マグネットネイルをセルフでやってみたい!ジェルと磁石を使って自分だけの模様を作って楽しんでみる | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.ネイル女子 – Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

最近話題のマグネットネイル。独特な光を放つあのアート、あれって一体どうなっているの?と思ったことありませんか?角度によって光のラインが動いたり、ジュワ~とした質感の何とも言えないネオグラデーションが浮かび上がったりと、幻想的でとても綺麗ですよね。子供の頃、砂場に磁石を持ち込んで「砂鉄」なるものを集め、動かして遊んだ記憶のある方もいらっしゃるかと思います。それです!ジェルの中にラメ状の鉄粉が入っていて、それに磁石を近づけて自由自在にラメ動かし、人の手では表現できないあの奥行きのある幻想的な模様を自然と生むことができるというものです。言ってしまえば磁力の匙加減で勝手にアーティスティックな模様が出来てしまうわけですから、セルフネイルにぴったりだと思いませんか?今回はセルフで簡単に出来る、基本的なマグネットネイルの扱い方をご紹介していきたいと思います。

マグネットネイルって何?

出典:www.instagram.com(@nagisa.tanaka)

マグネットネイルとは、「磁石」を使って、ジェルやポリッシュに入っているラメを自在に動かし、模様を作っていくアートのことを言います。なぜ磁石で模様が出来るかと言うと、マグネットネイルの中に入っている細かいラメ=鉄紛なのです。なので、磁石で模様を動かすことが出来るのですね。

準備するもの

・ベースジェル
・トップジェル
・マグネットジェル(どこのメーカーのものでもOK)
・スパチュラ(楊枝でOK。下に溜まった鉄粉をしっかりかき混ぜる用)
・専用磁石

※ジャータイプのマグネットジェルを使う方は、ラメが筆に入ってしまうためマグネットジェル用に筆を一本用意することをおすすめします。

セルフで人気のキャッツアイ風ネイルをやってみる

最初にまずやってみるのは、まるで猫の目のように明るい光の筋が現れることで大人気のキャッツアイ風ネイルです。まずはベースを硬化。その上によく混ぜたマグネットジェル(底にラメが溜まっているのでしっかり混ぜて下さいね)を薄く一度塗りし硬化して、二度塗り目はたっぷり塗布していきます。そして、磁石の登場です!斜めにラインを入れたい場合など、ラインを入れたい方向に磁石を合わせジェルが磁石に付かないように気を付けながら、しばらくジーッとしています。これだけです。この時、動かないのがポイントで、ジッと動かない時間が長い程、光のラインがはっきり強く出ます。綺麗にラインが入ったら、都度、硬化しておくと安心です。全ての爪にアートができたらトップコートで完成させます。ラインの入れたい方向に磁石を当てるだけで人気のキャッツアイネイルは出来てしまうので、これならセルフでも簡単にできそうですね。







セルフで人気のギャラクシー風ネイルをやってみる

つぎは、ギャラクシー風ネイルと言われている、まさに銀河系を感じるアートです。手順は同じですが、今度は磁石を動かしながら模様を出していきます。慣れるまではなかなか思い通りにいかないかもしれませんが、ラメの不思議な動きを楽しみながらやってみて下さい。爪に対してゆっくりゆっくり平行に磁石を近づけていくと、シュワシュワとラメが動いていくのがわかります。この独特のラメの動きはかなり楽しいです。この時に、急に磁石をジェルに近づけてしまうと一気にラメが爪の端に寄ってしまい、せっかくのギャラクシー感が無くなってしまうので気を付けて下さい。左右色々な方向から試してみてみると、角度によって色が変わりベルベッドのような質感に見えます。また、揺らめくオーロラのように見えたりすることも!はじめての感覚に、最初はしばらく動かす手がとまらないと思いますよ。さらに、指の方から爪先に向かってゆっくり磁石を近づけてみれば、ラメが爪先に寄っていきグラデーションネイルのようになり、また、爪の周りを囲むように磁石を動かせばこんどは真ん中にラメが寄っていき、チークネイルのようなアートもできます。このように磁石とラメの関係がわかってくれば、マグネットネイルのアートの幅もさらに広がりますよ。

ちなみに、思ったように模様が出ず、何度も磁石を当てるうちにラメが動かなくなってしまうということがあるのですが、そんな時はそのままもう一度マグネットジェルを上から塗布すれば最初からきれいにやり直せます。

セルフで簡単オリジナルデザインをやってみる

そろそろ慣れてきたから、もう少し凝ったデザインをやってみたい!と思った方、次は簡単応用編です。例えば、キャッツアイネイルの光のラインが一本ではなく、指によって二本だったり三本だったりしたら、なんだかそれだけでアート感が増した気がしませんか?やり方は、一本ラインを作る度に硬化していくだけです。硬化させたラインを避けた余白の部分に、再度マグネットジェルを塗布し磁石を当てラインを作っていきます。その要領でどんどん光のラインを増やしていきます。さらに、丸型の磁石を使ってアーチ型のラインを作り、角度を変えて重ねてみましょう。すると、青系のジェルを使えばキラキラと光る波打ち際のようなデザインに!今の季節であれば、赤・黄・茶などの違う色をそれぞれ硬化しながら重ねていけば、光が射した紅葉のイメージに!このように、マグネットジェルは透け感のあるものが多いので、レイヤード効果も十分に楽しむことができます。なので、普通のカラージェルをベースに塗り硬化させ、その上にマグネットジェルを重ねて使えば、移動したラメの下からベースカラーを覗かせたアレンジもでき、マグネットジェルのカラーの種類が沢山ない方でも、アレンジ次第で色々なカラーパターンを楽しむことができると思います。

今年一番話題のマグネットジェル、扱いに慣れてしまえば自分だけのオリジナルのアートがとっても簡単に出来るので、ぜひチャレンジしてみてはいかかでしょうか。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント