルシールが人気を集めています。

ジェルネイルシールとは、半硬化状態になったシート状のジェルを貼ってライトで硬化するもので、バラエティショップのネイルコーナーやネットで購入できます。

存在は知っているけれど、簡単にきれいにできるのか心配で手を出せていないという方向けに、今回の記事ではジェルネイルシールのやり方や剥がし方を解説していきます。

ジェルネイルシールに必要なもの

まずはジェルネイルシールを貼るのに必要なものをご紹介していきます。

シールにセットになっているネイルファイルやウッドスティックの他にも必要なものがあるのでよく確認して用意してくださいね。

ジェルネイルシール

ジェルネイルシールの写真

シンプルなものからトレンドのアートを取り入れたものまで幅広いデザインがあります。
自分の好みのジェルネイルシールを用意しましょう。

貼りやすさの観点からおすすめなのは全面カラーのものやニュアンスネイルデザインのものです。
フレンチネイルやカラーグラデーションのものは、フレンチラインやグラデーションの深さを揃えるのが難しいので注意しましょう。

ウッドスティック

ウッドスティック2本

ジェルネイルシールに付属していることが多いです。
甘皮の処理やジェルネイルシールをオフする時に使用します。

ネイルファイル(エメリーボード)

エメリーボード、スポンジバッファー、ネイルファイル

ジェルネイルシールに付属していることが多いです。
エメリーボード(黒い面)で自爪の長さと形を整えて、ネイルファイル(白い面の事が多い)で余ったジェルネイルシールを削り落とします。

硬化用ライト

ジェルネイル用ライト

硬化用ライトはUV-LEDライトがおすすめです。
手軽に安く手に入れたい場合は、100均のダイソーやキャンドゥで330円で販売されているものがおすすめです。

キューティクルリムーバー

キューティクルリムーバーの小瓶

甘皮の処理をする時に甘皮をふやかすために使用する溶剤のことです。
キューティクルリムーバーを使用しない場合は、指先をお湯に浸けて皮膚をふやかすことで甘皮処理がしやすくなりますよ。

消毒用エタノール

消毒用エタノール

自爪の油分を拭き取る時に使用します。
もしない場合はハンドソープで手をしっかり洗うことでも油分除去の効果を得ることができますよ。

コットン

コットンで爪を拭き取る

消毒用エタノールを染み込ませて爪の油分の拭き取りに使用します。
カットしたキッチンペーパーなどでもOKです。

ジェルネイルシールをきれいに貼るための下準備

キューティクルの手入れをする写真

ジェルネイルシールをきれいに貼って長持ちさせるには、下準備が大切です。
しっかり甘皮ケアや油分除去のやり方をおさえましょう。

1.エメリーボードで自爪の長さと形を整える

ジェルネイルシールに付属しているエメリーボードで自爪の長さと形を整えます。
爪切りを使用すると爪割れや二枚爪の原因になるのでエメリーボードを使用するようにしてくださいね。

2.キューティクルリムーバーを塗布する

爪の生え際にキューティクルリムーバーを塗布します。
キューティクルリムーバーがない場合は、お風呂上がりに甘皮処理するか、お湯を用意して指先をお湯に浸けて甘皮をふやかしましょう。

3.ウッドスティックで甘皮を処理する

ウッドスティックで甘皮を押し上げて除去します。
キューティクルニッパーも持っている場合はささくれや小爪も除去するとよりきれいな仕上がりになります。

4.消毒用エタノールで油分除去をする

コットンに消毒用エタノールを染み込ませて自爪の表面をよく拭き取ります。
油分除去をすることでシールがしっかりと貼り付くので持ちが良くなりますよ。







ジェルネイルシールのやり方

ジェルネイルシールのセット

いよいよジェルネイルシールのやり方を紹介します。
貼って、削って硬化するだけの3ステップなので簡単ですが、いくつかポイントがありますのでお話していきます。

1.爪のサイズに合ったものを選ぶ

爪にジェルネイルシールを合わせる

まずは自爪のサイズに合ったものを選びましょう。
しっかりサイドまで覆えるものを選ぶことで仕上がりが美しくなります。

ちょうどいいサイズがない場合は大きめのものを選んでハサミでカットしましょう。

2.爪にシールを貼る

ジェルネイルシールを爪に貼り付ける

爪の根元を1ミリほど開けて貼ります。

根元から合わせて空気が入らないようにゆっくりと貼り付けていきます。

3.ネイルファイルで余った部分を削り落とす

爪先の余った部分をやすりで削る

しっかりと貼れたら、上の写真のように爪の内側に余っているシールを折り込み、ネイルファイルを使って削り落とします。
ネイルファイルを縦に使うときれいに削りやすいです。

4.ライトで硬化する

UV-LEDライトに入れて規定時間硬化します。

ジェルネイルシールを貼り付け終えた片手

すべての指にシールを貼れば完成です!

ジェルネイルシールの剥がし方

ジェルリムーバーの写真

ジェルネイルシールの剥がし方をご紹介していきます。
セットで付いていたウッドスティックのほかにジェルリムーバーを用意しましょう。

1.ジェルネイルリムーバーを少量垂らす

ライトで硬化するジェルネイルシールはしっかりと自爪に密着しているので無理に剥がすと自爪の表面が剥がれてしまうことがあります。

そのような事態を防ぐためにもジェルネイルリムーバーを少量垂らして剥がれやすいようにするのがポイントです。

2.ウッドスティックで少しずつ剥がす

爪の根元側からウッドスティックを入れ込み、少しずつ剥がしていきます。
剥がれにくいときは無理やり剥がさず、ジェルネイルリムーバーを垂らして剥がしていきましょう。

3.ネイルオイルで保湿する

シールを剥がせたら、自爪の保湿を行います。
適量のネイルオイルを爪の生え際と、爪先の爪と皮膚の隙間に塗布してマッサージをするように馴染ませます。

さらにハンドクリームで保湿するとよりしっかりと保湿できますよ!

まとめ

ジェルネイルシールをした手元の写真

今回の記事では、ジェルネイルシールのやり方や剥がし方について解説してきました。
簡単に貼ることができてオフも楽なので、数日間だけネイルをしたい方にはもってこいの商品です。
ぜひジェルネイルシールを取り入れてみてくださいね。







おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター

「ネイルhack」のランキング

一週間で人気のあった記事ランキング

ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • facebook
  • x

公式アカウント