オーガニックのマニキュアはおすすめなの?ベジタリアンとヴィーガンの違いは?? | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.ネイル女子 – Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

皆さんの中にも身体のことや地球環境のことを考え、オーガニックのものを使っている人も多いのではないでしょうか。より自然に近いものを生活に取り入れている人は昔からいましたが、今そういったナチュラル思考の人が年々急増しています。それに伴い現在では食品や化粧品、洗剤などの生活用品もオーガニックの物が溢れ、専門に取り扱うお店がたくさん増えましたよね。そんなオーガニック系の商品で注目なのが、オーガニックを謳ったマニキュアが存在することです。今までの生活からナチュラル思考にシフトした人がまず諦めるのがマニキュアを塗ることでした。それはマニキュアが基本的には工業用のラッカー塗料とほとんど同じだからです。完全に乾くまでの間は臭いも有機溶剤独特の刺激臭があり、いかにも科学薬品的ですよね。つまりオーガニック系のいわゆる自然由来のものとは真逆の存在になります。しかしそんなマニキュアがオーガニック商品として販売されているのを、最近よく目にする様になりました。マニキュアがオーガニックとは一体どんなものなのでしょうか?また近年は人々の食に対する考え方も世界的に変わりつつあります。以前は宗教的な理由や動物愛護精神から肉や魚を食べない人たちのことを、ベジタリアンやヴィーガンと称していましたが、現在は健康の観点から自ら進んでなる人が増えています。特に欧米諸国での菜食主義者の人口は若い世代を中心に驚くほど急増しています。その影響を受け、日本でも宗教的な理由は関係なく菜食主義を取り入れる人が多くなっていますが、そもそもベジタリアンとヴィーガンの違いは何でしょうか。今回は、オーガニック系のマニキュアは普通のマニキュアと何が違うのか、またベジタリアンとヴィーガンの違いをご紹介します。

オーガニックのマニキュアってどんなもの?

マニキュアはその日の気分でカラーチェンジが可能なオシャレには欠かせないアイテムの一つです。カラフルでかわいいので、何個持っていても欲しくなりますよね!発色の良いものや速乾性のあるものなど、マニキュアも日々進化していてどんどん扱いやすくなっています。しかし近年のオーガニックブームやナチュラル思考をもった人にとってマニキュアは、環境や身体に有害な物質を多く含んでいる商品となるため諦めるしかありませんでした。マニキュアと言えば独特の刺激臭と工業用塗料を塗ったようなツヤっとした仕上がりですよね。いかにも100%ケミカルな感じでそれがまたかわいかったりもします。ところが近年そのマニキュアにオーガニックのナチュラル系商品が次々と発売されています!一体どういうものなのでしょうか?以下で詳しくご紹介していきます。

オーガニックのマニキュアとは?

オーガニックのマニキュアとは、一般的なマニキュアのほとんどに入っている有害物質を配合せずに作り、オーガニック認証をうけている製品のことを指します。また、その中でヴィーガンネイルと言われるものがあり、グルテンフリーで動物実験や動物由来成分を含まない商品もあります。では気になる有害物質がどんなものかお伝えします。

マニキュアに含まれる有害物質とされるもの

・トルエン…油性塗料の薄め液として使う有機溶剤で、このトルエンを含んだ薄め液をシンナーと呼びます。頭痛やめまいを引き起こす可能性があります。

・フタル酸ジブチル…爪の割れを防止するために使用します。生殖系の疾患に影響を与える可能性があり、EUでは化粧品への使用が禁止されています。

・ホルムアルデヒド…塗料として使用される樹脂です。シックハウス症候群やアレルギー性皮膚炎を引き起こす可能性があります。日本では化粧品への使用が禁止されています。

有害とされる主な物質を挙げましたが、この他にもマニキュアには有害とされる物質が含まれます。もちろん使用が許可されているものなので、すぐに人体に影響が出るということはありません。しかし少しでも不安要素があり、よい良い商品があるなら身体にはできるだけ安心できるものを使っていきたいですよね!

話題のオーガニック系マニキュア

近年たくさんのオーガニック系マニキュアが発売されています。その中でも自然の力を活かし作られた注目のオーガニック&ヴィーガンネイルと言われるおすすめ商品をご紹介します。

①manucurist green(マニキュリストグリーン)
パリ発のマニキュアブランドで84%もの野菜由来の成分で作られた、グルテンフリー&動物実験なしの注目のオーガニック&ヴィーガンブランドです。

②NAILBERRY(ネイルベリー)
ロンドン発の数々のアワード受賞歴のあるブランドです。このマニキュアの最大の特徴は空気や水を通すように作られていることです。もちろんオーガニック&ヴィーガンネイルです。

参考:https://www.nailberry.co.uk/

ベジタリアンって何?

ベジタリアン(Vegetarian)が菜食主義者を指すことはすでに皆さまご存知だと思います。そのため野菜のベジタブルが語源だと思っている人が多いです。しかし実はラテン語のべジェトゥス(Vegetus)健全な・活力のある」というのが語源になっています。では、どうしてベジタリアンになるのでしょうか。宗教・地球環境・健康・アレルギーなど理由は様々です。そのためベジタリアンは食べて良い物がそれぞれのポリシーによって違います。実際にどんなタイプに分かれているのかご紹介していきます。







ベジタリアン

ベジタリアンは、肉も魚介類も一切食べない人のことです。魚介類から取った出汁や牛肉を使ったコンソメなども口にしません。牛乳や無精卵の卵は口にする人もいます。

ラクト・ベジタリアン

ラクト・ベジタリアンは無精卵であっても卵を一切食べない人のことです。ヒンズー教や卵アレルギーの人が多いです。

ラクト・オボ・ベジタリアン

ラクト・オボ・ベジタリアンは、肉や魚介類は一切食べませんが、乳製品と卵は食べる人のことです。制限がゆるいため健康のためにベジタリアンをやっている人に多いです。

ポーヨー・ベジタリアン(セミ・ベジタリアン)

セミ・ベジタリアンは赤身の肉(牛・豚・羊)は食べないが、鶏肉や卵、乳製品は食べる人のことです。完全な肉断ちはしたくないけど健康のために口にするものを調整したい人に多いです。

ぺスカタリアン

ペスカタリアンは、肉や卵、乳製品は口にせず、魚介類は食べる人のことです。陸の動物は一切食べない人のことです。魚の出汁を口にすることができるので日本人に向いています。

ヴィーガンとベジタリアンの違いは?

ベジタリアンが様々なタイプに分類していることがお分かりいただけたと思います。実はヴィーガンも他と同じくベジタリアンの一種で、主義の一つになります。ではなぜヴィーガンは他のベジタリアンのタイプとは違い特に知名度が高いのでしょうか?それはヴィーガンが「完全な菜食主義者」で動物由来のものは一切口にしないからです。肉や魚・卵・乳製品はもちろん、蜂蜜や魚醤など動物に関わる全てです。例えば牛乳ではなくアーモンドミルクやオーツミルクを飲みます。またタンパク質は豆類から摂ります。このように徹底した動物の搾取を避けたライフスタイルを送っている人のことをベジタリアンの一種であるヴィーガンといいます。

まとめ

いきなり全てを変えることは難しいかもしれませんが、身体に良質なものを取り入れるのはとても気分の良いことですよね!興味がある人は食べることや身体に使用する物に少しこだわってみてはいかがでしょうか。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント