ネイルの長さ出しは深爪でもできる?スカルプチュアってどんな種類があるの? | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

せっかくジェルネイルをするなら爪を長くしたい!という人は長さ出しに挑戦してみてはいかがでしょうか?特に自分でケアしていると深爪気味になってしまう人は、爪に長さをプラスした状態でネイルをしてみたくなりますよね。意外にも長さ出しはジェルネイルを長く続けている人でも、したことがある人は少ないようです。爪に長さがあると、できるデザインの幅が広がって、ネイルがさらに楽しくなりますよ!今回はネイルの長さ出しは深爪でもできるのか、長さ出しの基本の種類についてご紹介していきます!

長さ出しの方法には種類があります

ネイルにおける長さ出しとは、人工的に爪の長さを足す技術のことを指します。別名でスカルプチュア、イクステンションとも言います。長さ出しにはいくつか種類があるので、まずはどのような種類があるのかを下記でご紹介します!

アクリルスカルプチュア

アクリルパウダーとアクリルリキッドを使って爪の長さ出しをする方法です。古くからある方法なので、名前だけは聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。アクリルスカルプチュアは、まず爪に長さを出すためのフォームという型紙を装着し、アクリルパウダーとアクリルリキッドを混ぜたものをフォームと自爪の上にのせ、形を作っていきます。アクリルパウダーとアクリルリキッドを混ぜたものはミクスチュアという名前があり、ミクスチュアは時間が経つにつれて少しずつ乾燥し固まっていきます。リキッドにミクスチュアが残っている間は形を変えられるので、ミクスチュア内のリキッドが乾かないうちに完成させる必要があります。アクリルは強度が高いため、かなり長さを出しても折れにくいスカルプチュアを作ることが可能です。

ジェルスカルプチュア

ジェルネイルで爪の長さ出しをする方法です。実はジェルにも種類があるのはご存知ですか?ソフトジェルとハードジェルという2種類があり、近年ネイルサロンやセルフネイルで使われているのはソフトジェルです。その名の通り柔軟性があるジェルで、軽くて自然なつけ心地が特徴的です。ソフトジェルはアセトンという除光液に入っている成分で溶かしてオフすることができるので、長さ出しをしても他の方法と比べて簡単にオフができます。しかしソフトジェルはオフがしやすい分、ロングネイルと呼ばれるような長さ出しは強度の問題上難しく、数ミリ程度なら長さ出しをすることが可能です。また扱い方によっては衝撃ですぐに取れてしまうかもしれません。ジェルスカルプチュアで多少の強度も欲しい場合は、ハードジェルの長さ出しにしましょう。ただしハードジェルはアセトンで落とせません。全て削ってオフをするので、ハードジェルを繰り返し使っていると自爪まで傷つけてしまう可能性があります。

チップオーバーレイ

ネイルチップを使って長さ出しをする方法です。長さ出し用のチップを自爪の幅に合うよう、ファイルで形を整えたあと、ネイル用の接着剤で取り付けます。必要な道具が少なくて済みますし、アクリルスカルプチュアやジェルスカルプチュアよりも短時間で長さ出しができます。しかしネイル用の接着剤はアクリルやジェルよりも爪に対する接着力が弱いので、大切なイベントのために1日だけ長さ出しをしたいという場合におすすめです。ちなみにネイルチップとアクリル、またはネイルチップとジェルを組み合わせることで、接着剤よりも強度のあるチップオーバーレイを作ることができます。

新しい技術の長さ出し

上記以外にも、2019年頃からジェルチップで長さを出す、「次世代のイクステンション」と言われている方法が様々なメーカーから開発、販売されています。特に有名なのはココイストというメーカーの「ジェリップ」や、アプレというメーカーの「Gel-X」です。ジェルチップの長さ出しはジェルの素材に近い、形ができあがっているチップを専用のジェル等で爪の上に装着する方法です。これまでのチップオーバーレイやジェルスカルプよりも強度があり、付けるのも簡単で、長さ出しの時短が可能になりました。長さ出しは通常のジェルネイルの施術よりも時間がかかってしまうことがデメリットとなっていましたが、ジェルチップによるイクステンションが広まれば、より気軽に長さ出しができるようになるかもしれません。







深爪でも長さ出しはできる!

生活習慣や爪が弱いせいで深爪になってしまうという人でも、長さ出しは可能です!アクリルスカルプチュアやジェルスカルプチュアはフォームを爪に引っ掛けて作りますが、引っかかる程度の長さがあれば施術をしてくれるネイルサロンがほとんどです。またチップオーバーレイやジェルチップは、自爪の上にチップを着ける方法なので、元の爪の長さは関係ありません。安心してネイリストに長さ出しをお願いしましょう。ただし注意が必要なのは、ネイルサロンによってどのような長さ出しの方法を取り扱っているか異なりますし、長さ出し自体を行っていないところもあるという点です。不安な方は電話などで「深爪でも長さ出しはできるか」「どの方法で長さ出しの施術をしているか」を予約前に相談しておきましょう。



深爪で爪や皮膚が荒れている場合はネイルをせず、皮膚科へ相談を

爪を噛むクセが辞められない、もしくは常に深爪にしすぎているせいで爪や皮膚が荒れて痛い、という状態の方は、ネイルサロンで施術を断られるかもしれません。ネイリストは爪のについて詳しい知識を持っていますが、医師ではないため状態を診断したり処置することはできません。ネイルをすることで、爪や皮膚に悪影響を及ぼしてしまう可能性がある場合、施術はできないのです。ネイルは爪や皮膚が健康な状態で、その人にあった方法で楽しむものです。深爪によって爪や皮膚が荒れている場合は、まずは皮膚科で診察を受け、医師の診察結果に従い、ネイルができる状態まで回復に努めましょう。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント