ネイルで落ち着いた色は冬も夏もブラウンがおすすめ!&オヤツを我慢しないダイエットとは? | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

2021.05.06

手元が華やかになる明るいカラーのネイルはかわいいですが、たまにはしっとりと落ち着いたカラーもチャレンジしたいですよね。ネイルで落ち着いた色といえば、ブラウンやベージュを思い浮かべる人も多いはずです。特にブラウンは、冬はもちろん、夏もしっかりおしゃれな手元を演出できる優秀カラーと言えます。万人に合うブラウンで、大人かわいいネイルを楽しみましょう。そして落ち着きのあるネイルが完成したら、ブラウンの落ち着いた雰囲気を利用して、穏やかにダイエットをはじめてみませんか?皆さんは、ダイエット中の空腹をどうやって乗り切っているのでしょうか。食をたくさん我慢した結果、失敗してしまう人はとても多いです。実は、ダイエットに空腹を我慢する必要はありません。最近は「オヤツを食べながら」が新しいダイエットの常識になっています。もちろんオヤツなら何でもいいわけではなく、ちゃんと条件があります。今回の記事では、ネイルで落ち着きのある色であるブラウンネイルと、空腹を我慢せず、穏やかなダイエットに成功する6つのオヤツについてご紹介してまいります。

ネイルで落ち着いた色ならブラウンがおすすめ

ネイルで1年中使える色は意外と少なく、派手な色やシアーカラーは、秋冬だとどうしても浮いてしまいます。また鮮やかな色は、落ち着いた雰囲気からは遠のいてしまうこともあります。そこで、冬でも夏でも似合う落ち着いた色を使いたいなら、ブラウンネイルにトライしましょう!ブラウンは赤みブラウンや黄みブラウンなど、様々なカラー系統があり、大人かわいいコーデにも、カジュアルなコーデにも合わせやすいのです。またシアーなブラウンカラーを使うと、春夏にぴったりな「ちゅるんネイル」に仕上がります。シアーなブラウンを使ってグラデーションを作るのもおすすめです。イベントネイルにしたいときは、ラメを加えて華やかにするのもかわいいですよ!ブラウンに彩られた手元を見れば、自然と気持ちも落ち着いて、穏やかになるはずです。ブラウンネイルでおしゃれな手元にを楽しみましょう。

我慢が食欲を増す?

そもそもお腹が空くのは、血糖値が下がるためです。血液中のブドウ糖が少なくなると、エネルギーが不足していると判断した脳が、食事をしなさいと空腹中枢を刺激します。食事をすると血糖値は上がります。そこで脳はもう食べなくてよいと判断し、満腹中枢を刺激して食欲を鎮めるのです。しかしダイエットで食事を減らすと、空腹感が強くなります。その空腹状態で次の食事を摂ると、血糖値が急激に上がります。血液中の糖が過剰になると、これを処理するためにインスリンが大量に分泌されます。そして今度は血糖値が下がり過ぎ、食欲が治まらなくなるのです。さらに空腹のストレスは、グルココルチコイドというストレスホルモンを分泌し、食欲を亢進させます。つまり、空腹度が強くなって我慢するほど食欲が増し、食べ過ぎに繋がるというわけです。







心穏やかにダイエットを成功させるオヤツとは

空腹を我慢すると、ストレスが溜まってなんだか心が落ち着かなくなることもあります。ダイエットは、穏やかな気持ちで続けたいですよね。そこで食事と食事の間にちょっとだけ間食をするのがおすすめです。完食には次のような効果が期待でき、食欲に負ける確率がぐっと低くなります。

・血糖値の上がり下がりが緩やかになる
・ストレスによる食欲亢進ホルモンの分泌がない

また、20代~40代のダイエット経験者の女性369人に行った調査によると、

ダイエット成功者で間食した人:87.7%
ダイエット失敗者で間食した人:86.4%

上記のように、ダイエットの成功に、間食の有無はあまり関係ないという結果が出ています。では同じ間食をしながらのダイエットなのに、成功・失敗を分けたのは何なのでしょう。それはオヤツの内容にあります。

