キューティクルニッパーの使い方|セルフでの甘皮処理の仕方を解説 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

※本サイト内では一部プロモーションが含まれます

セルフネイルケアやセルフジェルネイルをしていると必須の「甘皮処理」ですが、キューティクルニッパーの使い方がわからなかったり、使うのが怖かったりして困っていませんか?

今回の記事では、キューティクルニッパーの正しい使い方をご紹介していきます。後半では、キューティクルニッパーを使用したネイルケアの手順を解説しています。

正しいキューティクルニッパーの使い方を知って、安全に甘皮を除去できるようになりましょう!

キューティクルニッパーの使い方

キューティクルニッパーとは、甘皮を除去することに特化したネイルアイテムのことです。
甘皮処理に使う道具は他にもメタルプッシャーやオレンジウッドスティック、綿棒などがありますが、キューティクルニッパーを使う甘皮処理はよりきれいに行うことができます。

持ちを良くしたり、仕上がりの美しさをワンランクアップさせたい時は、キューティクルニッパーを使った甘皮処理をするのがおすすめです。

しかし、キューティクルニッパーは正しい持ち方や使い方をしないと皮膚を傷つけてしまうことがあります。ここからは正しい使い方を解説していきます。

おすすめのキューティクルニッパーについてはこちらの記事で紹介しています。

おすすめキューティクルニッパー10選|選び方やケア方法も解説
URL:https://www.nailjoshi.com/81341/

持ち方

キューティクルニッパーは利き手で下から支えるように持つ「アンダーハンド」で持つのが適切です。この持ち方だと安定して持ったり動かしたりすることができます。

キューティクルニッパーを下から支えるように持ち、親指はグリップが交差している位置に置きます。グリップの膨らんでいる部分が手のひらの真ん中にくるようにしましょう。

ガーゼを親指に巻く時は、ガーゼが机に垂れないように手のうちに収めましょう。
これはネイリスト検定でも衛生面を考慮して定められているので、ガーゼの清潔さを保つためにもしっかり守ってくださいね。

当て方、刃の角度

まず甘皮を除去する時はいきなり根元やカーブ部分に当てずに、サイドから行います。
サイドから少しずつ刃を動かして行ってカーブに進んでいくというイメージです。

キューティクルニッパーは閉じた状態で甘皮に対して平行になるように当てます。
刃を垂直に当ててしまうと刃先が皮膚に刺さりやすく、出血の原因になるので必ず甘皮に足して刃先は平行になるようにしてください。

カーブの部分をカットしていく時は 刃先を内側に少しずつ倒していきましょう。

動かし方

キューティクルニッパーを動かす時は小指を立てて左手のどこかに置いて支えにし、薬指でグリップを小刻みに動かします。刃の開閉は1ミリ〜2ミリ程度です。
大きく開きすぎると皮膚を切ってしまう可能性が高くなるので小刻みに動かすことを意識しましょう。

キューティクルニッパーを正しく持って動かすには練習が大切です。
いきなり甘皮をカットするのではなく、まずは正しい角度でニッパーを当てたり開閉したりできるように練習してみてくださいね。
実際にカットするのは少し扱いに慣れてきてからにしましょう。

ネイルケアの手順

キューティクルニッパーと手元の写真

ここからはキューティクルニッパーを使ったネイルケアのやり方をご紹介していきます。
お湯を使った丁寧なケア(ウォーターケア)なのでドライケアよりも仕上がりの美しさがワンランクアップしますよ!

1.エメリーボードで自爪の長さと形を整える

まずは自爪の長さと形をエメリーボードで整えましょう。
エメリーボードは往復に動かして削らず、一定方向に動かして削ります。
往復がけすると爪割れや二枚爪になりやすいので必ず一定方向に動かすのを守りましょう。

爪切りを使ってしまうとパチンという衝撃で二枚爪になる可能性があるのでエメリーボードで整えるのがおすすめです。

2.キューティクルリムーバーを塗布する

爪の生え際にキューティクルリムーバーを塗布します。
もしない場合は飛ばして(3)に進みましょう。

3.ぬるま湯に指先を浸ける

指先が浸かるくらいの容器にぬるま湯を用意して指先を10分程浸けましょう。
お湯に浸けることで指先の皮膚や甘皮がふやけるので押し上げがやりやすくなります。
時間が経ったらタオルやキッチンペーパーなどで手をよく拭き取ります。

4.メタルプッシャーで甘皮を押し上げる

メタルプッシャーで甘皮を押し上げていきます。
プッシャーは力を入れずに爪の真ん中辺りから爪の根元側に向けて放射線状に動かしていくと押し上げがうまくいきます。

力を入れて動かしてしまうと爪の表面を傷つけたり、皮膚を切ってしまったりすることがあるので注意しましょう。

5.キューティクルニッパーで甘皮を除去する

プッシャーで押し上げた甘皮をキューティクルニッパーで除去していきます。
使い方は前半で解説したような部分に注意して、皮膚を傷つけないように動かしましょう。

皮膚が乾いてきたら水で湿らせたガーゼで触って、必ずウェットな状態で除去するようにしてくださいね。

6.ネイルオイルで保湿する

甘皮ケアが終わったらネイルオイルを爪の根元と、爪先の爪と皮膚の間に塗布してマッサージをするように馴染ませます。これでネイルケアは完了です!

ジェルネイルやマニキュアをする場合はネイルオイルはこのタイミングで塗らず、ネイルを付けた後に塗ってくださいね。

まとめ

ネイル用品の写真

今回の記事では、キューティクルニッパーの正しい使い方についてお話をしてきました。
初めてキューティクルニッパーを使うときには使い方がよく分からなかったり、傷つけそうで怖かったりすると思います。

しかし適切な持ち方で正しく使用すれば甘皮をきれいに処理することができ、ジェルネイルやマニキュアの持ちが良くなり、仕上がりの美しさも格段にアップします。

何度も練習して上手く使用できるようになれることを祈っています!

おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター

「ネイルhack」のランキング

一週間で人気のあった記事ランキング

ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • facebook
  • x

公式アカウント