ネイルサロンとセルフネイルの違いは?ジェルネイルするならあなたはどっち派?? | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

ネイルをする時はネイルサロンに行きますか?それともお家でセルフネイルをしていますか?日本にジェルネイルが普及する前、ネイルはマニキュアが主流でした。そのためネイルサロンに通うのは一部で、ほとんどの人はマニキュアを自分で買い塗っていました。今でもマニキュア派はセルフの人が多いと思います。ジェルネイルが流行り出して間もない時は、ネイルサロンで施術してもらわなければジェルネイルをすることができませんでした。現在のようにネイルをするのに誰でも気軽にネイルサロンに通うようになったのは、ジェルネイルが一般的になってからになります。そしてすっかりジェルネイルが当たり前になった今では、マニキュアと同じようにジェルネイルグッズも商品棚に陳列し、誰でも気軽に始められるようになりました。そうなると今度はジェルネイルにも、ネイルサロン派とセルフネイル派が出てきます。ネイルをするとしたら皆さんはどっち派ですか?今回はそんなネイルサロン派とセルフネイル派、それぞれのメリットとデメリットなどをご紹介していきます。

ネイルサロンのメリットとデメリット

ジェルネイルをする時に、ネイルサロンに行くか自分でセルフネイルをするか悩んだことはありませんか?ネイルサロンに通っていたけど今はセルフネイルをしているという人や、逆にずっとセルフでやってきたけど今はネイルサロンに通っているという人など様々です。まずはネイルサロンに行くことのメリットとデメリットをご紹介していきます。

ネイルサロンのメリット

なんといっても自分でやるには難しいアートをやってもらうことができます。さらにネイルサロンであれば、カラーやネイルパーツも豊富にあるので選択肢が広がります。ジェルネイルをするためのケアも細部までしっかりと行うため、ネイルの持ちも3週間~4週間と良いです。プロのネイリストはネイルに必要な材料や爪の知識が豊富なので、臨機応変に材料を使い分け一番良い方法で美しく仕上げてもらえます。またネイルサロンでは爪の補修やハンドケアもできますし、手や爪のことで困ったことがあれば必要なアドバイスをしてもらえます。

ネイルサロンのデメリット

ネイルサロンに行くためには予約を取らなくてはいけません。そのため自分の好きなタイミングでネイルができるとは限りません。また最近は定額のデザインを用意しているサロンが多く、平均で一回6000円~1万円の費用がかかります。もし好きなデザインを持ち込みでオーダーした場合は、さらに費用がかかることもあります。定額制のデザインに好みのものがあれば良いですが、サロンによっては選べるデザインが少なかったりカラーのチェンジができなかったりする場合もあるので、注意しなくてはなりません。またお店の雰囲気やネイリストとの相性なども満足度に大きく関わってくると思います。はじめてのネイルサロンに行く時は、お店のホームページや口コミなどを見て自分のイメージに合いそうなお店なのかを見極める必要があります。

セルフネイルのメリットとデメリット

上記ではネイルサロンのメリットとデメリットについてご紹介しました。次はセルフネイルのメリットとデメリットをご紹介していきます。







セルフネイルのメリット

わざわざ予約を取ってサロンに行かなくても、お家時間を使ってネイルをすることができます。材料さえ揃っていればネイルの度に費用がかかることもありません。また好きなタイミングでネイルをチェンジすることも可能です。もしネイルの持ちにこだわる必要がなければ、爪のサンディング(表面を削る)を抑えることもできます。仕上がりを好きな厚みにするなど、サロンでは伝えきれない自分の好みもセルフなら納得のいくまで調整することができます。

セルフネイルのデメリット

マニキュアと違いジェルネイルをするためには、専用のライトや溶剤などの必要な道具を一式揃えなくてはいけません。またプロにやってもらうのとは違い、セルフだと甘皮の処理がしっかりとできていないことが多いです。するとネイルの持ちが悪くなり1週間~2週間で剥がれてきてしまうことがあります。そして自宅にあるジェルのカラーやネイルのパーツは限られるので、どうしてもデザインがマンネリ化してきます。さらに利き手ではない方で道具を扱ったりジェルを塗ったりする必要があるため、ある程度の練習が必要になります。

ジェルネイルには欠かせないプレパレーションって何?

ジェルネイルをする時に一番大切なことは何かご存知でしょうか?それはプレパレーション(プレパ)といわれるもので、ネイルをするための下準備のことを指します。これはネイルサロンでもセルフでも同じで、ジェルネイルをキレイに仕上げ 、持ちを良くするためにとても大切な工程になります。プロのネイリストとセルフの差はこのプレパレーション技術の差が大きいです。ネイリストは見習いの間に、まずこのプレパレーションを徹底的に身に付けます。セルフでジェルネイルをしていこうと考えている人は、プレパレーションの基本を押さえておきましょう!

プレパレーションに必要なもの

・エメリーボード…爪の形を整えるために使います。
・スポンジファイル…爪の表面を整えるために使います。
・セラミックプッシャーまたはウッドストック…甘皮を押し上げるのに使います。
・エタノールまたはジェルクリーナー…消毒や爪の油分除去に使います。
・あればキューティクルニッパー…余分な甘皮のカットに使います。
・その他…コットン・ダストブラシ

プレパレーションのやり方

①エタノールで手指消毒をします。
②エメリーボードを使い爪の形を整えます。
③プッシャーで甘皮を優しく押し上げ、セラミック面を使い爪の上(根元周辺)をくるくると優しく滑らせていきます。この工程がジェルの持ちと仕上がりを左右します。爪の根元に甘皮や薄皮が残っている状態でジェルを乗せるとそこから空気が入りジェルが剝がれてきます。
④キューティクルニッパーがあれば浮いた甘皮をカットします。なければ、カットしなくて大丈夫です。
⑤爪の表面全体をスポンジファイルで軽く整えます。
⑥削りカスなどをダストブラシで掃い、ジェルクリーナ ーを浸み込ませたコットンを使い、爪のキワのキワまでしっかりと拭いていきます。この時爪の先端も忘れずに拭いていき、削りカスがあれば全て取り除きましょう。

どんなに質の良いジェルを使ったとしても、プレパレーションがきちんとできていなければ意味がありません。仕上がりや持ちが全く変わってくるので、セルフでネイルをする際はプレパレーションをしっかりと意識してみて下さい!

まとめ

ネイルサロンもセルフネイルもどちらにもメリット・デメリットがあります。もしセルフネイル派の人でまだネイルサロンに行ったことがない人がいれば、ぜひ一度ネイルサロンに行ってみて下さい!



プロのネイリストがどのような手順でどんな施術をしているのかを見ておくと、とても参考になると思います!








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント