ネイルシールを自分で作ろう!オリジナルシールの作り方 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

※本サイト内では一部プロモーションが含まれます

セルフネイルを楽しんでいるけれど、自分でできるアートには限界があると感じたことはありませんか?

ネイルアート自体は市販のストーンやシールなどでもできますが、「もっと凝ったアートをしてみたい!」と思うこともあると思います。

そんな時は、ご自身でネイルシールを作ってみてはいかがでしょうか。

“ネイルシールが作れる”という話は聞いたことがあるけれど、やり方までは分からないという方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、オリジナルのネイルシールを作るメリットや必要な道具、作り方の工程などを解説していきます!

ネイルシールを自分で作るメリット

ネイルシールは、意外と簡単に作ることができるんです!

100均などでも気軽に購入できるネイルシールですが、手作りには既製品にない嬉しいポイントがあります。

まずは、ネイルシールを自分で作るメリットからお伝えしていきますね。

ネイルサロンに行く必要がない

自分で繊細な柄やキャラクターなどを描くのは、至難の業。
その為、ネイルサロンに行かれる方も多いと思います。

でも、ネイリストさんにイメージを上手く伝えるのは難しいですし、時間や料金もかかりますよね。

そんな時、自分でネイルシールを作れば、サロンに行く必要がありません。
マイペースに、お好みのデザインを作ることができます。

自分だけのネイルが叶う

自分でネイルシールを作ることで、推し活ネイルやキャラネイルなど、幅広いネイルアートを楽しむことができるようになります。

大好きな推しのライブや、趣味のイベントなど、特別な日のためだけのネイルも気軽にできるので便利です。

ネイルシールを作るには?

ネイルシールの作り方には、いくつかのパターンがあります。
自宅にある最低限の道具で作れるものもあり、気軽にトライすることができますよ。

ここでは、パターンごとの特徴を解説していきます。

転写シートを使う

転写シート、パソコン、プリンターを使って、ネイルシールを作る方法があります。
オリジナルネイルを作るための転写シートは、100均やネットショップなどで購入可能です。

パソコンで専用HPにアクセスすれば、無料テンプレートで簡単にオリジナルのデザインが作れる転写シートもありますよ。

お気に入りの写真を、気軽にネイルシールにできるのが魅力です。

クッキングシートを使う

クッキングシートと、マニキュアorジェルを使ってネイルシールを作ることもできます。

こちらのパターンは、クッキングシートの上にマニキュアかジェルを塗り、直接デザインを描き、乾いたら(硬化したら)剥がして爪に乗せるという手順です。

自分でデザインを描く必要がありますが、自宅にある材料で気軽にできるのが良い点です。

両面テープを使う

雑誌の切り抜きや、好きな写真などをコピー紙にプリントして、ネイルシールを作るというやり方もあります。

この方法は、推しの写真や好きなキャラクターのネイルも、楽々できるのが嬉しいです。

デザインがプリントされたコピー紙の他に、両面テープとお水があれば、手軽に作れるのも魅力的。







おすすめ!ネイルシールの作り方

ネイルシールにトライする際、特におすすめなのは「両面テープを使った方法」です。

転写シールを使わなくても、デザインを印刷したコピー紙や両面テープなどがあれば、気軽にネイルシールにできます。

難易度が高いキャラネイルも、簡単に作れるんですよ!

ここからは、準備する材料や作り方の工程、注意点をご説明します。

準備するもの

まずは、以下の必要な道具を揃えていきましょう。

ネイルシールの材料

  • お好きなデザインを印刷したコピー紙(レーザープリンター使用)
  • 両面テープ
  • ベースコート
  • トップコート

用意するのは、こちらの5点のみです。

ただし、プリンターはコンビニや写真屋さん等に置いてある、レーザープリンターを使用する必要があります。

家庭用に多いインクジェットプリンターでは、ネイルシールを作ることができないので、注意が必要です。

やり方

必要な材料が揃ったら、早速ネイルシール作りにチャレンジしてみましょう!

やり方

  1. まずは、デザインを印刷したコピー紙を、お好みの大きさにカットします。そして、デザインがある面に、同じサイズにカットした両面テープを貼ります。
  2. 器に水を入れ、両面テープを貼った面(デザインがある面)が上になるように、10分ほど水に浸けます。
  3. 2を水から出し、ふやけて柔らかな状態になったコピー紙の部分だけを、優しく指で取り除きます。
  4. 1度でコピー紙の部分が綺麗に除去できない場合は、再び水に浸けて、何回か同じ工程を繰り返しましょう。その際、水に浸ける時間は10秒ほどでも構いません。
  5. コピー紙の部分が綺麗に除去できたら、完全に水気がなくなってパリパリになるまで乾かします。その後、貼りやすい大きさにカットして、形を微調整しましょう。
  6. 爪にベースコートを塗ります。(もちろん、お好みでカラーをしてもOK!)乾いたら、両面テープの台紙をはがして、手作りのネイルシールを貼ります。
  7. <最後はトップコートで仕上げます。両面テープの厚みが出やすいので、トップコートは2度塗りすることをおすすめします。/li>

業者にオーダーも可能

「自分でネイルシールを作る自信がない…」という不器用さんは、プロの業者さんにオーダーすることも可能です!

オーダーのネイルシールは、自作よりも高画質で綺麗に仕上がることがメリット。

繊細な絵柄やラインなどもハッキリと描かれるので、より完成度の高いものを求めている方にもおすすめです。

まとめ

今回は、自分でネイルシールを作るメリットや作り方、必要な道具などをお話しました。
好きな柄や写真で手元を彩ることができるのは、とても幸せですよね。

オリジナリティあふれるネイルがしたいと思っていた方は、ぜひチャレンジしてみましょう!







おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター

「ネイルhack」のランキング

一週間で人気のあった記事ランキング

ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • facebook
  • x

公式アカウント