1.低カロリー
2.満足感がある(食べ応えがある)
3.糖質の少ないもの(血糖値を上げにくい)

これらの条件を満たすオヤツを1日100kcal程度に抑え、全体の摂取カロリーをオーバーさせないことが大事なのです。

ダイエット中のおすすめオヤツ

1.ナッツ
ナッツは脂肪代謝促進のビタミンやミネラル、血液サラサラの脂質が豊富なオヤツです。下記のように量とカロリーを計算して摂取しましょう。

・アーモンド 16粒で96kcal
・ピスタチオ 18粒で90kcal
・マカダミアナッツ 6粒で90kcal

2.スルメ
さきスルメ15片でたったの90kcalと、スルメはとても低カロリーなオヤツです。噛むことで満腹感が得られ、たんぱく質やビタミンB、亜鉛など、ダイエットに有効な栄養もたっぷり含まれています。

3.おしゃぶり昆布
おしゃぶり昆布は噛み応えたっぷりで、口寂しさも治まります。市販品1袋11gを全部食べても、たったの27kcalと超低カロリーで、食物繊維やミネラルが豊富です。

4.ガム
ガムの甘味が満足感をもたらし、噛んでいるうちに空腹感が鎮まります。

5.ヨーグルト
ヨーグルトは食べ応えがあり、ダイエットに必須のたんぱく質と、便秘解消の乳酸菌が摂れます。カロリーは以下のように計算しましょう。

・プレーンタイプ100gで62kcal前後
・加糖タイプ100gで72~111kcal

6.ドライフルーツ
食物繊維やビタミン、カリウムが豊富な優秀オヤツがドライフルーツです。100g当りのカロリーは以下のとおりです。

・プルーン237kcal
・いちじく271kcal
・マンゴー368kcal

空腹感を紛らわす他の方法

オヤツ以外にも、空腹感を乗り越える方法は下記のように色々あります。

・水や炭酸水
お腹を膨らませて空腹をなだめる、最も手っ取り早い方法です。

・運動
本格的な運動でなく、その場ダッシュを10秒するだけでも効果的です。運動すると、筋肉にエネルギーを供給するために一時的に血糖値が上がり、空腹感がなくなります。また交感神経が活発になり、消化器官の働きが低下して食欲が抑えられます。

・ホラー映画
恐怖感でアドレナリンが分泌されると、肝臓から糖が血液中に送られて血糖値が上昇し、空腹感が鎮まります。さらにアドレナリンが心拍数を上げて血行促進するので、代謝が上がります。ホラー映画を90分観ると、ウォーキング30分と同じ113kcalの消費カロリーになるそうです。

・耳ツボ
次のツボを綿棒でジワーッと押したり、指でつまんで揉むなどすると食欲が抑えられます。

肺点(はいてん):耳穴の入り口手前の窪み
飢点(きてん):耳穴を覆っている突起(小耳)の窪み

まとめ

女性がダイエット中に一番食べたくなるオヤツはチョコレートだそうです。普通の板チョコは、1パッケージ当りが371~396kcalで、カカオ70%以上のチョコは、1パッケージ391~454kcalもあります。やはりチョコレートは高カロリーなので、食べるならほんの少量、3~4片に留めましょう。しかしカロリーで考えるなら、要はダイエット期間中のトータルで「摂取カロリー<消費カロリー」を守ればいいのです。ストレスを溜めるより、チョコレートに限らず、週1回は大好きなスイーツを食べる、そのくらいの許容範囲があっていいのかもしれません。

・100kcal以下のオヤツを、よく噛んで食べる
・オヤツを食べ過ぎたら、食事の方を減らしてカロリーコントロールする
・夜遅くの間食はしない

まずはこの三つを心掛け、血糖値を安定させて、空腹感なくダイエットを成功させましょう。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント