【初心者にも】ネイリストが選ぶおすすめジェルネイルキット5選 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

※本サイト内では一部プロモーションが含まれます

『ネイルサロンに行かなくてもおしゃれなネイルを楽しみたい!』そんな方はお家でセルフネイルを楽しみましょう。

最近では自分でジェルネイルが楽しめるジェルネイルキットが、ネット通販等で簡単に手に入ります。

今回は自宅でセルフジェルネイルを楽しみたい方に向けて、ネイリストがおすすめするジェルネイルキット5種類を紹介していきます。

ジェルネイルに最低限必要なアイテムやキットの選び方のポイント、あった方が良いアイテムも詳しく解説しますので、是非参考にしてくださいね。

ジェルネイルキットを選ぶ時のポイント

セルフジェルネイルをするイメージ画像

ジェルネイルをセルフで楽しむのにおすすめのジェルネイルキットですが、何を基準に選べばいいか分かりづらいですよね。

そこで選び方のポイントを解説していきます。

ジェル容器の形状

カラージェルの写真

ジェルネイルの容器は、主にコンテナタイプとボトルタイプの2種類があります。

コンテナタイプは中身のジェルをブラシにとって塗り、ボトルタイプはマニキュアのようにハケが一緒になっているので、そのままハケで塗布します。
手軽なのはボトルタイプで、ブラシも必要なく後片付けも簡単です。

一方、コンテナタイプはブラシで塗るため、ブラシを使い分けることで細かいアートができたり、際の部分まで塗りこむことができます。

ワンカラーなどシンプルネイルがメインの方はボトルタイプ、アートも本格的に楽しみたい方はコンテナタイプがおすすめです。

ベースジェルの種類

ネイルファイルの写真

ベースジェル選びのポイントは、サンディングの必要があるかどうかです。

サンディングとはジェルの密着を高めるために行う行為で、ジェルを乗せる前に自爪の表面にやすりをかけ傷を付けること。
サンディングをすると密着力が高くなる一方、自爪には少なからず負担がかかります。

負担が気になる方はノンサンディング(サンディング不要)のベースジェルを選びましょう。

ですが注意が必要で、ノンサンディングタイプのジェルは塗り方にコツがあり、各メーカーの推奨するやり方があります。
爪に負担がかかりづらいからといってノンサンディングを選んでも、やり方が間違っていると早くとれ、結果ダメージに繋がってしまいます。

持ちを重視する方はサンディングタイプ、メーカーの使い方をしっかり確認できる方はノンサンディングタイプを選ぶのが良いかもしれませんね。

トップジェルの種類

ジェルネイルをした手元の写真

トップジェルは拭き取りが必要なタイプと、拭き取りの必要ないタイプ(ノンワイプ)があります。

拭き取りが必要ないノンワイプタイプの方が扱いは簡単ですが、仕上がりはどちらかといえば薄付きです。

また、ジェルを硬化させる時に熱を感じる(硬化熱)場合があり、ノンワイプタイプは硬化熱を感じやすいものが多いです。

一方拭き取りタイプは少し多めにのせても硬化熱を感じづらいですし、パーツ類や凹凸のコーティングもしやすいです。

ワンカラーや薄付きが好きな方はノンワイプ、プックリ感やしっかりしたコーティングを求めるなら拭き取りタイプを選びましょう。

ジェルライトの性能と形状

セルフじぇうrネイルをしている写真

ジェルライトには様々なものがありますが、主にコードに繋いで使うドーム型の卓上タイプと、スティックや折り畳みができるコンパクトタイプに分けられます。

卓上タイプは片手が全部入り、パワーも強いので短時間でジェルを固めることが可能。
また、手を入れるとセンサーが反応して自動的にライトが付いたり、タイマー設定があったりと、便利な機能が備わっているものも多いです。

コンパクトタイプは名前の通り小さめで、場所もとらず固めたい部分にピンポイントで使うことができます。
パワーは弱めですが、持ち運びできたり充電式だったり、場所を選ばす使用できる点が魅力です。

本格的に楽しみたい場合は卓上タイプ、やりたい時に手軽に楽しめる方が良い方はコンパクトタイプで選びましょう。

ただし注意したいのが、ライトにはUVとLEDタイプがあり、ジェルによってはどちらか一方でしか固まらないものもあります。
使用するジェルがどのライトで硬化するのか、きちんと把握しておきましょう。

価格

価格のイメージ画像

価格も重要なポイントです。

安いから悪い、高いからから良いではなく、必要なものがきちんと揃っていて、なお且つお手頃な価格帯のものがおすすめです。

必要なものが最低限揃っていればジェルネイルは始められるので、まずは低価格のものを選び、その後必要なものを買い足していく、といったスタイルがおすすめです。

初心者にもおすすめなジェルネイルキット

ジェルネイルキットの写真

選ぶポイントが分かったところで、ここではネイリストがおすすめするジェルネイルキットを紹介していきます。

初心者向けに道具が揃っているもの、プロ仕様など、それぞれ良さがありますので、自分に合ったものを見極めてくださいね。

iro gel イロジェル ジェルネイルキット スターターキット

キット内容 種類 備考
ベースジェル ボトルタイプ サンディング必要
カラージェル コンテナタイプ 4色
トップジェル ボトルタイプ 拭き取り不要(ノンワイプ)
ジェルライト コンパクトタイプ UV・LEDどちらも硬化可
自動センサー・ローヒートモード有

irogelはセルフネイラーの中でも人気のメーカーです。

ジェルライトはコンパクトタイプですが、最大36Wのハイパワーでタイマー付き、さらにローヒートモードで硬化熱への対策もきちんと配慮されています。

スタッズやパールなどパーツ類もついているので、手軽に始めたい方におすすめのキットです。

ジェルネイルスターターキット ジェルネイルライト付き

キット内容 種類 備考
ベースジェル ボトルタイプ サンディング必要
カラージェル コンテナタイプ 12色
トップジェル ボトルタイプ 拭き取り不要(ノンワイプ)
ジェルライト 卓上タイプ UV・LEDどちらも硬化可
自動センサー・ローヒートモード有

こちらのキットは、150色あるカラーの中から好きな色味を選ぶことができます。

さらにシェルやパール、スタッズなど、アートに大活躍してくれるパーツ類がついているのも嬉しいポイント。

そしてジェルライトは安定の卓上型で、最大48Wのハイパワー&センサーやタイマー付きで機能性も抜群!

初めから多くのカラーを揃えたい方におすすめです。

プロメーカー発 爪を削らない日本製 ジェルネイルキット

キット内容 種類 備考
ベースジェル ボトルタイプ サンディング不要(ノンサンディング)
カラージェル コンテナタイプ 2色
トップジェル ボトルタイプ 拭き取り必要
ジェルライト 卓上タイプ LEDのみ
30秒自動消灯有

こちらのキットはネイルラボという日本のプロネイルメーカーのものです。

セット内容は本当に最低限のものしか揃っていないので、道具の買い足しが必要です。

アートに使えるパーツ等は含まれませんが、プロメーカーならではの使いやすさと、サンディング不要のベースジェルが魅力です。

セルフでもちゃんとプロ向けのメーカーから購入したい方にピッタリのキットです。

ジャパンネイル ジェルネイルキット

キット内容 種類 備考
ベースジェル ボトルタイプ サンディング不要(ノンサンディング)
カラージェル コンテナ・ボトルから選べる 5色
トップジェル ボトルタイプ 拭き取り不要(ノンワイプ)
ジェルライト 卓上タイプ UV・LEDどちらも硬化可
自動センサー・ローヒートモード有

このキットのベースとトップはボトルタイプなのですが、ハケが一般的なボトルタイプより短く、そのおかげで初心者でも塗りやすい設計になっています。

カラージェルはコンテナタイプとボトルタイプのどちらかが選択できるので、お好みに合わせてチョイスしてください。

基本のセットは揃っているのですが、ネイルファイルやブラシが無いので買い足す必要があります。

SHINYGEL シャイニージェル 日本製ジェルネイルキット

キット内容 種類 備考
ベースジェル コンテナタイプ サンディング不要(ノンサンディング)
カラージェル コンテナタイプ 3色
トップジェル コンテナタイプ 拭き取り必要
ジェルライト 卓上タイプ LEDのみ
デジタルタイマー有

シャイニージェルは原材料から全て国産にこだわっているメーカーで、ネイリストにも人気があります。

ライトは卓上タイプでLEDのみ対応ですが、ドーム型で全面に光が当たるので硬化不良が起こりにくく、初心者でも使いやすいです。

このキットにはブラシが1本しかついていないのと、自爪を整えるエメリーボードが入っていないので、必要な方は買い足しましょう。







ジェルネイルをする時に最低限必要なもの

ジェルネイルキットの写真

ジェルネイルはキットを購入すればある程度道具は揃いますが、商品によっては入っていない物もあります。

ここではジェルネイルをする時に最低限必要なものを解説します!

何をどう使うのかも簡単に説明していきますね。

  • ベースジェル
  • カラージェル
  • トップジェル
  • ジェルライト
  • ジェルクリーナー
  • ジェルブラシ
  • プッシャーかウッドスティック
  • ファイル類

ベースジェル

ジェルをセルフで塗っている画像

ベースジェルは自爪とジェルをしっかり密着させるために使う土台のジェルのこと。

マニキュアではベースコートと同じ役割ですね。

ベースをキレイに仕上げると、後に使うカラージェルの塗りムラを防ぎ、持ちも良くなります。

カラージェル

カラージェルの写真

カラージェルは色のついたジェルで、マニキュアのカラーと同じ役割です。

マット系、シアー系などをはじめ、ラメ入りやパール入りなど、様々な種類があります。

トップジェル

ジェルを塗っている写真

トップジェルはベースジェルやカラージェルをコーティングし、強度やツヤを出すアイテムです。

ジェルネイルの最後の仕上げに使います。

トップジェルを使うことで輝きはもちろん、カラーの退色を防ぎ、持ちをよくする効果も期待できます。

ジェルネイルライト

ライトに当ててジェルネイルを固めている写真

ジェルネイルライトはジェルを固める役割を持つ、重要なアイテムです。

ジェルネイルはライトが無いと固まらないので、必ず用意しましょう。

ライトには様々な種類があり、主な違いは大きさ・ワット数・機能です。

使うジェルネイルと同じメーカーのライトを購入すると安心ですよ。

ジェルクリーナー

ジェルクリーナーのイメージ画像

ジェルクリーナーは「未硬化ジェルの拭き取り」「自爪の油分除去」に使う溶剤です。

ジェルネイルはライトで固めた後に、未硬化ジェルという固まりきらなかったジェルが薄く表面に残ります(ノンワイプを除く)。

未硬化ジェルが残るトップジェルを使う場合は、ジェルクリーナーでしっかり拭き取って完成させましょう。

また、ベースジェルを乗せる前の自爪の油分除去にも使えます。

ジェルブラシ

ジェルブラシの画像

ジェルブラシはジェルネイル用のハケ・筆です。

ベース用やカラージェル用、アート用細筆など、数本持っておくと作業効率が上がります。

ちなみにボトルタイプのジェルネイルを使う場合、ブラシは用意しなくてOKです。

プッシャーかウッドスティック

プッシャーの画像

ジェルネイルは塗る前に「ドライケア」いうネイルケアを行います。

特に甘皮ケアは、甘皮を押し上げて、ルースキューティクルの除去をしなくてはなりません。

甘皮を押し上げるのに必要なのが、メタルプッシャーと呼ばれる専用アイテムです。
こちらはコットンを巻き付けたウッドスティックでも代用できます。

ちなみに、ウッドスティックは爪からはみ出したジェルを除去する時にも使えますよ。

ファイル類

ネイルケアグッズの写真

自爪や硬化後のジェルを削るやすりを「ネイルファイル」と言います。

ネイルファイルは用途によって違うアイテムを用意しましょう。

自爪の長さや形を整える:エメリーボード
バリの除去やサンディング:スポンジバッファー
オフでジェルネイルを削る:ゼブラファイル

ネイルファイルは基本的に上記の3つを用意すればOKです!

ジェルリムーバー

ジェルネイルリムーバーの写真

ジェルネイルを溶かしてオフするための溶剤です。

マニキュアを落とす除光液では溶かすパワーが弱いので、ジェルリムーバーを用意しましょう。

ジェルネイルであると便利なもの

続いてセルフジェルネイルをする際にあった方が良いものを解説していきます。

アルミホイル

ジェルオフ用にアルミホイルを巻く手元

アルミホイルはジェルネイルをオフする際に使います。

カラーを混ぜて使う場合のパレットとしても使えるので、名刺サイズくらいにカットして何枚か用意しておくと便利です。

コットン

コットンの写真

コットンもオフする際、ジェルリムーバーを含ませて使います。

他にも未硬化ジェルの拭き取りや、ウッドスティックに巻き付ければ甘皮の押し上げにも使えます。

ピンセット

ピンセットの写真

ピンセットは主にネイルパーツやシール、ストーンを掴む時に使います。

ネイルパーツは1㎜など小さなものが多いので、ピンセットがないと作業がとても難しいです。

先が細くなっていて、小さなパーツをしっかり掴めるものがおすすめです。

まとめ

初心者がセルフジェルネイルを始める場合は、必要なものが揃っているキットの購入がおすすめです。

セット内容が多いものや価格など、自分が重要視するポイントをしっかり考え、選んでみてくださいね。

キットで手軽にジェルネイルを楽しみましょう!







おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター

「ネイルhack」のランキング

一週間で人気のあった記事ランキング

ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • facebook
  • x

公式アカウント