仕事で目が疲れる人におすすめ!ネイリストが施術の合間にやる目の体操がすごい! | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

朝起きた瞬間から寝る寸前まで使い続けている目。現代はパソコンやスマホの普及でさらに目を酷使することが多く、目が疲れてない人はいないのではないでしょうか。しかし「スマホやパソコンがなくては生きていけない!」そんな人も多いと思います。特に仕事中は集中して長時間パソコンを見ていることが多く、目がかすんできて初めて目の疲れに気が付く人がほとんどです。目薬をさして疲労を緩和することも大切ですが、ひどい疲れ目の時には、何度目薬をさしてもすぐに効果が無くなってしまいますよね。目が奥から疲れていると感じるほとんどの場合、目の周りの筋肉が凝り固まっていることが多いです。そんな時には目の体操がおすすめです。また、このような眼精疲労といえば、目を酷使する職業として必ず名前が挙がるのが、ネイリストです。ネイリストの仕事は、1~2時間ほとんど瞬きもしていないのではないかと思う程、とても細かい作業の連続になります。施術が続けば当然目は疲れ、かすんでキラキラしたラメが見えにくくなったりと、作業をするのに支障が出てきます。そんな時、ネイリストが何をしているかというと、施術の合間にサッと目の体操をしています。目の体操をすることで視界がクリアになり、すぐに作業に戻ることができます。目薬は、アイメイク崩れやマスクに薬液が付く可能性がありますが、体操であればその心配もなく、目の疲れを奥からスッキリさせることができます。今回は、ネイリストが施術の合間にやっている即効性のある目のエクササイズと、いつまでも健康な目を維持するために普段から意識して取り入れたい栄養成分をご紹介します。

目によい栄養成分1

いつまでも健康な目でいるためにも、次に上げる10個の栄養素を積極時に摂るようにしましょう。

ビタミンA

網膜にはロドプシンというたんぱく質があり、網膜に映った映像を、電気信号として脳に届ける仕事をしています。ロドプシンなくして、物を見るという機能は成り立ちません。このロドプシンの主成分となるのが、ビタミンAです。

・うなぎ
・緑黄色野菜
・海苔
など

アントシアニン、プロアントシアニジン

共に強力な抗酸化物質で、役目を終えて分解されたロドプシンの再合成を促進し、ロドプシンの働きを高めます。

・ブルーベリー
・赤ワイン
など

ビタミンB群

視神経の働きに欠かせないビタミンです。

・レバー
・豚肉
・ナッツ
・納豆
・米ぬか
など

ビタミンC

体の中でも特にビタミンC濃度が高いのが、水晶体です。ビタミンCはコラーゲン生成や抗酸化の働きで、水晶体が硬くなったり白濁するのを防いでくれます。

・生野菜
・果物
など

ビタミンE

血流をよくし、毛様体筋の伸縮力を高めます。

・ナッツ
・ゴマ
・アボカド
・うなぎ
など

DHA

DHAなどのオメガ3脂肪酸は、網膜の重要な構成成分です。暗い中で物が見えにくい症状を改善します。

・青魚
など

コンドロイチン

水晶体と毛様体筋に多く存在し、不足すると老眼が進むといわれています。

・納豆
・ヤマイモ
・なめこなどのネバネバ食品
など

タウリン

・シジミなど魚介類
網膜や視神経に多く存在するアミノ酸です。不足すると、暗い所で物が見えにくくなります。

目によい栄養成分2

酸素消費量が多い目に特に重要なのが、活性酸素の害を防ぐことです。しかし、多くの抗酸化物質は分子が大きく、目の血液網膜関門を通過できません。それができる数少ない抗酸化物質が、ブルーベリーや赤ワインに含まれる上記の「アントシアニン」と、次の2成分です。







アスタキサンチン

ビタミンEの数百倍という強力な抗酸化成分です。

・鮭
・いくら
・オキアミ
など

ルテイン

もともと水晶体や網膜の黄斑部にある抗酸化成分です。最近問題のブルーライトの防御にも、効果を発揮します。

・ホウレン草
・マリーゴールド
など

ネイリストおすすめ!目の体操

仕事柄、ネイリストは細かい作業を集中して行うため、目をかなり酷使しています。ゆっくりと目を休める間もなく、次々と来店されるお客様の合間に、目の調子を取り戻す必要があります。そんなネイリストがおすすめする、目の疲れを和らげる効果的な時短エクササイズをご紹介します。

目のピントを合わせるためのエクササイズ

①目をギュッと閉じて5秒、大きく見開いて5秒。
②これを5回繰り返す。
③次に、同じく目をギュッと閉じて5秒。
④目を見開き、目玉を「右」に向け、目をギュッと閉じて5秒。
⑤「左」も同様にし、これを5回繰り返す。
⑥3~4を、目玉の方向を「上」で行う。
⑦「下」も同様にし、これを5回繰り返す。
時間のない時は①~③を繰り返すだけでも、目はだいぶ楽になり視界がクリアになります。

瞳孔を広げたり縮めたりするためのエクササイズ

パソコンやスマホなど、明るい画面を長時間見続けることで、現代人は瞳孔の動きが少なく凝り固まっていることが多いです。このエクササイズでほぐしてあげましょう。

①蛍光灯に向かって、瞼を閉じて5秒。
②次に手のひらで瞼を覆い、5秒。
③これを数回繰り返す。時間があれば2分間程続けると効果的です。
瞼に光が当った時と、遮られた時の明暗をしっかり感じることがポイントです。

まとめ

現代は、若い人の間でも「スマホ老眼」といわれる症状が増えています。目が衰えてくると、物を見るという機能面だけでなく、見た目も年齢より老けて見えます。例えば、落ち窪み、クマ、たるみ、シワ、目力がなくなる・・・など、女性が疲れ目を何とかしなければ!という気になるのは、このような見た目に出る影響が大きいかもしれません。人間が五感で得られる情報量は、その87%が視覚からといわれ、目は眠っている時以外は、常に働いています。目の機能を助ける食事やサプリメント、エクササイズを毎日の習慣にして、いつまでもクリアで若々しい目を守っていきましょう。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント