いちごのネイルは大人でも楽しめる?栄養満点!いちごはフルーツのエース!! | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. ネイル女子 – Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

春先はスーパーのフルーツコーナーに並ぶいちごの赤がひときわ鮮やかですよね。ジューシーでツヤツヤなかわいい「いちご色」をネイルで楽しむ人も多いのではないでしょうか。いちごのネイルカラーは原色の赤よりもトーンが暗く、透明感があり、微妙にピンクが入っているので、どんな肌も白くきれいに見せてくれます。しかし、いちごの色はポップ感が強く、かわいいと思っていても大人はなかなか取り入れにくいです。しかし大人だっていちご色のようなかわいいジューシーレッドが楽しみたいですよね!また最近は、いちごもハウス栽培のものが年中出回っているとはいえ、やはり4~5月が旬の露地ものは、色だけでなく味も栄養も格別です。とあるアンケート調査で好きな果物を聞いたところ、いちごは男女問わず75%とトップの座を占めていることもわかりました。また、いちごのすごいところは美味しいだけでなく、ビタミンCの豊富さです。そして、いちごが女性におすすめなのはそれだけではありません。シミやたるみが気になる人、また便秘気味の人などにも嬉しい効果が期待できます。今回は肌がきれいに見える大人のいちごカラーと、いちごがフルーツのエースといわれている理由をご紹介します。

大人におすすめ!いちご色のネイルカラー

いちごといえば、ポップで鮮やかな色を思い浮かべる人も多いと思います。それは、モチーフにした時のいちごのポップなイメージが強いからかもしれません。実はいちごの赤は、色彩を表すカラーコードでは明るい赤ではなく、暗い色が混ざった「強い紫みの赤」になります。つまり数ある赤の中でも、いちご色は落ち着いた赤といえます。もちろんパキッと目を引くいちごジャムのような、透明感ある鮮やかなカラーもかわいいです!しかし大人の赤には、本来のいちご色のような落ち着いたレッド系カラーがおすすめです。いちご色なら鮮やかさと華やかさは残しつつ、派手すぎず上品な爪先になります。そこで赤系のネイルは普段あまりしないという人でも取り入れやすい、絶妙なレッドカラーとして話題を集めているプチプラのマニキュアがあるのでご紹介します。

キャンメイク カラフルネイル N14レディテラコッタ

キャンメイクのカラフルネイルシリーズは、プチプラなのに発色やツヤが良く速乾性もあります。そのためファンも多くおすすめです。中でも「N14レディテラコッタ」は、いちご色のさらにくすみ感が強い色で、赤とレンガの間のような絶妙なカラーになります。季節関係なく使うことのできる大人のおしゃれカラーで、肌なじみがよく不思議と肌を明るくきれいに見せてくれます。

いちごはフルーツ界のエース!

いちごにはたくさんの栄養素や有効成分が含まれています。以下でどんな成分が含まれているのかご紹介します。







いちごが持つ栄養

・ビタミンC
・葉酸
・アントシアニン
・ケルセチン
・フィセチン
・エラグ酸
・カルニチン
・キシリトール
・クエン酸
・ペクチン
・カリウム
・アミノ酸

いちごの有効成分

いちごのビタミンCの含有量は、100g当りレモンが50mgなのに対し、いちごは62mgで中粒7~8個も食べれば1日摂取量の100mgが摂れてしまいます。またいちごの葉酸含有量は、果物の中ではトップクラスの100g中90μgです。そしていちごは、葉酸を活性型に変えてくれるビタミンCを一緒に摂れるので、より効果が高まります。さらにいちごは、美容に不可欠な抗酸化物質アントシアニンやケルセチン、エラグ酸や、疲労回復のクエン酸、また整腸作用のペクチン、むくみ解消のカリウムなどが含まれる、優秀な美容・健康食品です。

いちごは美肌作りに効果的?

新鮮ないちごは美肌成分の宝庫です。特にビタミンCやエラグ酸の働きで、シミやくすみに対する美白作用が期待できます。

美肌作りに良い理由

・ビタミンC
コラーゲン生成を助け、活性酸素を抑制して、ハリのある色白肌が期待できます。ビタミンC効果を最大限得るなら、やはり新鮮なうちに生で食べることをおすすめします。

・葉酸
葉酸は細胞分裂のための核酸や、肌に酸素や栄養を届ける赤血球の合成に不可欠の成分です。肌細胞の生まれ変わりを活性化し、若々しい肌を保ってくれる効果が期待できます。

・抗酸化成分
いちごは、抗酸化活性の高い食べ物としても有名です。ビタミンCも代表的な抗酸化ビタミンですし、ほかに赤色色素のアントシアニン、ケルセチン、エラグ酸など抗酸化物質が豊富です。これら抗酸化成分が活性酸素を抑制し、若々しい肌を保ちます。特にエラグ酸は抗酸化力が高く、美白成分として多くの化粧品に使用されているほどです。

いちごはダイエットにも良い?

いちごは100g当り34kcalと低カロリーです。さらにスリムな体作りに役立つ成分も豊富に含まれています。

スリムな身体に役立つ成分

・ペクチン
いちごにはペクチンをはじめとする食物繊維がバナナ並みの1.4gも含まれており、コレステロールや糖質を吸収してくれます。ペクチンは加熱することで量も吸収率も格段に増えるので、砂糖控えめのいちごジャムにするのもおすすめです。

・カルニチン、ケルセチン
カルニチンの脂肪燃焼作用や、ケルセチンの脂肪分解作用で体脂肪を減少させるほか、カリウムが水分代謝を促進してむくみをとります。

・アントシアニン
アントシアニンにはインスリンの分泌を1.5倍高める働きがあり、血糖値の上昇を抑制して脂肪の蓄積を防いでくれます。そのため食べるなら食前がおすすめです。アントシアニンは紫外線で増加するので、30分ほど日に当てた後、半日ほど冷蔵庫で保存してから食べるとより効果的です。

美味しく食べよう!いちごの選び方

いちごのパワーを最大限に活かすなら、以下の点をチェックしましょう。

買う時のチェック点

・色
ツヤがあって鮮やかな赤色で、ヘタの付け根まで色づいているのが、熟して新鮮な証拠です。時間が経つと、色が黒ずんできます。

・外観
完熟いちごは種のツブツブがくっきりしており、それが埋まったように見えるくらいに実が張ってふっくらしています。

・ヘタ
完熟度をみるならヘタもポイントです。ヘタの緑が濃く、先端が反り返っているものを選びましょう。

食べる際の注意点

いちごを洗う時は、ヘタ付きのまま、水1リットルに大さじ1くらいのお酢を入れて手早く洗いましょう。お酢が雑菌や残留農薬を洗い流し、ビタミンCなどの栄養成分の流出を最小限に抑える効果が期待できます。また、いちごは先端側のほうが糖分は高くなっています。より美味しく食べるなら、ヘタのある側から先に食べることをおすすめします。

まとめ

いちごは爽やかな甘味と香り、そして皮を剥いたりカットしたりする手間もなく、サッと洗うだけで食べられます。忙しい女性にとっては、この手軽さも大きな魅力ですよね。いちごを食べてたっぷりのビタミンや栄養を摂り入れ、フレッシュで健康的なお肌を手に入れましょう。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント