ジェルネイルの持ちを良くするには?すぐに取れる時の対処方法 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

※本サイト内では一部プロモーションが含まれます

ジェルネイルはぷっくりとした厚みと美しいツヤが長持ちします。
しかし、すぐに取れてしまったり、なんだか持ちが悪いと悩んでいる人も少なくないようです。

そこでこの記事では、ジェルネイルの平均の持ち期間を解説します。

また、ネイルサロンで付けたジェルネイルの持ちが悪いときの対処方法と、セルフネイルでジェルの持ちが悪い時の原因についてもご紹介するので、ぜひ参考にしてください♪

ジェルネイルの持ちは平均3~4週間

自分の片手に手を添えている写真

ジェルネイルの持ちは、平均で3~4週間とされています。

厚みのある合成樹脂が爪にしっかりと密着するので、マニキュアと比べると長持ちしますし、丈夫で取れにくくなっているのです。

しかし、永久に付けられるわけではありません。

付けてから3週間くらい経つと、伸びてきた自爪が気になったり、ジェルの浮きが出てきます。
3~4週間目にはジェルネイルの付け替えをしたり、ジェルオフをして自爪に戻しましょう。

付けっぱなしにすると、伸びてきた根元がさらに目立ちますし、浮いたジェルが欠ける、自爪に亀裂が入ってしまうといったトラブルの元になります。

持ちが1~2週間のジェルもある

ティファニーブルーのネイルをした女性がピンクのマニキュアを塗ってあげている写真

ジェルネイルによっては、持ちが1~2週間という種類があります。

ネイルサロンの場合、「シェラック」「ジェルカラーバイOPI」といったネイルブランドが上記に当てはまります。

また、セルフの場合「ジェルミーワン」「ウィークリージェル」「ジーニッシュマニキュア」といった商品が該当します。

これらは「ジェルポリッシュ」「クイックジェル」と言われており、「爪に負担をかけにくい」「オフが簡単である」といったメリットを重視して作られています。
そのため、通常のジェルより持ちが短くなるのです。

ジェルポリッシュを使うことは多くのメリットがありますが、持ち重視の方はイマイチに感じるかもしれません。

「ジェルネイルを付けているはずなのに3~4週間持たない・・」と悩んでいる方は、ネイルサロンやセルフで使っているジェルネイルの種類を確認してみましょう。







ネイルサロンのジェルネイルの持ちが悪い時は?

ネイルサロンで施術されている写真

「ネイルサロンで付けたジェルネイルがすぐに取れてしまった」
「ネイリストに付けてもらったのにいつもより持ちが悪い・・」

こんなお悩みを抱えていませんか?

ネイルサロンでつけたジェルネイルの持ちが悪い原因は、

  • 技術不足
  • ライフスタイル
  • 自爪のコンディション

などが考えられます。

ジェルネイルは長持ちとはいえ、爪や指先に負担がかかると取れやすくなりますし、水に弱いという性質も持ちます。
また、自爪が痛んでいると、ジェルが取れやすくなります。

特にお仕事や家事・育児などで手先をよく使うという方や、長風呂やサウナなど水気が多い状態が長時間続くと、ジェルネイルの持ちが悪くなるのです。

しかし、「ジェルや爪に負担をかけていないのに、すぐに取れてしまった」というケースもあります。
この場合は、ネイルサロンの保証期間を確認し、お直ししてもらいましょう。

保証期間内の無料お直しとは

ネイルサロンで施術を受けている写真

ネイルサロンによっては、ネイリストの技術不足によるジェルの欠けや剥がれに対して、無料でお直しする保証期間を設けています。

無料の保証期間は、付けてから5~7日以内にしているサロンが多いようです。

保証期間中にジェルが取れたり、欠けてしまった場合、お店に問い合わせれば該当の箇所を付け直してくれます。

普段はジェルがしっかり持つのに、いつも通り生活していたら取れてしまった・・という方は、ジェルを付けたネイルサロンの保証期間をチェックし、お店に相談してみてください。

お直しができないケースも

指でバッテンを作っている女性の写真

保証期間内ならなんでもお直ししてくれるというわけではありません。

  • ぶつけるなど、明らかに爪や指に負担をかけた
  • 保証期間を過ぎている
  • デザインが気に入らない
  • 他店のお直し

上記のような理由では、無料のお直しに該当しないというサロンがほとんどです。

特に「ドアや引き出しに挟んでしまった」「プールや海、温泉に長時間居た」という方は要注意です。
これらはよくあるケースですが、ネイリスト側が防げることではないので、保証外とされるでしょう。

また、上記のような理由で無料のお直しはできなくても、有料であればお直しをしてくれるかもしれません。

サロンで付けたキレイなジェルネイルを長持ちさせるためにも、爪や指先は丁寧に扱ってくださいね。







セルフジェルネイルの持ちが悪い時は?

ネイル用品が並んでいる写真

「セルフネイルを始めたけど、すぐに取れてしまう・・・」
「ネイルサロンのジェルなら取れないのに、セルフだと持ちが悪い」

こんなお悩みがある方は、ネイルサロンの章でご紹介した「ライフスタイル」「自爪のコンディション」だけでなく、こんなことが原因かもしれません。

  • ネイルケア不足
  • 塗り方が悪い
  • ジェルとの相性が悪い

特にセルフネイルで気をつけたいのが「ネイルケア不足」です。

ジェルネイルを塗る前にネイルケアを行うのは、セルフでもサロンでも共通です。

特に「甘皮の押し上げが足りない」「爪先にバリが付いたまま」「消毒用エタノールやネイルプレップで油分除去していない」などは、ジェルの持ちの悪さに直結するので、丁寧にケアを行いましょう。

ジェルネイルのケアや塗り方は、ネイル女子の記事で詳しくご紹介しています。
ぜひこちらを参考に、サロン級のジェルネイルを目指してくださいね♪

セルフネイルは何日持つ?長持ち&キレイな自爪を保つ方法とは
URL:https://www.nailjoshi.com/81625/
長持ち&サロン級の仕上がり!ジェルネイルのエッジの塗り方
URL:https://www.nailjoshi.com/81475/
ネイル前の油分除去の正しいやり方|持ちを良くする下準備も解説
URL:https://www.nailjoshi.com/81444/







おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター

「ネイルhack」のランキング

一週間で人気のあった記事ランキング

ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • facebook
  • x

公式アカウント