ジェルネイルのオフが痛いのは何が原因?&敏感肌に炭酸コスメは要注意? | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

ジェルネイルのオフは、セルフでやるとなると、意外と大変です。ネイルサロンでは、ネイリストによって両手についているジェルを効率よくオフしてくれますが、セルフだと片手ずつ済ませる他ないからです。さらにサロン・セルフに関わらず、ジェルオフ中になんだか痛い・・・と思ったことはありませんか?これはオフの仕方や、なにか別の原因があるかもしれません。痛いまま我慢する必要はないので、ジェルオフで痛い原因を知って、しっかり対策しておきましょう!そして数年前から「炭酸コスメ」がブームになっています。しかし、あのシュワシュワが敏感肌の刺激になるでは??と、使用をためらっている方も多いはず・・・。思い切ってチャレンジしたら、肌に痛みを感じるなんてこともあるようです。今回の記事で、炭酸コスメをしっかり理解して、自分の肌にあったアイテムを見つけてみましょう!

ジェルネイルのオフが痛い!原因は?

ジェルネイルは持ちが良くなるように爪に密着するので、その分オフはマニキュアより少し難しいです。サロンでもセルフでも基本的に使われているのは、ソフトジェル(ソークオフジェル)というものですが、アセトンという溶剤で柔らかくなり、ポロポロとジェルを除去することができます。しかしアセトンでオフするには、アセトンをジェルにしっかりと浸す必要があります。そのためジェルの表面をマシンやファイル(やすり)で傷をつけているのです。またアセトンを全く使わず、マシンでジェルを削り落とす方法もあります。しかしこのオフの工程で、爪が痛いと感じることがあるようです。以下では、ジェルのオフが痛い原因と、対策を一緒にご紹介します。

爪が薄い・弱い

もともと爪が薄い人や、ジェルオフで爪表面が傷ついていると、オフをする時に痛みを感じることがあります。ネイルサロンで働いているネイリストは、ジェルと自爪を見極めて、爪表面を傷つけないようにオフをしていますが、まだネイリストになりたての人や、自己流のセルフネイルをしている人は、自爪を傷つけてしまうこともあるのです。また爪が薄くなっていると、ジェルを削る時のマシンやファイルの摩擦熱で痛くなることもあります。

◎対策
もともと爪が薄い場合、厚く丈夫な爪にするのはなかなか大変です。爪が薄くて毎回オフが痛いという方は、「フィルイン」という、ベースを残しながらジェルネイルを塗り重ねる方法がおすすめです。最近はフィルインを導入しているサロンも多いので、ぜひ体験してみてください。そしてもともと爪が丈夫だったけれど、間違ったオフによって爪が弱ってしまった人は、一度ジェルをつけない期間を設けてみましょう。爪がすべて生え変わるにはおおよそ3~4ヶ月ほどかかると言われていますが、爪の伸びが遅い場合、半年以上かかることもあるようです。毎月ジェルネイルを楽しんでいる人にとっては、かなり長い間おやすみすることになりますが、毎回痛い思いをしながらオフし、爪をボロボロにしてしまうよりずっと良いはずです。オフをしたあとは、ハードナーという補強材を塗って爪をコーティングしておきましょう。

爪が割れている

爪にジェルがのっている時は気が付きにくいのですが、いつの間にか爪が割れていることがあります。割れたまま過ごしていると、少しぶつけたりするだけでも多少の痛みを感じます。さらにオフの時はマシンやファイルによる振動や摩擦の負荷がかかるので、ジェルオフのせいで爪が痛いと考えてしまうのです。

◎対策
まずは爪が割れないように、指先を丁寧に扱うことが大切です。ジェルをつけていると自爪が樹脂によってコーティングされるため、爪自体が丈夫になったように思えますが、爪先をいじったり、ぐっと力を入れてしまうと、爪もジェルも簡単に割れてしまいます。ぶつけたりしないように気をつけて過ごしてくださいね。そして爪が割れてしまった場合は、割れてしまった部分が切れるようになるまで伸ばすしかありません。割れた部分が深い場合は、アクリルやシルクを使ってリペア(補強)をするのがおすすめですが、初めてリペアをする際はネイリストにお願いすると安心です。

指先や皮膚に傷がついている

指にささくれができていたり、擦り傷、切り傷があると、アセトンという溶剤がしみて痛みを感じます。これはアセトンだけでなく、消毒用エタノールでも痛みを感じることがあるのではないでしょうか。この傷は、日常生活でついてしまうこともあれば、セルフでファイルを使っている時に皮膚をこすってしまったり、ネイリストが誤ってマシンやファイルで傷をつけてしまうということもまれにあるようです。

◎対策
爪の近くにささくれや傷がある時は、ネイルオイルやワセリンなど、油分で傷部分をコーティングしてからアセトンを使いましょう。これはネイルサロンでも行われているやり方で、相当深い傷でない限りしみることはないようです。そしてオフはジェルを塗るときよりもより丁寧に行う必要がある工程です。なぜかというと、ジェルを塗る時に爪を傷つけることはほとんどありませんが、オフは傷つけたり怪我をする可能性が あるからです。セルフでオフするときは無理やりジェルを剥がそうとせず、慎重に行いましょう。またサロンでオフをしてもらう時は、オフの時間をしっかり取る、丁寧に行うサロンでお願いするようにしましょう。

炭酸コスメとは

炭酸コスメとは、高濃度の炭酸ガスを含ませたコスメのことを指します。炭酸ガスは、炭酸飲料や発泡タイプの入浴剤に含まれるシュワシュワとした泡、つまりは二酸化炭素のことです。炭酸ガスが肌から血管に浸透することにより、血流が増えて新陳代謝を促す効果が得られます。そのため、美肌効果に優れていると定評です。エステサロンで施術を受けられるほか、市販の炭酸コスメもたくさん売られているので、家庭でも使用することができます!







炭酸コスメの種類

炭酸コスメには様々なタイプがあります。

炭酸ガス入りパック

1剤と2剤を混ぜることで炭酸を発泡させるパック。肌に塗ると、高濃度の炭酸ガスがパチパチ発泡して肌に浸透する。

泡で出る炭酸洗顔料

血行促進のほか毛穴の汚れを落とす効果もある洗顔料。

炭酸ガス入り化粧水

そのまま使える。肌になじませることで炭酸ガスが肌に浸透する。

炭酸浴

炭酸ガス入りのお湯につかることで血行を促進させる。温泉や入浴剤など。
製品によっては、炭酸の他にも色々な美容成分を配合しているものもあり、炭酸ガスのブースター効果で美容成分がより浸透しやすくなります。

敏感肌と炭酸コスメ

パチパチと肌の上で弾けて気持ち良さそうな炭酸コスメ。敏感肌でも使えるのか気になりますよね?そもそも二酸化炭素は人体に副作用のない安全で優しい成分です。そのため敏感肌でも安心して炭酸コスメを使うことができます。また、敏感肌にとって次のようなメリットもあります。

•肌の新陳代謝を高めてターンオーバーを正常に導く
•乾燥を防ぐ
•肌荒れの原因になる古い角質を取り除く
•肌を弱酸性に導き殺菌作用を高める

敏感肌におすすめの炭酸コスメ

ただし、成分自体が敏感肌の刺激にならなくても、あのパチパチとした炭酸ガスの強い刺激が、敏感肌には痛いと感じる場合もあるので注意が必要です。痛みが気になる場合は、製品の炭酸ガス濃度(ppm)を確認するとよいでしょう。炭酸コスメは、ppmの数値が高いほど美容・健康効果があります。入浴剤入りのお風呂で60ppm、炭酸泉の温泉で500~1000ppmくらいで、美肌に効果があるのは1000ppm以上です。高濃度をうたう炭酸コスメだとそれを上回る数値になります。ですが敏感肌の場合は、比較的濃度の低い製品から使ってみることをオススメします!

敏感肌が気をつけたいこと

まずはppmや他に添加されている成分を確認し、敏感肌でも使える刺激の弱い製品を選びましょう。肌に炎症が起こっている時には使わないようにしてくださいね。使い続ける時は、肌の様子を見ながら使用頻度を調整し、使用中に痛みや赤みが起こったら使用を中止しましょう!


おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント