爪と女性ホルモンの意外な関係&女性ホルモンが敏感肌に影響する? | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

「女性ホルモン」という言葉からはどんなことを連想しますか?女性らしさを作るもの、フェロモンのもと、女性の妊娠・出産に関わるもの…といったイメージが一般的ではないでしょうか?確かに女性ホルモンというのは、女性らしさや妊娠・出産に大いに関係するホルモンではありますが、それだけではなく、女性の心身をすこやかに保つ役割もあるのです。女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)、プロゲステロン(黄体ホルモン)の2つがあります。これらのホルモンにはそれぞれ異なる作用があり、周期的に分泌される量が変化しているのが特徴です。今回は、女性ホルモンが、体や精神、爪やお肌にどのように関係しているのかをご紹介します。

エストロゲンとプロゲステロン

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンがあります。この2つには、妊娠・出産の準備をするという大切な役割があり、女性ホルモンによって、毎月の排卵と生理が周期的に行われています。エストロゲンには、排卵を促す働きがあり、卵胞期から排卵期にかけて分泌が高まります。またプロゲステロンには、妊娠の準備をしたり、生理周期をコントロールする働きがあり、排卵期が過ぎてから生理が来るまでの黄体期に分泌が高まります。この2つのホルモンの分泌は、身体にもさまざまな影響を与えます。まず、エストロゲンには肌の血行や調子を良くする作用があります。そのため生理終了後から排卵日までは、肌のトラブルが起こりにくい時期になります。一方プロゲステロンには、皮脂に分泌を過剰にしたり肌のバリア機能を低下させる作用があります。そのため排卵日が過ぎてから生理までは、ニキビができたり、肌が荒れたり、肌が刺激に対して敏感になりがちです。

肌にトラブルが起こりやすい黄体期

このように、「生理前に肌の調子が悪くなりやすい」と感じることが多いのは、プロゲステロンの分泌が高まるためです。この時期は、いつもより肌が過敏になっているので、負担を与えないようなお手入れを心がけ、新しい化粧品や美容法を試すことは避けましょう。また、肌に刺激になるようなケアも控えたいですね。







女性ホルモン分泌の崩れに注意

ホルモンバランスは、ストレスや不規則な生活によって崩れやすいものです。女性ホルモンのバランスが崩れると、生理周期が不安定になるほか、体調が悪くなったり、情緒不安定になったり、肌がトラブルを起こしやすくなったりします。エストロゲンが減少すると、肌の新陳代謝が低下し、プロゲステロンが減少すると肌が乾燥しやすくなります。また、ホルモンバランスの分泌はすぐに不安定になります。そのため以前は肌が丈夫だったのに、妊娠・出産・加齢などで敏感肌に変わってしまった、という方も少なくありません。肌に合ったスキンケアを実践して、肌を保護すると共に、女性ホルモンのバランスが崩れないように健康管理を心がけることが大切です。

爪と女性ホルモンの関係

女性ホルモンは、健康的な爪を保つことにも関係しています。最近爪が弱くなった、もろくなったと感じることはありませんか?爪が弱くなる原因には、適切でないジェルネイルのオフや、爪、指先の乾燥、栄養不足など様々なものがありますが、女性ホルモンの減少も原因の一つになります。女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンは、30歳くらいを境に分泌量がだんだんと減っていきます。前述のとおり、プロゲステロンは減少するとお肌や爪、髪が乾燥しやすくなります。爪にとって乾燥は大敵で、うるおいが少なくなってしまうと、爪にしなるような弾力が減ってしまい、その結果、爪の割れや欠けが頻発したり、健康的な爪が生えにくくなり、凸凹や、薄い爪、反り返った爪が生えてくることがあるのです。さらに爪と髪の毛は主成分が「ケラチン」という同じものです。女性ホルモンの減少によって、爪が弱くなるだけでなく、髪の毛のツヤが減って、パサパサになることもあります。

女性ホルモンのバランスを整えるには?

女性ホルモンは年齢とともに分泌量が減少します。減少には抗えないとしても、バランスを整えることで、体調不良や爪、肌などの乾燥に悩まされることが少なくなるかもしれません。では、女性ホルモンのバランスを整えるにはどのような対策を取ればよいのでしょうか?実はかなりシンプルな内容です。

睡眠をしっかり取る

睡眠不足はお肌の大敵と言われていますが、お肌だけではありません。睡眠が足りていないと、脳も体も休息が得られず、精神的にも肉体的にも疲弊してしまうのです。その結果ストレスフルな状態になり、女性ホルモンのバランスが崩れ、さらにお肌や爪、髪に悪影響を与えるという負のサイクルが生まれてしまいます。基本的に1日7時間以上の睡眠をしっかり取って、深く眠れるように、入浴やスマホを使う時間を調整してみましょう。

栄養バランスを考えた食事を摂る

ダイエットのために食事制限をしている女性は多いですが、あまりにも制限された食事は栄養不足の元です。ダイエットやトレーニングのためにたんぱく質を増やし、カロリーを減らし、脂質や糖質を制限していたとしても、ビタミンはもちろん、炭水化物、油も人の体には必要です。食事の量やタイミングなどを考えて、栄養バランスをコントロールしていきましょう。特におすすめなのが、洋食よりも和食を中心とした生活です。和食には「一汁三菜」という、ご飯に対してお味噌汁などの汁物一つ、主菜一つと副菜二つという考え方があります。この一汁三菜は、炭水化物、たんぱく質、ビタミンなどを摂りやすい食事なのです。とはいえ、忙しい現代人にとって、一汁三菜を毎日守るのは大変ですよね。まずは一週間のうち半分ほど和食にする、一日のうち一食は一汁三菜にする、などを心がけるだけでもOKです。

睡眠や食事といった生活の基本を整えることは体にもメンタルにも非常に大切です。生活を一気に変えることは大変ですが、一部だけでも、少しずつ取り入れてみてはいかがでしょうか。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント