ネイルサロンの「ネイルアート2本」とは?メニューについて詳しく解説 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

※本サイト内では一部プロモーションが含まれます

初めてネイルサロンに行く場合、どんなメニューがあるのか、どのようにオーダーしたらよいのか不安に思うこともありますよね。

特にネイルサロンのメニューには「ネイルアート2本」や「定額メニュー」など、ネイルサロンに慣れていない方には、今ひとつ分かりづらい表記もあり・・。

今回は、これからネイルサロンに行きたい方の為にネイルサロンのメニューについて、現役ネイリストの筆者が詳しく解説いたします!ジェルネイル以外のメニューについても説明するのでネイルケアに興味のある方も是非読んでくださいね☆

ネイルアート2本とは?

悩む女性の写真

冒頭でお話した、アート付きのメニューとして多くのネイルサロンで設けられている「ネイルアート2本」のメニュー表記。

このメニューは私のしているネイルサロンにもありますが、実際に「片手で2本なのか、両手で2本なのか」とお客様からご質問を頂くことも多いです。

今回はまず最初にこの「ネイルアート2本」を説明していきます。

両手で計2本のネイルアートができる

ネイルアートされたネイルチップの写真

結論から申し上げると、ネイルアート2本は、「両手で計2本のアートができる」という意味を示すネイルサロンがほとんどです。

一般的にネイルサロンでは、両手あわせて10本の指を施術することを前提としています。
そのため、両手あわせて10本のお爪のうち、2本だけネイルアートOK!ということになります。この中でネイルアートの配置については、片手2本でも良し、片手1本ずつの両手に2本などお好きなように組み合わせられることが多いです。

ただし、ネイルサロンによっては、両手で計2本ではなく片手で2本、両手で計4本の場合も稀にあるため、ご不安な方はネイルサロンへ直接確認することをおすすめします☆

では、2本まで可能なネイルアートはどのように選べばいいのか気になる方もいらっしゃいますよね。ネイルアート2本のネイルアートの選び方を次で説明します♪

ネイルサロンのサンプルから選ぶ場合

ネイルチップの画像

2本のネイルアートの選び方①
ネイルサロンのサンプルから選ぶ

ほとんどのネイルサロンには、ネイルサンプルと呼ばれるネイルデザインの見本があります。ネイルアート2本は、このネイルサンプルの中から選べる場合が多いです。

ただし、アートによっては別途料金の発生するものもあるため、どの範囲から選べるのかをネイリストに確認するといいでしょう♪

持ち込みデザインOKの場合

スマホを使う女性の写真

2本のネイルアートの選び方②
持ち込みデザインをオーダーする

ネイルサロンにあるネイルサンプルではなく、Instagramなどで見つけたネイルデザインをしてもらいたい場合は、その写真を持ち込みオーダーすることも可能です。

ただし、ネイルアート2本つきとメニューに表記しているネイルサロンの中には、あらかじめ対応可能なネイルアートの程度や決まったアートを定めている場合もあるため、デザインの持ち込みが可能かどうかは事前に確認しておくことをおすすめします!

ネイルサロンのメニューについて解説!

ネイルサロンのイメージ画像

多くのネイルサロンでは、ケアメニューからアート1本の単価まで細かくネイルのメニューが設けられています。これは、お客様それぞれのニーズにお答えできるようにするためです。

では、ネイルサロンでデザイン入りのネイルアートをしてもらいたい場合、どのようにオーダーしたら良いのでしょうか。

ほとんどのネイルサロンでは、ワンカラーやグラデーションなどのスタンダードなメニューに加えて、あらかじめネイルアート付きのネイルメニューが存在します。一般的なネイルアート付きのネイルメニューを解説していきます!

定額メニュー

ネイルチップのサンプルの写真

アート付きのネイルメニュー①
「定額メニュー」
定額メニューとは、あらかじめネイルサロンで用意された定額用ネイルサンプルから選ぶメニューです。

定額メニューの良いところは、なによりも料金が決まっているため、安心してオーダーすることができるという点です。

ネイルサロンで不安なのは、メニューが細かく分かれているからこそ、完成後の料金がいくらになるか素人目では予測がつきにくいところですが、定額メニューの場合だと例えば「3000円のコースはこのサンプル内から、4000円のコースはこのサンプル内から」など見た目にも分かりやすく、なおかつ自分の予算にあわせてオーダーできるため安心です♪

また、定額メニュー内から選ぶ場合、ネイリスト側としても慣れているデザインであるため、仕上がりまでの所要時間もそんなに長くはかからないことも多いです。

つけ放題メニュー

ジェルネイルの写真

アート付きのネイルメニュー②
「つけ放題メニュー」
つけ放題メニューとは、アートやり放題やネイルストーンのせ放題といった内容のメニューになります。

持ち込みデザインの場合、アートの本数が多いことが多いため、こちらのつけ放題メニューになることが多いです。ただし、つけ放題といってもネイルサロンは時間予約制で予約をとっているため、時間制限があることを前提としておきましょう。

ネイルサロンの設ける時間制限内で、担当ネイリストが可能な範囲でご希望のネイルデザインをすることができるメニューになります。また、フラッシュネイルやニットネイルなど特殊なジェルを使用するアートの場合、ネイルサロンによっては対応ができないところもあるため、どうしてもしたいネイルアートが決まっているときは予約時に確認しましょう!

アート●本コース

アート4本のイメージ画像

アート付きのネイルメニュー③
アート●本コース

アート●本コースというのは、冒頭からお伝えしている「アート2本つき」などのコースのことを指します。一般的にこのようなアート●本つきという表記を設けているネイルサロンでは、アート2本・4本・6本・10本のコースが多いです。

この時の対応可能アートは、前述した通り、ネイルサロンにより異なるため、ネイルサンプル内から選ぶものか、持ち込みオーダーは可能なのか、もともと決められたアートなのか・・を確認すると安心です^^







ジェル以外もある!ネイルサロンのメニュー

ネイルサロンのイメージ画像

上でもお伝えしましたが、ネイルサロンにはケアメニューからの幅広いメニューが設けられています。ここまでアート付きのメニューを解説してきましたが、最後にジェルネイル以外のメニューについてお話いたします!

ネイルケアのみしてみたい方などは、参考にしてくださいね♪

フットネイル・フットケア

フットネイルのイメージ画像

ネイルサロンのメニュー
①フットネイル・フットケア

まず、ネイルサロンには、ハンドネイルのメニューのみならず、フットネイルやフットケアのメニューもあります!

フットネイルはサンダルを履く夏に特に人気で、価格帯はハンドネイルよりも少し割高ですが、一般的に3~4週間で付け替えの必要なハンドネイルと違い、1か月半~2か月はもつことが多いです。また、今のように乾燥する冬の時期には、カサカサになったかかとのケアなどが可能なフットケアも人気です!

私のしているネイルサロンでは、職業柄ハンドネイルができない看護師さんや介護士さんがフットネイルのみで来店されることも多いです。一度フットネイルをすると、サンダルの時期は、足先を出すことを楽しめるのでおすすめですよ☆

ネイルケア

ウォーターケアのイメージ画像

ネイルサロンのメニュー
②ネイルケア

上記のように職業柄、ハンドにジェルネイルができない方や手元をきれいに見せたいサラリーマンの方などに好評なのがネイルケアです。

ネイルケアは、お爪の長さと形の調整から甘皮ケア、サロンによっては表面をツヤツヤにする表面磨きまでが含まれています。セルフでも可能なネイルケアですが、ネイルサロンでしてもらうことでより清潔感のある手元になれますよ♪

ネイルケアについては、以前別の記事でも詳しく解説していますのでお時間のある方はそちらもご確認ください☆

マニキュア

マニキュアのイメージ画像

ネイルサロンのメニュー
③マニキュア

マニキュアは、ケアカラーやカラーリングと表記されていることもあります。
自分でオフすることが難しいジェルネイルと違い、マニキュアの場合は自宅で簡単にオフができます。

とはいえ、昨今のジェルネイルの人気により、マニキュアをオーダーする方が極端に減ったため、マニキュアの取り扱いがないネイルサロンが増えています。
ネイルサロンでマニキュアをオーダーしたい場合は、必ず事前に確認をしましょう!

まとめ

ネイルの写真

今回は、ネイルサロンでよくある「ネイルアート2本」表記の具体的な内容から、アート付きやジェルネイル以外のメニューなどを解説いたしました。

簡単にまとめます。
①ネイルアート2本は、一般的に両手で計2本のネイルアートが可能であることを指す
②ネイルアートの選び方は、ネイルサンプルの中から選ぶのかデザインの持ち込みが可能なのか要確認
③ネイルサロンには「定額メニュー」「つけ放題メニュー」「アート●本付きメニュー」などあらかじめアート付きのメニューが存在する
④ハンドのジェルネイル以外にも、フットネイルやネイルケア、サロンによってはマニキュアの取り扱いもあるため、ハンドネイルができない方もネイルサロンを楽しむことができる

いかがでしたでしょうか。

いつものワンカラーやグラデーションにアクセントを入れたい方などには、「ネイルアート2本」はおすすめです☆分からないことはネイリストに確認すると説明してくれるため、困ったときは気軽に相談してみましょう!

ネイルアートのデザインやカラーによっては、オフィスネイル向きなものも沢山あるので、是非この機会にネイルサロンでネイルアートデビューをしてみてくださいね♪







おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター

「ネイルhack」のランキング

一週間で人気のあった記事ランキング

ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • facebook
  • x

公式アカウント