「爪の形が悪い」とお悩みの方向け!爪の切り方を紹介 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

※本サイト内では一部プロモーションが含まれます

あなたは自分の爪の形に満足していますか?

自分の爪が好きじゃないと人前で手を出すたびに嫌な気分になってしまいますよね。

実は自分の爪の形にコンプレックスをもっている人って意外と多いんです。

この記事では爪の形が悪いとお悩みの方に向けて、爪をきれいに育てていく切り方やポイントを紹介していきます!

きれいな爪の形に育てたい方はしっかりチェックしてくださいね♪

爪の形が悪くなっていく原因

爪の形が悪くなっていく原因は何なのでしょう?

原因はいくつかありますが、実は爪の切り方が関係しているかも知れません。

ここでは、どんな切り方が爪の形に関係しているのか解説していきます。

爪を短く切りすぎている

爪の形が悪くなっていく原因の1つは、爪を短く切りすぎている事です。

深爪の状態まで爪を切る事でフリーエッジ(爪の白い部分)がどんどん退行していき、ネイルベッドの縦の大きさが小さくなっていくので爪の形が悪く見えます。

他にも爪を短く切りすぎる事で爪の周りの組織や皮膚に対して余分な圧力がかかり爪の成長に影響を与えたり、爪の自然なカーブや形状が損なわれて爪が変形しやすくなります。

爪を噛んだりむしったりする癖がある

爪を切って整えることをせず、噛んだりむしったりする癖があると爪の形が悪くなります。

爪を日常的に噛む事で爪に不自然な圧力がかかり、爪の形状が乱れてガタガタしたり不均一になります。

むしったりする癖がある場合も爪を噛むのと同じように爪周りの組織が傷ついて爪の形状を崩す原因となったり、爪が欠けたり割れたりしやすくなったりします。

他にも爪の形について知りたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみて下さい♪

【初めてのネイルサロン】爪の形ってどうすればいいの?
https://www.nailjoshi.com/95785/

爪の形を整える切り方とポイント

セルフネイルの写真

ここでは、爪の形を整える切り方とポイントを解説していきます。

特に難しいことはなく、少し気を付けるだけで爪をきれいに育てていく事ができるのでぜひ参考にしてみてください。

短く切りすぎない

爪を切るときはフリーエッジがなくなるほど短く切りすぎないようにしましょう。

短く切り過ぎて深爪になってしまうとハイポニキウムが育たずにどんどん小さな爪になってしまいます。

爪を切る時にフリーエッジをガイドラインにして切る方が多いのですが、サイドの角を切り過ぎないこともポイントです。

できるだけサイドストレートになるラウンドの形に切ると爪が育ちやすくなるのでおすすめ。

フリーエッジはライフスタイルにもよりますが、2ミリ程残して整えるとハイポニキウムを育てていくことができます。

爪の切り口が均一でないと爪が割れたり欠けたりして更に深爪になる原因にもなるので気をつけましょう。

エメリーボードを使用する

爪切りを使うと爪の断層が壊れて二枚爪になったり、爪の裏側のハイポニキウムを傷つけてしまうおそれがあります。

爪を切る際には爪切りでなく、爪へのダメージの少ないエメリーボードを使用しましょう。

爪の長さを整えるには通常100〜180グリッドの粗さのエメリーボードが使いやすいです。

エメリーボードは往復に動かして削るのではなく、一方向に向かって削るようにしてください。

前後に動かしたり力を入れて削りすぎると爪を傷つける事もあるので注意。

エメリーボードを使用してもフリーエッジのギリギリのところまで削ってしまうとハイポニキウムが育たないので気を付けてくださいね。

ラウンドかオーバルに整える

爪の形状はいろいろありますが、爪の大きさや形をきれいに育てていきたいのなら折れにくいラウンドかオーバルに整えるようにしましょう。

ポイントやバレリーナは先細りでサイドがストレートでないので爪に負担がかかりやすく、折れたり欠けの原因となりやすいです。

サイドストレートのスクエアオフもいいですが先端ストレートの形を作るのが少し難しかったり、しっかり角を取らないと引っかかりやすいので気をつけてください。

保湿する

爪の形を美しく育てていくためには爪の切り方だけでなくネイルオイルやハンドクリームなどでの保湿も重要です。

保湿が足りないと爪が乾燥し、割れたり欠けたりしやすくなります。。

保湿することで爪を乾燥から守り柔らかくしたり、爪だけでなく爪周りの皮膚も健康な状態に保ちます。。

ネイルオイルで爪の生え際と裏側(ハイポニキウム)に栄養を与える場合は爪の伸びるペースも早くなるので、少しでも早く爪をきれいに育てたい方にはおすすめです。







まとめ

自爪の写真

爪の形は時間はかかりますが、カットの仕方など気をつけて保湿をしながら地道に育てることできれいな爪に矯正できます。

爪を噛んだりむしる癖がある方はなかなか爪をきれいに育てていくのが難しかったりしますが、そんな方はジェルネイルをするのがおすすめです。

ジェルネイルをしている間は爪を噛むことができないので、付け替えの周期でしっかり爪を育てることができるでしょう。

爪の育成を専門にしたネイルサロンもあるので、爪の形にコンプレックスがある方はお近くの専門サロンを探してみるのもいいですよ。

他にも爪の形について知りたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみて下さい♪

爪の形は生まれつきだから変えられない?綺麗な美爪になるには
https://www.nailjoshi.com/95668/

爪の形が悪い原因と対策|気になる症状がある時は皮膚科へ
https://www.nailjoshi.com/95631/

【爪の形】バレリーナの特徴と整え方
https://www.nailjoshi.com/95900/







おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター

「ネイルhack」のランキング

一週間で人気のあった記事ランキング

ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • facebook
  • x

公式アカウント