ネイルを褒められると嬉しい!笑顔や笑いで若さと健康が手に入っちゃうってホント!? | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. ネイル女子 – Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

なぜ女性はわざわざ時間やお金をかけてネイルをするのでしょうか。ネイルが当たり前になった現在でも、男性はネイルの何が良いのかが理解できず「彼女にはネイルをやめて欲しい」「自爪がキレイな方が良い」などの声が今でも多いです。しかし女性からすれば男性の意見はほぼ関係なく、モテたい!かわいく見られたい!などの理由でネイルをしている人はあまりいません。女性がネイルをするほとんどの理由は、自分のテンションが上がるからです。お気に入りのネイルは、鏡がなくても常に見ることができ、自分の気分を上げるアイテムのようなもので、女性にとっては精神安定剤のような役割があります。元気がなかったり疲れてしまった時も、大好きなネイルをしたきれいな指先を見れば、自然と笑顔になりますよね。そしてこの何気ない笑顔が、美容と健康には欠かせない大切なことなのです。ある調査結果で、小学生は1日平均300回笑うのに、70代では2回ほどしか笑わなくなるそうです。大人になるとなぜ笑いが減るのでしょうか。その原因として有力なのがストレス説で、人は歳とともにストレスが増え笑えなくなってしまうといいます。笑いに素晴らしい健康効果があることは、各分野で証明されているほどなのに、とても残念な結果ですね。今回は女性がネイルをすると良い理由と、笑うことが人にどのような健康効果をもたらすのかをご紹介します。

ネイルが女性におすすめな理由

ネイルをしようと思ったら、セルフであれば最低1時間、ネイルサロンに行けば1時間半~3時間は時間が必要です。さらにネイルサロンなら5000円~15000円程度の費用もかかります。しかもネイルは、マニキュアであれば3日~1週間、ジェルネイルなら3週間~4週間程しか持ちません。なぜ女性達は時間とお金を使ってまでネイルをするのでしょうか。以下で女性がネイルを好きな理由をお伝えします。

女性がネイルを好きな理由

ネイルをしていると「気分が上がる」「仕事が頑張れる」「癒やされる」などといった話を良く耳にします。では、どうしてネイルをすることでそのように感じるのかをお伝えします。

・気持ちのバロメーターを刺激する
女性は忙しくて気持ちに余裕がなかったり、体調が優れないなど、心と体のバランスが整っていないと自分のことがおろそかになりがちです。そして自己メンテナンスをしきれていない自分を見て、さらに気分が落ち込んでいきます。そのような性質をもつ女性は、きれいにメンテナンスできている自分のネイルを見ることで、「自分はケアが行き届いている」という気持ちになり安心します。そうしてプラスの思考に切り替えるきっかけにすることができます。

・自分の一部がきれいなだけで自信につながる
人は、例えば靴やシルバーアクセサリーなど身につけているものにツヤがあったり、ピカピカに磨かれていると、自己肯定感が高くなりそれが自信につながります。ネイルにも同じことがいえます。さらにネイルの場合は、自分の身体の一部である爪がツヤツヤになっているため、自己肯定感はより強くなり、見るだけで気持ちを上向きにする効果があります。

日常生活の中で無意識に視界に入ってくる手が、ツヤツヤしていたり、きれいに飾られていたりするだけで、女性は気持ちが晴れやかになります。きれいなネイルを見ることで、心に少し余裕が生まれ、自然と笑顔になれます。

笑いは人間だけに与えられた能力?

以前、南米チリで起きた鉱山落盤事故で、感動的な救出劇がありました。それは地下700メートルに閉じ込められた作業員たちが、なんと事故から69日後に33名全員、救出されたというものです。過酷な状況で生き抜くことができた理由の一つとして、そのチームリーダーが語ったのが「ユーモアを忘れなかったこと」でした。このように、ユーモアや笑いは私たち人間の持つ特権であり、生きる力と密接な関係があることが分かります。







心から笑うと、こんな効用が!

人は心から楽しく笑うと脳の働きが活性化し、様々な生理的反応が起こります。例えば笑うことで、リラックスのα波と活性化のβ波の両方が出ます。また、癒しホルモンのセロトニンが増え、同時に活性ホルモンのアドレナリンやノルアドレナリンも適度に増えることも分かっています。これにより人は、リラックスしながら活性化した状態になり、血流も増加するため、心身の機能がバランス良く働くようになるのです。具体的には、次のような効果があるといわれています。

免疫力の強化

笑いの効用というと、よく知られているのが免疫力アップです。免疫力が高まることで、多くの病気の予防や改善に繋がります。

ストレス解消

笑いでα波になった脳では、β-エンドルフィンやドーパミン、セロトニンなどのホルモンが活発に分泌されます。β-エンドルフィンは、強烈な幸せ感をもたらすホルモンといわれています。またドーパミンはやる気を起こさせるホルモンで、セロトニンは心地よい安心感を生み出すホルモンとされています。これらホルモンの働きで気持ちが明るくなり、ストレスが解消されて意欲が高まり、プラス思考がもたらされる効果が期待できます。

脳の活性化

・脳の酸素量が増える
大笑いすると横隔膜が大きく動き、酸素の取り込みが大幅に増えるので、脳に酸素が行き渡るようになります。

・幸せホルモンが増える
笑いによって分泌されるのが、ドーパミンやβ-エンドルフィンなどの気分を高揚させるホルモンです。これらのホルモンがやる気や幸せ感をもたらし、脳を活性化します。

代謝が上がる

ウォーキングの10分当たりのカロリー消費量は27kcalといわれています。それに対し、大笑いは30~40kcalもカロリーを消費し、さらにお腹の筋肉を使うことで基礎代謝も上がります。笑いの多い生活は、健康的なダイエットに大いに役立ちます。

作り笑いでも効果はある?

面白いことに、笑いの効果は作り笑いでも発揮されます。笑顔を作ると、その表情筋の動きが脳に伝わり、それを脳は笑っていると勘違いして、本当に笑っている時と同じ働きをしてくれるそうです。ですから特に楽しい事がなくても、意識して笑顔を作るようにすると、実際に気持ちが明るくなり、楽しくなってきます。フランスの哲学者アランも、著書『幸福論』の中で「幸福だから笑うのではない、笑うから幸福なのだ」といっています。人間が笑う能力を授けられたのは、まさに幸せになるためなのかもしれませんね。

まとめ

眉間に寄ったシワやヘの字に結んだ唇。そんな仏頂面と明るい笑顔とでは、どちらが若々しいかは言うまでもありませんよね。しかも笑顔は見た目だけではなく、全身を内側から元気にしてくれます。また笑いは心を解放し、ものの捉え方を前向きにしてくれる効果もあります。若々しく見える人は、とにかくよく笑っていませんか?幸せオーラのある素敵な女性を目指し、どんな時も笑顔を意識してみてはいかがでしょうか。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント