老け手の血管はハンドクリームのケアだけじゃ足りない?ネイル映えする手にしたい! | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

皆さんは自分の手に自信がありますか?とある調査によると、女性の99%は毎日顔のスキンケアを欠かさないそうです。しかし手のケアとなると、やっているのは39.7%と半数以下という結果が出ています。実は、手は顔より10年も早く老化するといわれています。そのため本来であれば、顔以上にお手入れが必要なパーツであっても良いはずです。ネイルサロンに通い続けているような手先まで美意識の高いお客様でも、手のシミやシワを気にしている人はとても多いです。それほど手を美しく保つのは難しいということですね。そして最近、特に耳にすることが多い手のお悩みがあります。それは手の甲に浮き出た血管です。これは年齢を重ねていくと出る可能性が高くなる症状ですが、最近は「手にボコボコと浮き出した血管が、何だか実年齢より老けて見える気がする・・・」と悩んでいる若い人が増えています。せっかくかわいいネイルをしても、ふっくらとした女性らしい手でなければかわいさは半減ですよね。今回は、最近若い世代にも増えている手の血管が浮き出る原因と改善方法をご紹介していきます。

手の老化が早いのはなぜ?

よく「手を見れば歳が分る」といいますが、手が老化しやすいのは次の理由が挙げられます。

紫外線の弊害

露出することが多い手は常に紫外線を浴びています。紫外線は活性酸素を発生させ、メラニンを沈着させてシミを作ります。また紫外線A波が真皮に達してコラーゲンを破壊し、シワの原因にもなります。そして、活性酸素によって傷ついた肌は新陳代謝が遅くなり、老化スピードを早める可能性があります。

動きが激しい

普段から人は何かをする時、必ずといっていいほど手を使っています。手は日常的に動きが激しく、また物に触れることも多いです。その分疲れが溜まりやすく老化が早くなります。さらに女性の場合、水仕事で乾燥して手荒れを起こすことも多く、炎症によって生じた活性酸素が肌の老化を早める可能性があります。

このように手は負担がとても多いです。にもかかわらず、顔と違って紫外線対策も保湿ケアも忘れがちなため老化しやすくなります。そして中でも年齢を感じさせるのが、手の甲に浮き出た血管です。次で、手に血管が浮き出てしまう原因をお伝えします。

手の血管が浮き出る理由は?

もともと手の甲は皮下脂肪が薄く、肌の厚みが少ない部分ですよね。そこに次の要因が加わることで肌のハリを低下させ、肌が痩せていきます。







加齢

肌のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸など、弾力や潤いを作る成分は歳とともに減少していきます。そのためハリが低下して肌が薄くなり、血管が浮き上がって見えてきます。

紫外線

紫外線は加齢と並んで、肌のコラーゲンを減少させる最大の要因と言っても過言ではありません。しかし手は、つい無防備に紫外線に晒してしまいがちです。

乾燥

手は体の中でも特に水に触れることが多く、水分が乾く時に肌の潤いも一緒に奪われていきます。肌は乾燥により新陳代謝が低下します。するとコラーゲンの生成も減少し肌を痩せさせてしまいます。

血管の老化

血管は誰でも歳とともに血管壁が厚くなっていくため、皮膚の上に浮き出やすくなります。また血管の柔軟性もなくなり硬くなっていくため、血液を送る力が低下し、停滞した血液で血管が膨らみます。そのため浮き上がって見えます。また、冷えやストレスも血管を収縮させて血行不良を引き起こし、血液を停滞させる原因になります。

極端なダイエット

ダイエットで一気に痩せたら、その頃から手の血管が目立ち出したという声をよく耳にします。ダイエットにより、もともと少ない手の甲の皮下脂肪を減らし、皮膚をさらに薄くしてしまいます。

浮き出た血管をケアして老け手を解消しよう

手の甲の浮き出た血管は、そのまま諦めて放っておけばどんどん目立つようになります。少しでも気になり出したら以下を意識して取り入れ、早めに老け手対策をしましょう。

紫外線対策

顔と同様に「日焼け止め」をしっかり塗りましょう。特に紫外線の強い季節には、UVカットの手袋がおすすめです。手袋はバッグに常備しておくと、日焼け止めを塗り忘れた時も安心です。

乾燥予防

水仕事の後はよく水分を拭き取り、ハンドクリームを欠かさないようにしましょう。特にお湯や食器用洗剤などの合成界面活性剤は、手の潤いを奪います。そのためゴム手袋の着用を習慣にすることをおすすめします。

保湿ケア

就寝時にナイトグローブを使用すると効果的です。クリームを塗った上に手袋をすることでハンドクリームの成分がよく浸透し、保湿効果が高まります。手袋は通気性と保湿性を兼ね備えた、シルクや綿素材がおすすめです。特に綿は、吸湿性が高くて放熱作用があるので、手に熱がこもって睡眠を妨げるといった心配もありません。

ひどい手荒れや指先が冷えやすい場合の対処法

ひどい手荒れ

浮き出た血管の他にも乾燥や手荒れがひどい時には、次のように集中保湿ケアを加えると効果的です。

①手を洗い湿らせた手に、クリームや保湿クリームを塗る
②その上からラップを巻き、さらにアルミホイルで覆う
③全体をホットタオルで包み、5分程放置する

ハンドクリームの保湿では手荒れにあまり効果を感じない人におすすめです。少し手間はかかりますが、毎日続けることで高い効果が得られます!潤いが戻った手はふっくら滑らかになり、血管もシワも目立たなくなります。

指先が冷たい

指先がすぐに冷たくなる人は、血行が良くない可能性があります。そこで血行促進におすすめなのは、ウォーキングやジョギングなどの軽い運動です。酸素を豊富に取り入れながら脚の筋肉を動かすことで、全身の血流が活発になり冷えやストレスの解消にもなります。また手軽にできる血行促進法としてはマッサージが効果的です。次で指先の血行促進に効果的なマッサージのやり方をお伝えします。

・マッサージのやり方

①ハンドクリームを多めに塗る。
②手を握った状態で、反対の手の甲に円を描くようにマッサージする。
③手を開き、指を1本ずつ根元から指先までくるくるマッサージする。
④根元から指先まで、優しく引っ張りながらマッサージする。
⑤最後に、親指で爪の周囲をくるくるマッサージする。

手には血管や神経が集中しているため、手への刺激によって全身の活性化と血行促進にも繋がります。

食生活も見直そう!

血管の老化と肌のハリを保つには食生活も意識すると効果的です。

血管を若々しく

脂肪やコレステロール、糖分の多い食事は、血液をドロドロにして血管を硬くします。逆に積極的に摂りたいのは、血液をサラサラにする以下の食材です。

・タマネギ(ケルセチン)
・青魚(DHA、EPA)
・納豆(ナットウキナーゼ)
・お酢(クエン酸)

また、レバーや納豆、ホウレン草、小松菜などには、血管の老化予防に効果的とされる葉酸が豊富に含まれています。

肌のハリを保つ

鶏の手羽先や牛スジ、ウナギなどのコラーゲン豊富な食品と、同時にコラーゲン合成に必要なビタミンCも併せて摂るようにしましょう。コラーゲンの合成力が低下してくる年代では、サプリメントも活用しながら十分な量を摂るのもおすすめです。

まとめ

何気なく髪に伸ばしたり口元に添えたりと、手には常に他人の視線が注がれます。そして手はその人の年齢を表します。顔はメイクで何とかなっても、手はごまかしが効きません。自分自身でもふと視線を落とした時に目に入る手が、いつでもふっくら若々しい手であれば、気分も上がりますよね!日々のお手入れに意識したハンドケアを取り入れてみてはいかがでしょうか。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント