マニキュアの塗り方が下手で困っている人必見!きれいに仕上げるコツ | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

※本サイト内では一部プロモーションが含まれます

ネイルはマニキュアで十分、と思ってセルフでネイルを楽しんでいる方!

マニキュアの塗り方が下手すぎる…と悩むことはありませんか?せっかく塗るなら出来るだけキレイに仕上げたいですよね。

今回はマニキュアの塗り方が下手な人に向けて、上手に塗るコツや気を付けるポイントを詳しく解説していきます。

マニキュアをきれいに仕上げるコツ

最近のマニキュアはプチプラでも使いやすいものが多くなってきましたが、中々上手く塗れない方も多いはず。

まずは不器用さんやせっかちさんでも実践できる、キレイに塗るために押さえるべきポイントを解説していきます。

ネイルケアをしっかり行う

最マニキュアをキレイに塗るために大切なのは、何といってもネイルケア!

ネイルケアで甘皮処理をしっかり行うと爪周りが整い、マニキュアがとても塗りやすくなります。

また、マニキュアを塗る前はエタノールなどで爪表面の油分除去も忘れず行いましょう。
油分が残った状態で塗ってしまうと、残った油分がマニキュアを弾き、持ちが悪くなってしまいます。

ベースコートを使う

せっかちさんにありがちですが、
ベースコートを使わずいきなりカラーを塗るのはNGです!

ベースコートは爪の凹凸を埋める役割や色素沈着を防ぐ効果があり、カラーの発色も良くしてくれます。
凹凸がないとカラーが塗りやすく、色ムラも出来にくくなります。

仕上がりの美しさ、持ちの良さも格段にアップするので、必ず使うようにしましょうね。

液の量をボトル口で調整する

マニキュアの塗り方が下手な方は、一回で塗る液の量の多さが目立ちます。
塗布量が多すぎるとぼてっとした厚塗りの印象になってしまい、色ムラの原因にも!

カラーの色味をしっかり出したいからといって、多めにとるのはやめましょう。

根元に置いて先端まで一筆で塗り切れる量が適切な量です。
多くとり過ぎた場合はボトルの口で余分な液を落とし、リズミカルに塗ってくださいね。

はみ出さないように塗る

マニキュアだけでなくジェルもですが、はみ出しがなくラインがキレイに整っていると仕上がりがとても美しくなります。

特にはみ出しやすい根元やサイドラインは、集中して丁寧に塗りましょう。

万が一はみ出してしまっても、焦りは禁物!
慌てずコットンを巻いたウッドスティックや綿棒に除光液を染み込ませ、優しく拭ってラインを整えてくださいね。

エッジに塗る

忘れがちなエッジですが、先端までしっかりカラーが塗れていると仕上がりだけでなく持ちがとても良くなります。

マニキュアの剥がれる原因の代表は、エッジのコーティングが甘いことです。
爪先は日々の生活で消耗しやすい部分なので、コーティングが甘いと剥がれやすくなってしまいます。

エッジを塗る時はハケに少量のマニキュアをつけ、爪の裏側に付かない様に塗ってくださいね。

トップコートで仕上げる

トップコートで仕上げるとツヤが出て長持ちしますし、カラーの退色も防いでくれます。

カラーで少し色ムラがあったとしても、トップコートを使えばカバーしてくれ目立たなくなります。

トップコートの塗布量は、カラーより少し多めがおすすめです。
量が少ないと塗る時に力が入ってしまい、先に塗ったカラーをハケが引っ張って寄れたり、色ムラを悪化させる可能性が!

カラーに影響が出ない様、優しくなでるように意識して塗ってくださいね。

よく乾かす

トップコートだけでなく、ベースコートやカラーなど一つの工程を行うたびに、
しっかり乾かしてから次の工程に移ることもポイントです。

一層ごとにきちんと乾かしながら行うことで失敗を極力少なくすることが出来ますし、最終仕上げのトップコートを乾かす時間の短縮にも繋がります。

特にカラーは二度塗りが基本です。
一度目が乾ききっていないのに二度目を塗ると、寄れて最初からやり直しになってしまいますので、気をつけてくださいね。







失敗しにくいマニキュアとは

マニキュアの塗り方も大事ですが、マニキュアの選び方も重要です。
失敗しにくいマニキュア選びのコツを紹介していきます!

パール入りとマット以外のマニキュアを選ぶ

マニキュアでムラになりやすい代表カラーは、パール入りのカラーとマットカラーです。
パール入りカラーは光沢感があり素敵ですが、均一に塗れていないと光の反射で光沢感が乱れ、ムラに見えやすくなってしまいます。

また、濃い色やパステルなどのマットなカラーはパキッと発色する分、色ムラや根元ラインのがたつきなど粗が目立ちやすくなります。

少し透け感のあるシアーカラーや、肌なじみの良いカラーを選ぶのがおすすめです。

速乾性の高いマニキュアを選ぶ

速乾性の高いマニキュアを選ぶことも大切です。
速乾性があると寄れてしまったり、塗り終わった後のぐちゃっとさせてしまうリスクを減らせます。

ですが、塗布量が多くなってしまうと乾く時間は長くなってしまうため、適量を塗るよう気をつけましょう。

まとめ

せっかくマニキュアを塗るなら少しでもキレイに仕上げたいですよね。
ネイルケアやベースコート使用など、一つ一つの工程をきちんと行うことでマニキュアの仕上がりをワンランクアップさせることが出来ます。

ムラになりにくいカラーや速乾性の高いアイテムをチョイスするなど、塗る前のアイテム選びから失敗が少ないアイテムを選び、マニキュアでのおしゃれを楽しんでくださいね。







おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター

「ネイルhack」のランキング

一週間で人気のあった記事ランキング

ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • facebook
  • x

公式アカウント