ポリジェルにデメリットはあるの?メリットと合わせて解説 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

※本サイト内では一部プロモーションが含まれます

ポリジェルは、セルフネイルでも長さ出しを作りやすい便利なアイテムです。

アクリルやジェルでフォームを使った長さ出しが苦手でも、慣れればキレイなロングネイルを作ることが出来るので、もはやマストアイテムという方もいるのでは?

しかし、ポリジェルは便利な分デメリットが多そうと不安に思う方もいるようです。

この記事では、ポリジェルにデメリットがあるのかを解説し、嬉しいメリットについてもご紹介します。

ポリジェルのデメリットとは?

ピンクのかわいらしいアートがついた少しロングなネイル

ジェルとチップを使って長さ出しが出来るポリジェルは、セルフネイルでもキレイなロングネイルが作れます。

しかし、ポリジェルにはこんなデメリットもあるのはご存知でしょうか?

  • 慣れるまで難しい
  • 爪に合うチップを使わないと×
  • 気泡が入りやすい
  • オフが大変

ポリジェルを使う前に、まずはデメリットを一つずつチェックしておきましょう。

慣れるまで難しい

ネイルチップを爪に合わせている写真

ポリジェルは「簡単に長さ出し・スカルプができる!」と謳っている商品が多いのですが、
慣れるまで難しく感じる人が多いです。

確かに、ポリジェルの工程や必要な道具は非常にシンプルです。
硬めのジェルをチップに取って、爪に被せ、ライトで硬化し、チップだけを取り外します。

しかし、自爪に合うチップを使う、ジェルの量を調整する、はみ出さないように形成して硬化するなど、気をつけるべきポイントがたくさんあります。

慣れるまでは何度か練習が必要なことも多く、誰でもすぐにポリジェルが扱えるというわけではないのです。

爪に合うチップを使わないと×

クリアのネイルチップ

ポリジェルはネイルチップで型を取る仕組みになっていますが、
ネイルチップのカーブや大きさが爪に合わないと、うまく長さ出しが作れません。

ネイルチップは大きすぎても小さすぎてもNGです。
甘皮周りの形が合っていて、爪のサイドが覆えるものでないと、うまく形が取れないのです。

また、自爪のカーブにも注意が必要です。
ポリジェル用のネイルチップは、カーブがしっかりかかっている商品が多めです。

チップと自爪を重ねた時にカーブがぴったりと合えばいいのですが、
自爪のカーブがゆるく平ら気味だったり、自爪の生え方に癖があったりすると要注意。

チップと自爪のカーブが合わず、ポリジェルをのせたチップと自爪の間にスキマができて、せっかく付けても取れやすくなってしまいます。

気泡が入りやすい

水中に気泡が浮かぶ写真

ポリジェルはテクスチャーが硬めに出来ています。
そのため、チップにジェルを出す時や、筆で爪先を整える時に気泡が入りやすいのです。

これがテクスチャーがゆるめのジェルなら、気泡が入っても硬化せずに少し待てば自然と気泡が消えます。

しかしポリジェルは形をキープするために硬めのジェルになっているので、気泡が出来てもなかなか消えません。

特にクリアのポリジェルは気泡が入ると目立ってしまうので、悩んでいる方も多いようです。

オフが大変

ジェルネイルをネイルファイルで削る

ポリジェルで長さ出しをした爪は、通常のジェルネイルよりもオフに時間がかかります。
これはポリジェルに限らず、長さ出しをした爪ならあるあるではないでしょうか?

ポリジェルはソフトジェルやセミハードジェルなど、アセトンで溶かしてオフできるようになっています。
しかし、通常のジェルよりも長さや厚みをプラスしているので、通常よりも沢山削る必要があります。

オフが苦手だったり、ジェルネイルオフ初心者だったりすると、落とすだけで一苦労かもしれません。







ポリジェルにはこんなメリットも!

ポリジェルにはデメリットもありますが、以下のような嬉しいメリットもあります!

  • サンディング不要
  • 均一な長さや形が作りやすい
  • 厚みや強度をプラスできる
  • ソークオフジェルで統一出来る

デメリットを上回るメリットもあるので、一つずつ確認していきましょう。

サンディング不要

爪の表面をやすりがけする

商品にもよりますが、ポリジェルは自爪をサンディングしなくても付けられます。

これは同じ長さだしである「アクリルスカルプチュア」と大きく異なるポイントです。

例えば、アクリルスカルプチュアは、専用のリキッドとアクリルパウダーを混ぜ合わせて作ります。
混ぜ合わせたものはミクスチュアとといい、これをフォームと爪に乗せて成形していくのです。

そして、アクリルの定着を良くするためには自爪のサンディングが必要になるのですが、
サンディングのしすぎは自爪を薄くする原因の一つで、爪が弱いなら避けたい工程でもあります。

ですが、ポリジェルなら自爪をサンディングしなくても付けられる商品が多いです。

これは爪が薄くて弱い人にとって大きなメリットになりますね。

軽いつけ心地

長さ出しでナチュラルなロングネイルを横から見た写真

ポリジェルはソフトジェルやセミハードジェルなので、つけ心地が軽く、多少の柔軟性があるのが特徴です。

ハードジェルやアクリルは、非常に硬く持ちが良いのですが、柔軟性に欠けるので、柔らかい爪には向いていません。

自爪が柔らかかったり、ネイルをつけても圧迫感のない仕上がりが好きな方は、ポリジェルでの長さ出しがおすすめです。

厚みや強度をプラスできる

ロングで白いグラデーションとストーンがついたネイル

ポリジェルはロングネイルを作っても折れたり、取れたりしないよう硬めのジェルで出来ています。

付けるとその分厚みや強度をプラスできるので、自爪が元から薄くて心もとない・・・という方でも、しっかり強度のあるネイルが楽しめるのです。

また、指先をよく使うから爪が割れやすいという人にもおすすめです。
ポリジェルが自爪を覆ってカバーしてくれるので、自爪に直接ダメージを受けることが少なくなります。

ソークオフジェルで統一出来る

ネイル用アセトンが置かれている写真

ポリジェルは基本的にソフトジェル、もしくはセミハードジェルという種類のジェルが使われています。
これらのジェルは、ソークオフジェルとも言い、アセトンで溶かしてオフが出来るのです。

ジェルでの長さ出しはこれまでハードジェルという種類が使われてきましたが、
ハードジェルはアセトンで溶かすことができず、オフをするには全て削り落とす必要があります。

ネイルマシンを持っている人ならともかく、持っていない人はネイルファイルでひたすら削らなくてはならないので、手間も時間も大幅にかかってしまうのです。

ポリジェルならソフトジェルかセミハードジェルなので、
カラージェルやクリアジェルも含めて全てソークオフジェルで統一できます。

長さ出しをしても、オフがしやすいのです。

ポリジェルのメリットは、上記以外にも

「短めの長さ出しが作りやすい」
「ポリジェルを組み合わせてグラデーションやフレンチが作れる」
「カラー付きのポリジェルを使えば、ワンカラーの長さ出しが素早く出来る」

など、様々なメリットがあります。

慣れれば簡単にロングネイルが楽しめるので、ぜひメリットとデメリットを把握した上で楽しんでください♪







おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター

「ネイルhack」のランキング

一週間で人気のあった記事ランキング

ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • facebook
  • x

公式アカウント