ポリジェルの長さ出しのやり方!&カラー選びのコツや起こりやすい失敗の対策を紹介 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ポリジェルって知っていますか?比較的新しい長さ出しの方法の1つで、セルフで長さ出ししたい時におすすめです。人工爪を作る時の土台のことをフォームといいますが、ポリジェルを使った長さ出しはネイルチップフォームというチップ型のフォームを使って行います。このおかげで左右どちらも綺麗な形を簡単に作りやすいというメリットがあり、初心者の方でもやりやすいのが特徴です。ジェルの一種なのでいつものオフに使っているジェルリムーバーでオフが可能で、手軽に長さ出ししたい時や深爪の方、爪が折れてしまって長さを揃えたい時などにおすすめのジェルネイルです。今回の記事では、ポリジェルで長さ出しのやり方を解説します。また、カラーの選び方のポイントや多い失敗なども合わせてご紹介するので長さ出しをしてみたい方は参考にしてみてくださいね。

ポリジェルとは

まずはポリジェルがどんなジェルなのかを詳しく解説します。

特徴

ポリジェルは一般的なジェルよりも非常に固いテクスチャーで、ライトで硬化することができ、ジェルリムーバーでオフすることができる長さ出し用のジェルです。チップフォームと呼ばれる型に好きな長さになるようにポリジェルを入れて自爪に装着し、ライトで硬化するとチップフォームで作った長さがそのまま人工爪になります。

カラーの選び方

普通のカラージェルよりもカラーバリエーションは少なく、大体10色程度のカラー展開です。

・そのままで楽しむならピンク系やラメ
ポリジェルで長さ出しをしてトップジェルだけで仕上げたい場合、おすすめはピンク系カラーやラメが入ったカラーです。ポリジェルはピンク系のカラーが多くベビーピンクやピーチ、くすみピンクなど種類が豊富です。肌に合いそうな色を選んでみてくださいね。ラメのものはピンク系にラメが入っているものなどが多いようです。

・自爪風にしたいならベージュ系
ポリジェルはヌーディーカラーが多く、ベージュはごく薄いものからピンクベージュなどがあります。肌なじみがいいカラーが多い印象です。

・アートを施すならクリア
長さ出しをした後にジェルで長さ出しをするならクリアがおすすめです。重ねるカラーの邪魔をせず、ロングネイルのデザインを楽しめます。スターターキットのほとんどにクリアは同梱されているのですが、量は少なめなので毎回クリアを使う場合は大容量のものを買ったほうがいいかもしれません。

他にはどんな長さ出しの方法がある?

・アクリル
アクリルパウダーとリキッドという液体を混ぜ合わせてネイルフォームと呼ばれる台紙の上に人工爪を作って行う長さ出しです。ジェルの長さ出しよりも強度が高く、ロングネイルにしたい方向きの長さ出しの方法です。オフはジェルのように削ってからリムーバーを使って溶かしますが、ジェルよりも手強いためセルフネイルでの長さ出しとしては難しいのがデメリットです。

・ジェル
ジェルでの長さ出しもやり方はアクリルと同じでフォームを使います。ジェルは柔らかいため爪にフィットするのが特徴ですが、その分強度が弱いためアクリルでできるようなロングは難しいという点もあります。長さを揃えたり、オフが楽にしたかったりする場合におすすめのやり方です。

・ネイルチップ
チップオーバーレイという技法で、ハーフチップというものを爪先にグルーで付けて長さ出しします。アクリルほど長さを出すことはできません。チップによって大体の形が出来上がっている状態になるためスピーディーな施術が可能で、時短がウリのネイルサロンでの長さ出しに使われていることが多いです。

・ジェルチップ
ポリジェルと同じく比較的新しい技法です。これやジェルでできたネイルチップを爪に乗せて長さ出しを行います。簡単に美しい形ができる上、オフも一般的なジェルと同じようにできますが、購入できる場所が限られており、手に入りにくいことがあります。

長さ出しについてはこちらの記事でも紹介しています。
⇒ネイルの長さ出しは深爪でもできる?スカルプチュアってどんな種類があるの?

ネイルサロンでの長さ出しについてはこちらで紹介しています。
⇒スカルプネイルの値段の平均ってどのくらい?&スカルプのおすすめデザインや日常生活での手の使い方を紹介

長さ出しに必要なもの

ポリジェルの長さ出しに必要なものは以下の9点です。

・ポリジェル
・チップフォーム
・ポリジェル用の筆
・ベースジェル
・トップジェル
・硬化用ライト
・ネイルファイル
・スポンジバッファー
・伸ばし液

ベース、トップはセットに付属しているものでも普段から使っているものでも問題ありません。セリアのSHジェルネイル(ライト対応)ベース&トップコートでも使用しましたが問題なくつきました。ポリジェルを伸ばすために筆を1本用意しましょう。毛先は平筆がおすすめです。
チップフォームは専用のチップでも普通のネイルチップでも可能です。普通のネイルチップの場合、できる先端の形はチップの形に縛られるので注意しましょう。
ライトはUVとLEDに対応しているのでどんなものでも問題ありません。ポリジェルはLED60秒のものが多いので60秒タイマーがあるライトだと特に便利です。
ネイルファイルとスポンジバッファーは根元の段差や先端の形を整える時に使います。ファイルの目の粗さは180G、スポンジバッファーは100~180G程度がおすすめです。
伸ばし液はチップフォームに出したポリジェルを筆で伸ばす時に、筆に液を付けて伸ばしやすくします。絵の具を水で溶かして伸びを良くしますが、ポリジェルにとっての水が伸ばし液です。キットを買えば付いてきますが、ポリジェルのみ購入する場合は消毒用エタノールで代用ができます。小さい入れ物に消毒用エタノールをいれて筆を付けながら伸ばしましょう。

スターターキットを購入するのもおすすめ

今回、使い方の説明で使用しているのはこちらのセットです。009のカラーを使用しました。ライト以外の必要なものはすべて揃っているのですぐに始めることができます。

リーズナブルな価格のキット。クリアとヌーディーカラーの長さ出しかしない場合はこのようにカラーが2色ほどで量の多いものを選ぶのがおすすめです。

セルフネイラーさんで利用している人も多い「イロジェル」からもポリジェルが出ています。こちらはポリジェルのみなので伸ばし液やチップは自分で用意しましょう。







ポリジェルの長さ出しのやり方

ではポリジェルでの長さ出しのやり方を紹介していきます。

①まずはしっかりケアとサンディングを行います。甘皮が根元に残っているとチップを付けにくいのでしっかり取り除きましょう。今回は薬指に長さ出しをしていきます。

②ベースを塗ります。根元までしっかり塗りましょう。硬化時間はUV120秒、LED60秒です。今回はUVとLED併用のライトを使っているので60秒当てます。

③チップフォームにダストがついているとそのまま表面に出てしまうので消毒用エタノールで拭いておきます。チップはストレスポイント(爪先の爪と皮膚の堺)を覆うことができるサイズを選びます。根元のカーブはそのままでは合わないこともあるので事前に削っておくとスムーズです。

④チップフォームにポリジェルを出します。量は人それぞれ爪の大きさが違うので自分にあった量を何度か練習して見つけてください。

⑤伸ばし液でチップの先端側にポリジェルを伸ばします。チップをこのように持つと伸ばしやすいです。

⑥伸ばし液を付けた筆でポリジェルを長さ出ししたい分だけ伸ばします。ここで作った厚みがそのまま長さ出しの厚みになります。できるだけ厚みが均等になるように伸ばしましょう。

⑦チップを指に装着します。空気が入らないように注意してそっと乗せましょう。曲がっていないかなどを確認してチップが動かないようにライトに当てます。硬化時間はUV120秒、LED60秒なので60秒当てます。
チップからポリジェルがはみ出してしまった場合、少量であればウッドスティックなどで取れば問題ありませんがたくさんはみ出た場合はやり直したほうがうまくいきます。

⑧硬化した状態です。⑦の写真と変わりませんが、爪先の部分のジェルがしっかり硬化していました。チップを外します。ウッドスティックを隙間に入れるとパカッと外れます。

⑨チップフォームを外しました。しっかり長さ出しできています。先端やサイド、根元の段差をネイルファイルで削って形を整えましょう。

⑩形を整えて、トップを塗って硬化した状態です。しっかり長さが出てツヤもあります!

他の指にもつけるとこのようになります。カラージェルは塗っていないのでポリジェルそのままのカラーとトップのツヤです。簡単に長さ出しをすることができました。

ポリジェルで多い失敗とその対策

ポリジェルを使っている時に起こしやすい失敗について対策法とともにご紹介します。

強度がなく、すぐに折れてしまう
→チップフォームのサイズが合っておらずストレスポイントが覆えていない。

ポリジェルをチップに伸ばせない
→伸ばし液の量が十分ではない。

試しに伸ばし液なしで伸ばそうとしましたが、筆にベタベタとくっついてしまって全然思うようにポリジェルを動かせませんでした。たっぷりの伸ばし液で伸ばしてくださいね。

チップを指に乗せた時に根元からあふれてしまう
→出しているポリジェルの多い、根元にあるポリジェルの量が多い。

付けた後に爪とポリジェルの間に隙間ができる
→チップフォームのカーブが合っていない。

合うチップを探すか、ポリジェルを厚めに伸ばしてカーブと合うようにしましょう。厚めにした場合、装着した時に押し付けるとあふれてしまうので乗せて押さえた状態でライトに当てるようにしてください。

ポリジェルで気軽にロングネイルを楽しもう

いかがでしたか?本日はポリジェルで長さ出しするやり方についてお話してきました。ポリジェルでの長さ出しはアクリルやジェルのフォームを使うやり方よりも綺麗な形を作りやすいです。また、利き手ではない手でも作業しやすいのでセルフネイル向きの長さ出し法と言えます。ポリジェルのポイントは以下のとおりです。

・自爪の大きさに合うチップフォームを選ぶ。
・ポリジェルの量を丁度良く。
・伸ばし液を使ってチップフォームに伸ばす。
・硬化時間をきちんと守る。

ポリジェルの量は1回目からピッタリでやるのは難しいので、何度か練習して量とコツを掴みましょう。長さ出しをしていつもと違う手の雰囲気を楽しんだり、アートを施したりしてみてくださいね!








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント