マグネットネイルは難しい?やり方とコツ!うまくできない原因は? | ネイル女子 - ネイリストがおすすめするネイルサロンも掲載中!

※本サイト内では一部プロモーションが含まれます

独特な輝きが魅力で大人気の【マグネットネイル】ですが、思っていたよりも上手く仕上がらないと、感じていませんか?

マグネットネイルをする際に失敗する原因はいくつかあります。
ポイントを詳しく解説していくので、マグネットネイルを自由自在に操れるようになりましょう♪

マグネットネイルが難しい!なぜ失敗するの?原因は?

マグネットネイルのカラーチャート

マグネットネイルで失敗する原因は様々あります。

まず、塗布量が足りないと、磁石がジェルに充分な反応を示さず、模様が不鮮明にぼやけてしまいます。

次に、マグネットジェルがしっかりと撹拌されていないと、磁力が十分に発揮されず、模様の深度や鮮明さが損なわれます。

また、磁石が弱い場合や当てる位置が遠すぎる場合は、理想的な模様が浮かび上がらず、思っているような模様に仕上がりません。

さらに、磁石をスピーディに動かしすぎると、模様が乱れたり、不均一になったりする可能性があります。

これらの要因を注意することで、より美しいマグネットネイルを実現できます♪

塗布量が足りない

マグネットジェルは塗布量が大切です。
なぜなら、ジェルの中に鉄粉が入っているので塗布量が少なすぎると、この鉄粉が上手く動かないからです。

だからといって多くのせすぎると、表面がボコボコになったり、シルエットが美しく仕上がりません。
いつもの塗布量よりも少しだけ多いかな?くらいで塗ると失敗せずに仕上がります♪

通常のカラージェルと同じように、2度塗りで深みを出しましょう。
1度塗り目も、2度塗り目も、しっかりとマグネットを当てて模様を作るようにすることで、輝き方に深みが増し、より素敵に仕上がります♪

ジェルが撹拌されていない

通常のカラージェルも、中に顔料が入っているので撹拌しますよね。
マグネットジェルの場合、【鉄粉】が入っています。

この鉄粉は、カラージェルの顔料に比べると重たいので、下に溜まりやすくなります。
いつもよりも念入りにしっかりと撹拌しましょう。

コンテナタイプの場合は、底の方からしっかりと混ぜてください。
ボトルタイプの場合は、しっかりと振るか、ボトルを転がすように混ぜていきます。

上手く撹拌出来ないな、と感じた場合はボトルに直接スパチュラを入れて底に溜まっている鉄粉を動かしましょう!
振るよりも時短になるのでおすすめです♪

磁石が弱い・当てる位置が遠すぎる

マグネットジェルの中にある鉄粉を動かすには磁石が必要ですよね。
その磁石の力が弱いと、鉄粉が上手く動きません。

マグネットジェル用の磁石は沢山ありますが、間違いないのはマグネットジェルメーカーと同じメーカーの磁石。
しかし、すべてのマグネットジェルと同じメーカーの磁石で揃えるのは難しいと思うので、磁石の強さで選びましょう。

ある程度の強さのある磁石なら、ほとんどのマグネットジェルで問題なく使えます。

あとは、当てる位置も重要!
遠すぎると上手く鉄粉が動かないので、ぼやけた印象になります。

割と近めに磁石を当てるとハッキリとした模様が浮かび上がるので、当てる位置が遠すぎないか、爪と並行になっているかを意識しましょう♪

磁石をスピーディに動かしている

動かし方にも、ポイントがあります。
あまり早く動かしすぎると、上手く反応しないのでゆっくりと当てましょう。

磁石を近づけると、鉄粉はゆっくりと動くので磁石を当てたら、その位置を数秒キープして下さい。
動かないように注意も必要。

鉄粉が動いて好みの輝きになったら、磁石を離しますが、ここでは素早くパッとはなしてください。
磁石を傾けたりせずに素早く離すことで模様が綺麗に残り、好みの仕上がりになります♪

そもそもマグネットネイルとは?

白のマグネットネイルが優しい雰囲気のニュアンスネイル

マグネットネイルは、磁石を使用して、ネイルに独特の模様や効果を加えるネイルアートの一種です。

鉄粉が入っているマグネットジェルを塗布し、その上に磁石を当てることで、幾何学的な模様やキラキラした効果を生み出します。
マグネットの位置や形状によって、異なるデザインやエフェクトを楽しむことができます♪

ラメと違った、奥行きのある繊細な輝き方をするので、控えめなデザインのオフィスネイルでも問題なく取り入れることが出来ます。

華やかで個性的なデザインを求める人々の間で人気があり、自宅でも手軽に試すことができるネイルデザイン・アートの一つですね♪

マグネットネイルに必要なもの

マグネットネイルを作るには、マグネットジェル、マグネットスティック(磁石付きのツール)、ベースコート、トップコートが必要です。

マグネットジェルが売っているお店については、こちらの記事でも詳しく解説しています♪

マグネットネイルはどこで買える?100均やドンキなど取扱店紹介
https://www.nailjoshi.com/100399/







セルフでのマグネットネイルのやり方!

ピンクのマグネットネイルのワンカラー

マグネットネイルを作る手順は以下の通りです。

まず、ベースジェルを丁寧に塗り、UVライトで硬化させます。
次に、マグネットジェルを均一に塗布し、厚すぎないように注意します。

その後、磁石を使って模様を出します。
ここでのコツは、磁石を爪の上に少しだけ浮かせ、静止させることで、より鮮明な模様を作り出せます♪

最後に、トップジェルを塗って光沢を与え、UVライトで硬化させることで、ジェルネイルを保護します。

しっかり硬化させることで、ネイルが長持ちするのでトップジェルの硬化時間は守りましょう。

1.ベースジェルを塗ってライトで硬化

通常のジェルネイルと同様、ベースジェルは丁寧に塗りましょう。
マグネットジェルは光の輝きが繊細なので、ベースがガタガタだと綺麗に塗れません。

塗布する量や、気泡が入っていないかなどしっかりと見ながら硬化しましょう♪

2.マグネットジェルを塗布

マグネットジェルも、カラージェルと同じように2度塗りしましょう。

多くのせた方がマグネットジェルの模様は出しやすいですが、はみ出たり硬化不良になりやすいので注意しましょう。
しかし、少なすぎても上手く模様が描けないので、少しだけ多いかな?くらいで塗るのがベスト。

3.磁石で模様を出す

マグネットジェルを使ってネイルに模様を描く方法は、ジェルを塗布した後、まだ硬化していない状態で磁石を近づけます。
磁石の特性により、ジェル内の鉄分が移動し、模様が形成されます。

磁石を爪の上に少し浮かせ、静止させることで模様の細部を調整できます。

さらに、磁石の位置や向きを変えることで、様々なデザインを生み出すことが可能です。
最後に、LEDライトで硬化させることで模様が固定され、完成です。

4.トップジェルで仕上げる

トップジェルは、マグネットネイルの最後の仕上げとして用いられます。
ジェルを塗布した後、LEDライトで硬化させることでネイルを保護し、光沢を与えます。

トップジェルを均一に塗り、爪全体を覆うようにします。
適切な厚みで塗布し、特に爪の先端や側面にも注意を払いましょう。

仕上げには、トップジェルを硬化させるために十分な時間を確保し、キューティクルオイルで周囲を整えると、美しい仕上がりになります。

まとめ

マグネットジェルが入ったコンテナ

マグネットネイルを楽しむ際には、いくつかのポイントに気を配ることが重要です。

まず、塗布量が足りないと模様が不鮮明になるため、適切な量を心がけましょう。
ジェルが十分に撹拌されていないと、磁力が弱まり模様の深度や鮮明さが損なわれます。

また、磁石の力が弱い場合や当てる位置が遠すぎる場合は、理想的な模様が形成されません。
磁石を動かす際にはゆっくりと行い、模様が乱れないように注意しましょう♪

これらのポイントを押さえることで、より美しいマグネットネイルを実現できます。

また、マグネットネイルを行う際には、マグネットジェル、マグネットスティック、ベースコート、トップコートなどの必要なアイテムを用意し、手順に従って作業を進めることが重要です。

それぞれの工程で丁寧に作業を行い、最後にトップジェルで仕上げれば、美しいマグネットネイルが完成するので是非チャレンジしてみて下さい♪







おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター

「ネイルhack」のランキング

一週間で人気のあった記事ランキング

ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • facebook
  • x

公式アカウント